ブログ水族館/中村 元

超水族館ナイトが贈る映画『ビハインド・ザ・コーヴ』上映会4/13(木)開催。チケット発売は3/13の10:00〜です。

全体表示

[ リスト ]

『知っとこ!』ご覧になりましたか? サンシャイン水族館、近頃じわじわと出てきてますねえ。
あっ! そうか、ごめんなさい!
『知っとこ!』に今日出ること、ツイッターでしか告知しなかったんや。(実はボクも忘れてて見のがしたw)
しか〜し!見のがしたみなさんのために、超スクープな画像をお贈りしますぜ。

おそらく『知っとこ!』でのボクのコメント、「サンシャイン水族館は進化系水族館」というコメントはカットされてなかっただろうと思う。ていうか、カットされてたら怒る!

さあ今日の超スクープな話題は、「進化系水族館」の話題でもありますぞ。

先日の超水族館ナイトでは、擬岩づくりの大変さと面白さを、バイカルアザラシの水槽の擬氷の原型づくりの写真を見てもらいながら話したのだけど、あの原型がその後どうなったのかをご覧いただこう。

これが、擬氷の原型。

イメージ 1

まずは、発泡スチロールを削って、実物大の擬氷原型を作る。
バイカルアザラシの水槽に浮かべるため、同じ高さに吊してもらったところだ。
氷の雰囲気を出すために、青い光を当てている。

この工場で、この擬氷の原型を検討したのは3回。
発泡スチロールの原型は、作り始めるとどんどん進んでしまうので、そのくらいが精一杯。
他の擬岩もあるしね。

でも、最近の擬岩づくりのディレクターや職人さんたちは、一を言えば十を分かってくれる。
いやそれどころか、多くの場合は、飼育に関わること以外はクライアント側から口を出さない方がいいくらい。
水族館によっては、スタッフが工場まで行かないことの方が多かったりするのだけど、これはカンチョ感心しないね、だって擬岩は展示物やもん。

しかし!
ボクは必ず工場に何度も出かける。
もちろん展示スタッフも伴う。

それは、常に新しくてリアリティーの高い擬岩を目指しているからであり、
常に新しい試みを実現しようとしているからであり、
とにかく擬岩は展示物で、展示物を作れない展示スタッフはただの飼育係と考えているからだ。
そのために、擬岩づくりのプロと、原型の時点から現場で検討する。

そもそも、この原型にたどり着くまでが、スタッフとのすごく長い道のりなのだ。
まず、水族館の担当スタッフと、絵を描いて検討する。
そして次に、スタッフに模型を作ってもらい、再度検討する。

そして納得がいったところで、設計図に落とし、擬岩業者に模型を作ってもらう。
バイカルアザラシのほぼ最終的な水槽模型はコレだ。

イメージ 2

この場所は、天井の低いビルの最上階で、床部分にも出っ張りがある。
そんな場所で、アザラシの展示は陸上も水面下も見える半水面で、という常識を信じていたら、「天空のオアシス」の水族館として最も大切にしている『水塊による水中感』は出すことができない。

ボクが「進化系水族館」と言うのはそこだ。
生き物の進化は優位で余裕のある者には起こらない。
環境の悪化や強敵の出現によって、困った状況に置かれた者にこそ、進化は起こる。
サンシャイン水族館は、日本一不利な条件にある水族館だからこそ、生き残るための進化を実現しなくてはならないのだ。


それで、バイカルアザラシ水槽での進化の方向性は、思い切って、視線のメインを水中に持っていくということにした。
アザラシは水面上も見せるものという常識は捨て、水位を高くして、水中感と浮遊感そして涼感を感じる「水塊」部分を中心に見せるのである。
バイカルアザラシの展示を検討する一番最初の会議で、彼らが他のアザラシとは違って、昼間はほとんど上陸しないことが頭の中にあったカンチョは、「水中だけ見せるんでええやん」と、いきなり切り出したのだ。

しかしそれだけでは、やっぱり浅い水深が気になる。
世界一深いバイカル湖が浅い水槽では困るではないか。
そこで、観客の注意が底に行かないように、水面を氷で覆うことにしたのだ。

一面に張り渡った氷には、水槽の奥行きを広く見せる効果もある。
さらにボクは、氷の裏側に、奥の中心部に集約するようなクラック(割れ目)を入れてもらうことにした。
いわゆる「遠近法」である。
奥を暗くして、奥に向かって収斂するラインを引いておけば、人の頭には勝手に遠近法の経験則が立ち上がって、なんだか広く見えてしまうものなのだ。


もちろん、バイカル湖が冬には分厚い氷が張り、バイカルアザラシたちはその氷に穴を空けて潜っていることを、一目で理解してもらうための環境展示でもある。
優れた展示とは、解説を読まなくても理解でき、知的好奇心がわき出す展示のことである。

しかし、ここに難問が横たわる。 擬氷をいかに本物の氷らしく見せるか?。
実は今まで、どこの水族館でも動物園でも、水中の擬氷をいかにも本物っぽく作られたことはないのだ。

水中で本物に見える擬氷。
こいつを実現させなくては、この模型の雰囲気は永久に実現しない。そして進化も実現しない。

氷らしい条件は、おそらく光を通す透明感と青と白のコントラストによるものだと、ボクたちは話し合った。
そこで、原型づくりと並行して、最終サンプルの制作に取りかかってもらった。


これが、FRP擬岩の最終形を取り出すところ。

イメージ 3

発泡スチロールの原型から牝型をつくり、そこにFRPを流して牡型を取り出すのだ。

FRPはもともと透明なのだけど、それを固める凝固剤で薄く濁る。
真っ白にしたければ、白い顔料を入れるのだが、絵に描いた白では氷の透明感が無くなる。
それで、色は青を基調に入れることにした。

いくつも試作品をつくり、ようやく納得したものを、照明の下に持ってきて雰囲気を見る。
おお! なんとなく氷っぽいぞ!

イメージ 4


しかし、ここで次の難問にぶち当たった。
凝固剤の薄い色は、どうも黄色っぽい色が付いているようで、半透明の場所が氷の寒色系の色にならないのだ。


ならば、照明だ!
ボクは、擬氷のサンプルを、照明器具の展示場に持ち込んだ。

イメージ 5

なんだか、涼しげな氷のオブジェに見えるけどねw。
これがけっこう暑い作業なんよ。
青くても照明やもんね。

しかも、ずっと青色の照明を見ていると、普通の白色の照明が黄色に見えてきてしまったりする。
いくつもの照明を試し、やっと照明器具と、擬氷の最終的な色付けの方向性が決まった。


さて、さて、これでできることはやり尽くした。
後は、水槽に完成した擬氷を吊して、水を張って、照明を着けるとき。
そのときの一発勝負なのだ。


この時期のボクの心は、実は相当にドキドキ恐怖におののいている。
擬岩や照明がひどい失敗だった夢を見て、何度うなされたことか。
もちろん、このバイカルアザラシ水槽だけでなく、いくつもの水槽を進化系にしているのだ。
不安で、眠れない毎日。
その不安を解消するために、また擬岩工場へ行き、さらなる心配を発見してくる。


いくら、条件の厳しい者が進化すると言っても、進化に失敗して絶滅した連中もいる。
いや、進化に失敗して絶滅した生物は、成功した生物よりもはるかに多いはずなのだ。
よお考えたら、進化って恐いやんw。

さあ、バイカルアザラシ水槽は、「進化系水族館」になれるのか「絶滅系水族館」になってしまうのか…。


そして…
運命のその日が来た。

イメージ 6

うひょー!やったー!
水槽に近づきながら、ボクはもうすでに声を上げていた。

ほぼ思いどおり。
色も悪くない。
心配していた、擬氷の継ぎ目もあまり気にならない。
エアが溜まっているのが気になるが、それはなんとか工夫できそうだ。

何よりも、意図していた「水槽を広く深く見せる」という効果は、思っていたよりもはるかに大きかった。

バイカルアザラシ水槽は、進化したのだ!

困難な条件に合わせて常識をひねくるだけでは、余裕ある水族館に及ばない中途半端な展示になる。
困難な条件を克服する方法を考え実現の努力をすれば、余裕ある水族館が真似をしたくなる展示ができる。
ぼくはそうやって、後々「サンシャイン方式」と呼ばれるような展示を開発したかったのだ。


残りの心配は、バイカルアザラシたちが、この擬氷の下を怖がらずに泳いでくれるかどうかだったが、すでにこの水槽に入居したバイカルアザラシたちは、擬氷の下から出てこないくらいに気に入ってくれている。
まぁそれも、今までの展示で、彼らが陸地のオーバーハングした水中が好きだということは、展示スタッフとも確認しあっていたのやけど、とにかくホッと一息なのである。


とまあこんな風に、逆境を逆手にとって進化した水槽は、他にもいっぱいあるよ〜。
もちろん水族館そのものも「進化系水族館」、サンシャイン方式がいっぱいです。

1ヵ月後が、ますます楽しみになってきましたねw。
そして、こんな話が、『中村元のサンシャイン水族館ナイト』では満載なのです。
やっぱり、年パスしかありませんなw。

●8月4日オープン! 中村元はサンシャイン水族館の展示プロデューサーです 
天空のアシカ/サンシャイン水族館アクアリング(2011/8/1)
天空のクラゲトンネル(2011/7/20)
進化系水族館:バイカルアザラシ水槽(2011/7/3)
こんなに変わるサンシャイン水族館(2011/6/1)
サンシャイン水族館オープン日決定!
★東京カルチャーカルチャー『中村元の超水族館ナイト』が、オープン直後のサンシャイン水族館に3夜連続やってくる!⇒『中村元のサンシャイン水族館ナイト』8月8,9,10日夜19:00〜

恥ずかしながらTwitter始めてみました…。
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

この記事に

閉じる コメント(31)

顔アイコン

おぉぉ〜すごいキレイですね!

それに、バイカルアザラシってなんとなく座りこんでしか
見たことない気がするんですが・・・
ここは目線が上で、長い間見てても疲れなさそう(笑)
楽しみ楽しみ!

2011/7/5(火) 午前 1:01 [ しろねこさん ] 返信する

お疲れ様です〜〜〜!
ますますオープンが楽しみになってきました〜。
昨日、早速年パスをGETしたので、8月4日に向けて、準備万端です♪
サンシャイン60ビルの上から、アクアリングを作ってるところが眺められるんですが〜、ワクワクしてきちゃいます〜。

2011/7/5(火) 午前 11:48 ゆきりん 返信する

顔アイコン

サンシャイン水族館のHPの飼育日誌(7/4付)に出てますよ、バイカルアザラシのNew水槽!
勿論、擬氷も!!
バイカルアザラシとラッコがそれぞれ預けられていた鳥羽水族館と大阪海遊館から戻ってきたという記事なのですが、写真のバイカルアザラシくん、なんだか頭上の擬氷が気になってる様子ではありませんか?
氷の下の水中なんて一般人はそうそう体験できるものではないので、サンシャインで視覚だけでも擬似体験できそうで楽しみです。(私は身長が低いので楽勝で氷を眺め上げられそうですw)

2011/7/5(火) 午後 1:59 [ dor*roe*ch*n03* ] 返信する

リアル〜^^
氷の下に入ったことないですが、こんなんなのでしょうね〜^^
ほんと、バイカルアザラシになって考えてみないとリアリティーは出せないですよね〜★
人からの目線を意識しながら、バイカルアザラシにならないとこれは作れないです!!現在の技術も凄いですがカンチョさんの努力(心配事)のたまものです。
心配して、自分の目でみて確かめて納得してこそいいものができると信じています。ほんま、一から作成にかかわれる人はラッキーだと思います。自分の経験からみてハード面が駆使できれば、入居する動物もストレスなく本能でそこで生活ができる環境なんて最高じゃないですか!!笑
お客さんも生態がどうとか、ではなく野生ではこんなして生きてるんや。って目で見るだけで解るって面白いと思うし。
また、いきたいなって話になるだけでもうけもんです^^(いやしい意味ではなく!)すごく、興味的な記事でした★
私もサンシャイン、絶対いきます!!年パス買うほど行けないとは思いますが、近くの人は絶対買った方がお得な感じです!!
「いつものとこで飲もうじゃないか!」ってノリで行きたいくらいです❤

2011/7/5(火) 午後 2:34 ミーサン 返信する

って、少し興奮気味にお話ししましたが…伝わってくれたでしょうか??笑
介護施設を造るのも同じようなもんです。
トイレの便座の高さとか、テーブルの高さとか、浴槽のサイズとかね。生活するにあたり、利用者の気持ち、利用者の目線になって考えるのがその人にとっては一番その人に近づけて、その人らしく生活していただけることを考えるには必要なことです。

って、重ねて考えていますが履き違えてたらすいません!!
自己満足で処理しときます^^

また、そちらへいったらカンチョさんご飯ご一緒してくれますか??笑

頑張っているカンチョさん、スタッフさんにポチンです❤
御苦労さまでございます★
こんなカンチョさんの裏話?を聞いてからサンシャインに行くとまた違った見方ができそうです^^

ほんと、楽しみです〜!!ヾ(>▽<)ゞ

2011/7/5(火) 午後 2:42 ミーサン 返信する

顔アイコン

「知っとこ」見ました(^^)
バイカル水槽の氷も素敵ですが青もキレイですね〜。本物が早く見たいです。楽しみです。 削除

2011/7/5(火) 午後 11:18 [ マツコ ] 返信する

にっし〜さん。ども〜!
マジで追い込みです。眠いです〜!

バイカルの顔、難しいです、とっても。
デジカメになってから、やっと顔らしく撮れるようにはなってきたけれど、真っ黒なんやもんね。

2011/7/7(木) 午前 4:47 kapaguy 返信する

しろねこさん。座ってしか見みたことないw。
はい、ボクが最初に旧サンシャイン水族館を検分したときには、みなさんそうでした。
ていうか、半水面の水槽ではどこもみんなしゃがんでいましたw。
子どもまでしゃがんでいたので、それがあまりにも印象的で、なんとかそれは無くさないことにはダメだと思ったのです。

2011/7/7(木) 午前 4:50 kapaguy 返信する

ゆきりんさん。準備万端!というキッパリ感がありありですねw。
まだまだ準備万端とはなれない水族館側としては、焦りまくりです。
準備期間があまりに足らない…。
展示スタッフのみなさんの、これからの苦労がしのばれます。

2011/7/7(木) 午前 4:53 kapaguy 返信する

dornroeschen039さん。実はバイカルくんたちは、氷の下が一番落ち着くようで、怖がるどころか、一気に氷の下に逃げ込んで、空いているところには浮かんでこなくなったのですよw。
それで、気にしているというよりも、呼吸までも氷の下にたまった空気で呼吸するようなありさま。
ボクは、二酸化炭素中毒になるかもしれないととても心配して、氷の下に新鮮な空気が入るようにしてもらったくらいなのです。
彼らは陸上よりも水中の方がはるかに落ち着いているのだけど、さらに頭上に氷が張ると、誰からも襲われなくなるから安心なのでしょうね。

2011/7/7(木) 午前 4:57 kapaguy 返信する

ミーサン。今日はなんてまともで立派なコメント!すごいよ!w
ぜんぜん外してないよ。
だいたい、ボクがカスタマーズ起点を完成させたのは、バリアフリー観光を始めて、いろんなタイプの障がい者の人たちと旅行のことを話しするようになったからなんよ。
障がい者本人にも気付かない大切なことを、障がい者の気持ちになることで見つける。それがプロの仕事なんよね。
だから、水族館でも、お客さんや素人の人が考えてもいい展示はできない。もちろん飼育係の考えでやったらもっと面白くない。
展示係は、そのあたりのプロにならなくちゃあかんよね。
ミーサンはよく分かってると思うわ。
ポチ、ありがとー!

2011/7/7(木) 午前 5:03 kapaguy 返信する

マツコさん。見たですかー!ボクも見たいなあ。
青、いいでしょ。
今回のサンシャイン水族館では、青色にはかなりかなり凝りました。
今までの水族館ではどこもやっていない、カンチョの編み出した秘技も使っています。これがなかなか効果があった。
この方法は、工事関係者に、当分はよその水族館で使っちゃダメだと念を押してあるのです。にょほほ〜w。

2011/7/7(木) 午前 5:07 kapaguy 返信する

ああ、眠い!どうやら今日も徹夜(完徹)で仕事に行かねばならなさそう。。。
サンシャインに出かけて、そのまま羽田空港に向かって旭川。
旭川でバリアフリー観光の講演して、次の日に大雪越えして北見市に。
北見市で、ふたたび講演です。
あ、その次の日は大阪やっけ?なんかちょっとやばいなあ。。。

2011/7/7(木) 午前 5:11 kapaguy 返信する

顔アイコン

サンシャイン水族館、
なんだか凄いことになってきているみたいですね。
オープンの日は会社を休んで駆けつけます。

カルカルで開催された超水族館ナイトのライブレポートを
書かせて頂きました。新しいサンシャイン水族館への
溢れる期待を全て表現しきれていないかもしれませんが、
ライブレポートを読んて「天空のオアシス」に足を運んでみようと
思ってくれる人がいたらいいなと思います。

サンシャイン水族館ナイトも期待しています。
3日間全部行きたいけど、仕事大丈夫かな…。(汗)

2011/7/7(木) 午後 10:00 [ gamagaeru ] 返信する

GAMAさん、ライブレポートありがとうございました!
皆さんにも読んでいただきましょう。
http://tcc.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/2011311611-994c.html

サンシャイン水族館では、工事の遅れのせいで、生物搬入とかがなかなか進められず、展示スタッフは今ホントにたいへんな思いをしながら、それでもオープンに合わせて準備をしています。
ボクの仕事にかかわることもギリギリの部分がいくつかあり、かなりドキドキものの最後の1ヶ月。
みなさんの期待を裏切らないように頑張ります!
なので、サンシャイン水族館ナイトも、毎晩来て下さいねw。

2011/7/8(金) 午前 9:02 kapaguy 返信する

顔アイコン

中村さん!「サンシャイン水族館ナイト」って
会場は何処ですかね?
今回は行けそうなので・・・! 削除

2011/7/9(土) 午後 2:58 [ ] 返信する

魚ちゃん、サンシャイン水族館ナイト、場所はもちろん新しくオープンしたサンシャイン水族館だよ。
http://blogs.yahoo.co.jp/kapaguy/60686304.html
8月の8,9,10日の3夜連続、夜7時から。入館料だけで、見ることができる。
会場は屋上の天空リングの下。雨の日は室内になるだろうけど。

2011/7/10(日) 午後 1:26 kapaguy 返信する

顔アイコン

なるほど。分かりました!
ご丁寧に教えていただき有難うございました^∀^ノシ 削除

2011/7/10(日) 午後 7:39 [ ] 返信する

顔アイコン

バイカルアザラシ…、鳥羽水族館で見た事があります…というか鳥羽水族館でしか見た事がないです。あの焼き芋のような体型は結構好きです。

しかし鳥羽水族館に行く時は、80%イロワケイルカ、10%ジュゴン、残り10%それ以外なので、バイカルアザラシだけが鳥羽水族館に行く動機には成り得ません。 削除

2011/7/12(火) 午後 8:13 [ &oh ] 返信する

&ohさん。イロワケイルカが80%ですか。それなら、鳥羽水かマリンピア松島ですね。
マリンピア松島にはバイカルアザラシもいます。ジュゴンはいないけど…。

サンシャイン水族館にはバイカルアザラシしかいないけど、それでも行く動機にして下さい。損はさせません!
それに、サンシャインのバイカルはめちゃくちゃフレンドリーですぞ。

2011/7/14(木) 午前 9:39 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事