ブログ水族館/中村 元

超水族館ナイトが贈る映画『ビハインド・ザ・コーヴ』上映会4/13(木)開催。チケット発売は3/13の10:00〜です。

全体表示

[ リスト ]


あのねえ、おんね湯・北の大地の水族館(おんねゆ温泉・山の水族館)、もうえらいことになってるよ。
ついに、一日3700人の入館者数を記録した。
オープン後10日間で、1万7千人(有料入館者は1万4千人)。
旧館の年間入館者が2万人くらいやったんやからね、おそらく2週間で1年分を集客しちゃう。

そして、"水塊"と"大人の大衆文化"をウリとする水族館プロデューサーとして嬉しいのが、旧水族館では子どもしか来てなかったに近かったのに、有料1万4千人のうちなんと87%が大人やって言うこと。
これはもう、完璧に北海道の文化として認知されとりますな。やったー!

というわけで、北の大地の水族館(山の水族館)の第2弾!
熱帯淡水魚のゾーンですぞ。


まずは、7月14日オープン後のちょうど1週間後に急逝してしまった、日本最大の巨大肺魚プロトプテルス・エチオピクス。

イメージ 1

ホントに残念です。
巨大イトウの群と並ぶ、ピンでの大スターだったのに……。

なぜ亡くなった肺魚を一番最初にしたかと言うと、この熱帯淡水魚のゾーンが温根湯温泉の再生に深く繋がる『魔法の温泉水』のゾーンであり、この肺魚こそが、それを最も如実に語る、美しく巨大に育った巨魚だったからです。
この巨大肺魚に関しては、後ほど追悼写真集として紹介するつもりです。


さてしかし、巨大肺魚が亡くなっても、熱帯巨魚の層は厚い。
先日も、フジTV系『とくダネ!』で、肺魚に代わって「魔法の温泉水」のすごさをアピールしてくれたのがピラルクー。

イメージ 2

ピラルクーとしてはまだ小さくて1.5mほど。
しかしこの子、2年前は10cm程度の大きさだったのだ。
2年でこの大きさ。さらに、この美しさ。

そう、山の水族館で使ってるのは、温泉と冷泉をほどよくブレンドした『魔法の温泉水』。
この魔法の温泉水で飼育されていると、あ〜ら不思議。
魚たちは急速に成長し、しかも病気にはならない、怪我はすぐに完治する…という奇跡の結果になったのだ。

まちづくりが道楽なカンチョが、そういうことを見のがすワケがない。
この魔法の温泉水で育てられた、美しくも巨大な魚たちを発信源に、さびれた温根湯温泉を再生するアイテムにしようと考えたのだ。


コロソマもでっかいよ!

イメージ 3

実は、これより一回りも大きな、おそらく日本で最大のコロソマもいたのだ。
しかしその巨大コロソマは、工事による震動の影響で、オープンを待たずに急逝した。

ちょっとねえ、この水族館には山も谷もありすぎる。
まずは、日本最大のコロソマが死亡、そして巨大で美しかったオオウナギが死亡、さらにやっぱり日本最大級のマタマタが死亡(いずれも工事の振動のためと思われる)、工事が終わったと思ったら巨大肺魚の番やもんね。どうしたん?これ。


まあ、気を取り直して、ガーもでっか太い!

イメージ 4


他にも、南米と言えばナマズ。
レッドテールキャットは大勢いて、その中のボスみたいなのがピラルクーに体当たりくれたりしてるし、タイガーシャベルキャットもうろうろと、口に入りそうな魚を探してるし、とにかくみんな元気なのだ。


そしてひときわ美しい、アジアアロワナ。

イメージ 5

水族館で、こんな風に観賞魚っぽく光り輝くアジアアロワナはおらんよ。
もちろん、これも『魔法の温泉水』のおかげなのは確か。
一緒に入っているシルバーバブルも、驚くほどの金色で光っているのだ。

スタッフの展示センスはなかなかよくて、金色アロワナの水槽では金銀色の魚たちが集い、オレンジ色のアロワナの水槽では、オレンジ色の魚たちに統一されている。
どちらも美しい!

どうだ!この温根湯温泉『魔法の温泉水』
山の水族館に来たら、ぜひ温泉にも入っていこうではないか〜!
なんか聞いたところによれば、すでに近所の温泉旅館に立ち寄る人も多いのだとか、さらに温泉に泊まって水族館へという人も増えているという。
この流行に、遅れてはなりませんぞ!w。


さてさて、こんな風な、六本木スカイアクアリウムっぽい水槽もあるよ。

イメージ 6

他にも、万華鏡みたいな金魚を見る水槽とか、写真撮り用のアーチ型水槽とか、ユニークな水槽がけっこう多いのがこの水族館の特徴。

これらのユニーク水槽を考案したのは、たった一人で旧山の水族館を支えてきた佐藤主任だ。
実はカンチョの方では、これらのユニーク水槽には、ほんの少しのアドバイス以外は、まったく携わっていない。
だって、ボランティアプロデューサーやしさ、なかなか現地に行けないから一つ一つに関わってる時間なんかほとんどなかったんやもん。「うん、まあ頑張ってな」みたいな。

でも、さすが佐藤主任、工業高校で学んできただけのことはある、どれも実に完成度が高くて楽しい水槽を完成させたのだ。スゴイよ彼の能力。
水産大や海洋系大学などで学んできた魚類学の専門家が中心の水族館では、展示係は名ばかりで飼育係に終わってしまってるけど、このようにそうでないスタッフが中心の水族館では、ちゃんと「展示」の面白さを追求できるんよね。

まあ、そんなわけで、北の大地の水族館の集客力はうなぎ登り。(ウナギはおらんようになったけどね)
わずか3億5千万円の建設費で、一日入館者数が4千人近いなんていうのは、すでに日本一のコストパフォーマンス。
もしこのまま年間20万人を超えたら、年間を通しても、首都の真ん中にあるサンシャイン水族館のリニューアルと同等のコストパフォーマンスを発揮することになる。
正直言ってね、これは、水族館業界に激震を与えるほどのニュースやと思うんやけど、なんせ日本動物園水族館業界には加盟してないからねえ、なかなか伝わらんやろなあ。


◎NHK「おはようニッポン」山の水族館のアーカイブ⇒アイデア勝負 水族館リニューアル −北海道 北見市−

●山の水族館の、これまでの記事と写真のリストはコチラ ⇒おんねゆ温泉・山の水族館記事リスト


●産経新聞『話の肖像画』インタビュー記事に3日連載で載せてもらいました。
『話の肖像画』水の演出家 水族館プロデューサー・中村元



■前回の『超水族館ナイト』のカルカル公式レポートはコチラです↓。
 ⇒12回『中村元の超水族館ナイト2012年年春 〜いまどきの水塊に溺れろ!〜』
 ⇒USTREAMでもご覧になれます。⇒USTREAM配信

Twitterfacebook始めてみました…。
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

この記事に

閉じる コメント(10)

オープンすぐの大盛況おめでとうございます♪
さすがかんちょさんと、そして佐藤主任様。

なかなかすぐ行けるって言う場所ではないけれども是非訪れたいです!(当方の好きな滝、オシンコシンの滝を訪ねた際には絶対寄ります^^)

記事にでてます「レッドテールキャット」、とってもとってもかわいいからすごい飼いたかったなぁ^-^

写真も綺麗で素敵ですね^^

2012/7/18(水) 午後 4:47 nagashi917 返信する

nagashi917さん、どうもありがとうございます。
そうなんよね、これがまたなかなか行けるところではない。でも、行く価値ありますぜ〜。
ドイツからやってきた人が、わざわざこの水族館とすみだ水族館に行って、断然山の水族館の方がよかった!と言ってたんやから。ドイツから行くこと考えたら、国内ならなんとかなりそうでは?w

レッドテールキャット、でっかいよ。自分で飼うのはタイヘンなので、水族館に行って気に入った奴に好きな名前を付けて、時々会いに行くのがよろしいかと思います。

2012/7/18(水) 午後 7:41 kapaguy 返信する

顔アイコン

実際、どのコも美しすぎますね!
おんねゆのお湯は100%美人の湯ですねぇ〜
中村さんの目の付け所がやはりスゴイです!((*´∀`))

2012/7/18(水) 午後 11:25 カミナリとうさん 返信する

顔アイコン

北の大地の水族館、すごいことになっているんですね!! ツアーの時のお客さんの数もすごいと思いましたが、なんとも素晴らしいではありませんか。

さすがカンチョさん、というのは当たり前といっちゃあ当たり前ですが、佐藤主任の潜在能力の開花(?)は、目を見張るものがありますね。

大きな熱帯魚って今までなんとなく距離をおいていたのですが、ここのは違いました。

マニアも唸るであろうアジアアロワナや、ものすごく顔が綺麗なピラルクーなどは、ずっと見ていたいと思いましたね。ずっと見ていたいと思うピラルクーなんて、初めてです。

展示の目玉になる生物の死は本当に残念ですが、佐藤さん達には乗り越えて前へ進んで欲しいと思っています。 削除

2012/7/19(木) 午前 7:10 [ つーさん ] 返信する

カミナリとうさん、水族館関係者だと、なおのこと分かりますよね。この美しさ。
魔法の温泉水を、全国の水族館に販売しようかな。
うちの事務所の独占契約にしちゃって。うふふ。

2012/7/19(木) 午前 10:52 kapaguy 返信する

つーさん、ホントにえらいことですよ。あのツアーの日の2倍のみなさんが来てくれてるんやからねえ。信じられない。
朝から夕方まで、ずっと50人くらいの列ができてるんやって。チケット販売の窓口が1つやからそうなるのだけど、逆にそうやって待ってもらわないと、あのちっちゃな水族館が破裂しちゃうやろしなあw。

大型熱帯淡水魚、今までは大きいということと、ちょっと変わった姿ということだけが目を引いていたけど、ここではその美しさもしっかり見ていただけます。
まあ、隠れた要因として、このコーナーに来るまで、イトウよりも目立つ魚がいないということもあるんやけどねw。
海生生物がいないというこ弱点が、ここでも強みになってるのかもしれません。

次回、冬に来てもらうときには、ピラルクーさらに大きくなってますよ。お楽しみに!

2012/7/19(木) 午前 11:00 kapaguy 返信する

顔アイコン

巨大肺魚や他の巨大生物が亡くなったのは残念です。。。
大きいから図太い、という訳でもないのですね。
(工事の振動の影響が出るのも貧乏ゆえ?。。。)

でもきっと、後継者(後継魚?)が沢山でるのでしょう。
アロワナとっても綺麗ですね。写真が素晴らしいです。

それと、個人的に"最初は冬"と決めていましたので、
冬のツアーもぜひ充実の企画をお願いしたいです。

2012/7/19(木) 午後 0:52 [ min*_or*a ] 返信する

miniorcaさん、水族館のリニューアルや新展示工事のときには、工事の振動や環境変化によって死亡する事故はけっこう多いのです。とくに海獣とか大型魚類におおいかもです。
もしかすると、普段から他の生物に狙われている小魚たちはストレスに強いけれど、普段はのんびり暮らしている大型生物は突然の環境変化に弱いのかもしれませんねえ。
いずれにせよ、飼育生物たちには迷惑な話で、申し訳ないことをしたと思っています。

冬のツアー、頑張ります。
今度はちゃんと早くから予定を組むようにしますね。

2012/7/19(木) 午後 1:26 kapaguy 返信する

顔アイコン

「あぁ、コロソマの顔がもっとツルツルテカテカだったら美顔水族館」でも売れるのに・・・とコロソマがショック受けそうな事を考えてしまいました。(笑)

ここのハイギョやイトウ・ピラルクーの姿を見ていると、よくネット上で「怪魚」なんて呼ばれるサイズにまでなるんだろうなぁ・・・と考えてしまいますね。
種類は違いますけど、アリゲーターガーなんかは最大で3mにもなった個体がいるそうですし。
北の大地の水族館だったら、3年後ぐらいにそう言うの見れちゃうんじゃ??と期待してしまいますね。(笑)
でも、そこまでみんな巨大になっちゃったら、水槽拡大のために増築でしょうか?

そして、オープン1ヶ月で旧水族館の年間入場者数を超える勢いの来館者数。
来年以降もこの勢いを継続できるように、北見市長にはとりわけ頑張って観光誘致してもらわないといけませんね〜。 削除

2012/7/21(土) 午前 9:32 [ Elpaso ] 返信する

Elpasoさん、さてさて、この子たち、今までは小さな水槽に入っていてこれやからね、この水槽に入ったらどんな大きさになるのかすごく楽しみです。
そして、お客さんいっぱい来てくれる状態が続いたら、北見市も増築してくれるでしょうよ。実はボク、すでに増築する場合の場所をちゃんとつくってあるの。にゃはは!
でも、増築のときには、せめてボランティアじゃない処遇を求めなくてはねえw。

2012/7/21(土) 午後 10:06 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事