独り言 18

不 思 議 な 空




理解出来ない

したくない

ただ

悟っているのだろうか

涙だけは無性にこぼれてくる

次から 次へと



まるで二人の僕がいるよう





人との出逢いって

それが運命というのなら

この結末も また




僕は年齢を重ねれば重ねるほど 人恋しく

矛盾して臆病になった


そんな時

出逢うべくして出逢えた蒼空に


あなたに会えてよかった




感情をもつもの

人として生まれ落ちたからには

これも また運命



二つに離れてしまった 雲の心



もし

もしも 雲がまた一つになることがあったなら

その時云おう














蒼 空 よ

あ り が と う        と
 

この記事に

耐熱性

悪鬼払い


面を被り 浸入して来る者が父親とわかっているだけに容赦ない

豆の速射砲

それでも退散しないと見るや

鬼に対し 殴る蹴る

年々 力強さの質が変わっていく

いつまで続くのか

この荒行






この時期になると溢れて収納し切れない飼育用品。
一応全て段ボールに入れ、積み重ねてはいましたが、それではどうにも嫁様の納得がいかないようですね。

まあ、元々私も どの部屋にしても片付けられて無い物が沢山あるのは苦手なので、休みの日を利用して自部屋の整理をしてみました。

とは云っても既に隠すスペースが無いから溢れている訳で、大型クローゼット・・・ いや、天井の高さまである天袋の無い押入れのデッドスペースに木棚や網棚作りをしたり、カラーボックスを並べてそこへ収納していくしかありませんでした。




そして今回、どうしても手を入れてみたかったのがコレ。

イメージ 1


断熱シートです。

最北の部屋、北側に位置する縦半間横一間スライド式小窓付きのサッシですが、一戸建で無い為 サッシ自体に手をつけられなく築年数も経ち、古いのでココの隙間風が凄く北風の強い日は手をかざすだけで冷風を感じるほど。
室内への光の遮断は考えられないので、スタイロ等のハメ込みは無しとしました。






いやはや。

思っていたより効果抜群です。
それだけ隙間風で損をしていた、ということなのでしょうね。


2枚重ねにして内側のシートはサッシのアルミ枠に隙間無くきっちり両面テープで止めましたが、外側のシートは上側だけ固定してブラ下げているだけです。

これまでの管理は最低温度13℃〜14℃でヨシとしていましたが、エアコンを使わないでどうにかして2℃くらい上げたいと考えていました。
先月中旬から下旬に掛けて一時、12℃を振ってしまった事がありました。
その時はまだ♀と2軍個体のみで、それ程気持ちに影響はありませんでしたが。

イメージ 2



最低温。



常温での管理下、最低15℃〜16℃目標としましたが、今後更に改良後夏期も少し楽になるでしょうか。




古いが故に

やれ々。

この記事に

開く コメント(6)

七つ道具

イメージ 1


他にも無理に挙げれば何とか七つくらいは揃いそう。
ただ、私にとってこれらが無いことにはどうにも困る物を出してみました。



本格的に自詰めする方はプレス機なる物をお持ちでしょうが、私は多くの菌糸を詰めないしマットを詰めるのも数少ない。
今のところ壊れる気配の無い、このハンドプレスで充分事足りています。

園芸用スコップは細型のもので幼虫を投入する穴を掘るだけ。
幼虫が頭から入り、再度自分から頭を上に出すことが出来ない程度の内径、縦長な穴を掘るだけなので、これも以外と使い易い。

ピンセットはキノコを取り除く為。
大きくなる前に抜いてしまうのでこれが丁度良い、細かいキノコには手を付けないし、何より振動と些細な衝撃を与えないよう迅速にはしています。

強度がいまひとつなのが中央のスパテル。
菌糸を掘る為のロングスプーンですが、ショップのH・Pを覗くと出てくるものを使っています。
これまで何本か違うのを試してみましたが、どれも何度か使っていると曲がってしまう。
曲がっては直し、曲がっては直しの繰り返しで終いにはフニャフニャとは言いませんが直ぐにヒン曲がります。


先に挙げた小型スコップや強度のある、また違う用途の金物を使う方もいるでしょうけれど、私は先端があまり鋭利であったりするとかなり短時間でガッツリ掘る分こわいです。
どうしてもスプーンになってしまいます。

強いロングスプーン。

なかなか無いですね。

何処かで特別に作って貰うしかないのか。





さて。

今期こそは確保しました。

イメージ 2


必ず2本目の♂。

必ず印象深く体重増加したもの。

必ず赤茶色に近いもの。

昨年末から撹拌乾燥し続けてこの様な色です。
中ケースで半分強。
今春産卵セットをいくつ組むかはまだ未定ですが、これだけあれば充分。

セットのカビが嫌いで昨年は気分の悪い思いをしましたがこれで安心。



これも七つ道具?

のひとつ。

この記事に

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事