家庭の防災用品

体験から発信する防災・復興支援ブログ / 被災後の後始末、防災訓練、災害ボランティア、復興支援 : 遠藤正則

熊本地震ボランティア 現地入り検討の方へ

災害ボランティア希望者の方へ  公的な災害ボランティアセンターでは、余震が治まる時期(気象庁の見通しは一週間程度)まで戸別住宅への派遣は、あまりありません。 また建築士による応急危険度判定で危険、要注意と判定された住宅や建物への一般ボランティアの派遣は、初期にはありません。 よって、現地で活動のつてや独自活動能力のない方は、無理に今日、週末に現地に向かわれる必要はありません。 ... 有給や貯金を貯めておいてください。 活動のピークはゴールデンウィークでしょう。    ボランティア活動はボランティアセンターだけが窓口ではありません。 様々な知縁者、企業、商店会、宗教、農協、福祉関連、サークル等の地元ネットワークが初期に活躍するものです。それらの方と活動の道もあります。 すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

東邦銀行米沢支店 開店

2016/4/27(水) 午後 7:01

  福島県の主要地方銀行 東邦銀行 米沢支店、本日オープン。 場所は山形県米沢市徳町 TSUTAYAの隣の隣。ホームセンタームサシの近くです。 東邦銀行は山形県内に避難されている ...すべて表示すべて表示

  過去の震災では応急危険度判定で危険と判定されても、軽微な危険度で危険判定された住宅に有志のボラや災害ボラセンボラが活動したものであるが、今回は「知識と技術と覚悟と死んでもOKと世間が認めてくれる人や団体」でないと無理かも・・ ...すべて表示すべて表示

 災害ボランティア活動は側溝ドロかき掃除や瓦礫片付けばかりではない。 避難所の運営雑務、傾聴、子どもの遊び相手、トイレ掃除、その他、沢山あるが、震災から一週間も経過すれば自宅での生活を再開したり、引越準備のために「破損した住宅内の掃除手 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事