家庭の防災用品

体験から発信する防災・復興支援ブログ / 被災後の後始末、防災訓練、災害ボランティア、復興支援 : 遠藤正則

熊本地震ボランティア 現地入り検討の方へ

災害ボランティア希望者の方へ  公的な災害ボランティアセンターでは、余震が治まる時期(気象庁の見通しは一週間程度)まで戸別住宅への派遣は、あまりありません。 また建築士による応急危険度判定で危険、要注意と判定された住宅や建物への一般ボランティアの派遣は、初期にはありません。 よって、現地で活動のつてや独自活動能力のない方は、無理に今日、週末に現地に向かわれる必要はありません。 ... 有給や貯金を貯めておいてください。 活動のピークはゴールデンウィークでしょう。    ボランティア活動はボランティアセンターだけが窓口ではありません。 様々な知縁者、企業、商店会、宗教、農協、福祉関連、サークル等の地元ネットワークが初期に活躍するものです。それらの方と活動の道もあります。 すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

初めて謝礼をいただきました

2016/7/5(火) 午後 7:34

被災地の微妙な事情に答え、公にしにくい支援活動をする「秘密のボラ団」 「あちらを立てれば、こちらがたたず」 それぞれの微妙な事情、要望に応じ行動する事は多くありす。 特に「行政や公的組織などの平等性や透明性」を重 ...すべて表示すべて表示

釘踏んだ!

2016/7/4(月) 午後 7:55

歩道を歩いていると足の裏がチクチクします。 靴の中にトゲが入ったのかと思えば、釘らしきものを踏んでいました。 靴底を奥深く貫通すたのではなく、釘の先端がちょっとだけ貫通したようです。 でも錆びた釘な ...すべて表示すべて表示

冷蔵庫を寄贈、運搬しました

2016/6/28(火) 午後 9:13

2016年6月22日。 NPO法人 絆の架け橋ネットワーク様が福島県伊達市より受託し山形市にて運営している「伊達市避難者相談センター」に「秘密ではない冷蔵庫」をリユース寄贈しお届けしました。 寄贈者は私 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事