家庭の防災用品

体験から発信する防災・復興支援ブログ / 被災後の後始末、防災訓練、災害ボランティア、復興支援 : 遠藤正則

熊本地震ボランティア 現地入り検討の方へ

災害ボランティア希望者の方へ  公的な災害ボランティアセンターでは、余震が治まる時期(気象庁の見通しは一週間程度)まで戸別住宅への派遣は、あまりありません。 また建築士による応急危険度判定で危険、要注意と判定された住宅や建物への一般ボランティアの派遣は、初期にはありません。 よって、現地で活動のつてや独自活動能力のない方は、無理に今日、週末に現地に向かわれる必要はありません。 ... 有給や貯金を貯めておいてください。 活動のピークはゴールデンウィークでしょう。    ボランティア活動はボランティアセンターだけが窓口ではありません。 様々な知縁者、企業、商店会、宗教、農協、福祉関連、サークル等の地元ネットワークが初期に活躍するものです。それらの方と活動の道もあります。 すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

 12年前。 被災住民から発せられた 「良いボランティアは助ける。悪いボランティアは助けない」 の声。 挨拶で二言目に交わされた  「私たちボランティアは嫌われているらしい。何故でしょう?」 の疑問。 驚き、いらつき、怒りな ...すべて表示すべて表示

 宝島新書より発行された、丸山千夏 著  「ボランティアという病」の内容について、私の私的見解を随時書いていきます。  初めに、書面で大きく取り上げられている熊本地震発生数日後に大きく炎上した支援団体の現地活動者のSNS発 ...すべて表示すべて表示

  刺激的な書名や本の帯(表紙下部の説明文)とは裏腹に、巨悪な団体や極端に病的な事例が多数記載されているわけではなく、熊本地震でSNSを中心に炎上した複数の事例をジャーナリストの視点で事実関係を検証している本です。 特定の団体を一方的に ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事