ここから本文です
『勝手にシドバレット』(85年くらいから最近までの音楽のこと)
音楽が流れていた風景を思い出しながら綴ります。

書庫最新記事

すべて表示

  • 東京女子流@阿倍野ROCKTOWN (2...

     グルーヴを信じて生まれる活力。  私が東京女子流の音楽を聴くたびに感じるのはそんな力です。それは生硬なところもあったりするのだけど、同時に清廉であり、愛おしくもある。   この3月に全国8か所をま ...すべて表示すべて表示

  • 山下達郎/ ARTISAN (1991)...

    2017/3/25(土) 午後 11:47

     山下達郎のファンって、どういう人たちなんだろう。  出会った範囲内で思い返してみると、彼の歌、音楽、トークのぜんぶが無条件に好きで好きでたまらない!という濃ゆいファンは、私の周りにはあまりいませんでした。 ...すべて表示すべて表示

  • Chuck Berry/ Hail! H...

    2017/3/19(日) 午後 8:14

     つい先日のこと、奥さんと別れた知人が小学生の娘に会えなくて淋しがっている、という話を聞いて、Memphis Tennesseeの歌詞を連想し、そういえばチャック・ベリーって元気なのかな?と思っていたところでし ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事