kat*r*giki*iem*nnのブログ

今日もなんとか元気です(笑)

全体表示

[ リスト ]

 「ライジングボラードは。車道の真ん中の地中に設置され、昇降することによって生活道路を抜け道に使う車両の進入を阻む。
 
  近隣住民など許可を得た車が通る時は、センサーで感知したり運転手がリモコンを操作したりして、路面下に沈めることで通行できる。
 
  欧州で普及しているが、日本では車が衝突する危険や消防車など緊急車両への対応がハードルとなり、設置例はない。」という。
 
 じゃ、どこかが始めて設置意すればいいだけのことだ。話は簡単だ\(^-^)
 それとも、先例がないと警察も道路管理者も嫌がるのかな(;^_^A
 
 けれども、ガードレールだって、車が衝突する危険はある。通行人等の安全は図られるが(笑)
 
センサー感知式なら、緊急車両は通行自由に出来るし、、、
 
それに、ライジングボラードが金属性になったとしても、
 
緊急車両は、少々の障害物ぐらい突破できなければいけない。
と思うのは、アクション映画の見すぎかな(笑)
 
(元記事)
<社会実験>出る杭…生活道路の車進入禁止 事故防止に効果
毎日新聞 420()30分配信
 
新潟市中央区の商店街「古町モール6」に設置されたライジングボラード。中央に立つ赤い円柱が車の進入を防ぐ=新潟市役所提供
 
 
 通学路や生活道路に車が進入し死亡事故を起こす事例が問題になる中、新潟市が車道上に昇降式の車止め(ライジングボラード)を設置して車を入らせないようにする全国初の社会実験に取り組み、成果を上げている。欧州では広く普及している手法だが、国内の公道では例がないという。2012年4月23日、京都府亀岡市で集団登校中の児童ら10人が死傷した事故から2年。新潟市側は「通学路にも拡大したい」と評価している。
 
 社会実験は新潟市中央区の商店街「古町モール6」で昨年10月〜今年2月に実施した。従来、人通りが増える正午から翌日午前8時までは車の通行を禁じてきたが、規制を無視して通り抜ける違反車が後を絶たず、住民らから改善を求める声が出ていた。
 
  ライジングボラードは高さ71センチ、直径8センチの円柱で杭(くい)のように見える。道の中央部に埋め込み、手動または自動で上下する。欧州では金属製が一般的だが、新潟市では柔らかいウレタンゴム製を採用した。
 
  モールの入り口に1本を設置し、進入禁止時間帯にはライジングボラードが上がって車の進入を物理的に阻む。救急車など緊急車両には、道路脇のセンサーを手動で操作して下げられるようにした。
 
  実験開始前には、違反車は1週間に119台あったが、開始後は強引に進入するなどした39台に激減。さらに2カ月後には同2台にまで減った。市が実施したアンケート調査では、歩行者や通行車両の6割近くが設置継続を希望し、他地域での実施を求める人も半数を超えた。
 
  通学路や生活道路では重大事故が多発している。今年の「春の全国交通安全運動」(4月6〜15日)では子どもと高齢者の事故防止を重点テーマに掲げたが、期間中に茨城県神栖市と静岡県沼津市で小学生計2人が登下校中に車にはねられて死亡。警察による検挙では、通行禁止違反が最多だった。
 
  社会実験の結果を受け、新潟市の篠田昭市長(65)は「違反者が激減した。ライジングボラードの常設を目指し、通学路にも広げたい」と歓迎。社会実験を担当した久保田尚・埼玉大学大学院教授(都市交通計画)は「通学路では子どもの安全を守るべきなのに、車の進入を止められない。抜け道代わりに使われればスピードが出ていて子どもが命の危険にさらされる。車の進入を物理的に抑制できるボラードの設置を通学路で進めることは、犠牲を減らすのに有効だ」と分析する。【馬場直子】
 
  ◇ライジングボラード
 
 英語のボラードは元々、岸壁で船を係留する杭で、車止めの意味でも使われる。車道の真ん中の地中に設置され、昇降することによって生活道路を抜け道に使う車両の進入を阻む。近隣住民など許可を得た車が通る時は、センサーで感知したり運転手がリモコンを操作したりして、路面下に沈めることで通行できる。欧州で普及しているが、日本では車が衝突する危険や消防車など緊急車両への対応がハードルとなり、設置例はない。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事