山ジョグノート

快適な山ランを楽しんでいます。100mileが楽しんで走れるカラダをめざします。

新城トレイルレース

かろうじて下げ止まり。

2010 50歳 5:25
2012 52歳 5:43
2014 54歳 5:51
2017 57歳 5:33


イメージ 1

これってどうなの?
可もなく不可もなく、かな。
トップの1.4倍目標からはアウトです。

100位/総合、10位/年代別。
キリがよくて、気持ちいい数字だから良しとしましょう。
特筆すべきは、過去に比べて終了後のダメージが小さいこと。
攣りそうになって走ってたから、サボってるわけじゃないけど。。。これで精一杯のスピード。
トラクターのような足回りになってきたのかな?

これで、ボチボチ頑張って、Koumiまでつなげよう。
でも、もう少しパワーが欲しい。
次の比叡山への課題です。



イメージ 2

yumichan☆、画像ありがとう。





この記事に

開く コメント(14)

繖山(きぬがさやま)

ガッツリじゃなく、ちょっとだけ走りたい。
って時に、半径10km以内にいくつものトレイルがあるのは恵まれていると思う。
景色もちょっとした好奇心も満たしてくれる。

安土城跡の隣にあって、知られてないけど100名城のひとつらしい。

観音寺城跡。

イメージ 1

最近、地元有志の手によりトレイルの整備が進んでいるようす。
山の中に石垣だけが残ってる。
これが結構広範囲。

イメージ 2

下記、青線はいつもの階段トレーニングコース。
赤線が古城めぐりのラウンドコース。

イメージ 3

やっと、足の痛みも引いてきて、左右ほぼ均等に足が使えるようになってきました。
来週は久々の新城です。
ぼちぼちいきますよ。

本日の練習、
距離18km。累積1900m。3:50。(休憩0:40は含まず)

イメージ 5
イメージ 4

この記事に

開く コメント(6)

世界史の教科書を読み返すことにした。

イメージ 1

何十年か前の高校授業で習ったきり。
受験は日本史。
「世界史なんて関心ないし」って思ってたし、
横文字名なんて記憶に残らん。

息子に聞いてみたら、受験は地理。
「近代以降は地名を覚えるために世界史をやったようなもん」
ってことだった。

イメージを膨らませるため、映画を見ながら読みすすめた。
 300 (ペルシャvsスパルタ)
 ジャンヌ・ダルク (フランスvsイギリス)
 エリザベス (イギリスvsスペイン・フランス)
 リンカーン 
 西部戦線異状なし

要は、肉離れの休足で、夜がおヒマだっただけだけど。。。
おかげで、行ったことのある地名がたくさん出てきて懐かしい。

若かりし頃たどったルートだけど、細かいところはだいぶ忘れてきてるよ。
そろそろ、ワタシの人生も一区切りになってきたみたいだし、後半戦に備えようか?

イメージ 2
(飛行機ルートは省いてます)

期間22ヵ月。
費用180万ぐらい。










この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

垂直トレの記録

1月に宣言したもののぽしゃり、2月に再びやり直すはずだったのだが。。。

2/07 観音正寺 10本 1200m
   
    どうもここで頑張りすぎたみたい。
    右膝、痛い。
    多分、コンクリのゆるい下り階段でスピードを出しすぎ?
    4日間、休足。

2/12 湖岸ジョグ 35km
    右膝、大事を取る
2/14 太郎坊 10本 1200m
2/16 太郎坊&瓦屋禅寺 1200m
2/18 太郎坊 8本 1000m

    右膝、再び痛み出す。

2/20 太郎坊 1本でヤメ。休足実質4日間。

2/23 本日、三上山ぐるぐる
    やっぱトレイルは足元やさしい。いいカンジ。
    11km 1000mD+。
    ところが、最後のゆるい上りで右ふくらはぎが張ってきたな、って思ったら、その5分後に強烈な痛み。
    攣ったかな?って思ったけど、痛みは引かない。
    軽い肉離れの様子。

    ああ、またこれでまた一週間は休足。
    2月、トータルしても垂直方向へは8000mにも満たず。

    ぜんぜん思いどおりにいかんわ。

イメージ 1
イメージ 2



この記事に

開く コメント(4)

垂直の記録

山野井泰史は元気の出る薬だ。
何年かに1回読んで刺激をもらう。

これは2度目の読み返し。

イメージ 1

山野井泰史は一日9時間寝る。
今回、記憶を新たにした。



こちらは数日前の日経スポーツ欄のカズ、齢50歳のコラム記事。
日経のスポーツ欄は偏りがないから好きです。

イメージ 2

この歳で現役プレイヤーを続けるには、足の先から手の小指の先まで全部が大事になってきて、それを補う練習法や技術も進展しており、こなすのに時間が足りてないってボヤかれてる。
カラダを目覚めさせる新しい練習がきっと楽しいんだろうなって思う。
手足の動きだけでなく、脳と神経までを磨き上げる感覚だって書いてらっしゃる。

ジブンも還暦までの残り3年を右肩上がりで続けるには、ここは「急がば回れ」ってことで、
下記2冊。

イメージ 3
イメージ 4












前レポで、「1月は、垂直方向への練習に切り替えよう」なんてほざいてみたものの、
頑張りすぎてすぐにふくらはぎに痛み、中旬以降は雪が続いて休足状態。
初心にかえり、これで、就寝前の時間を過ごしました。

成果はともかく、よく眠れるようになりました。
でも、さすがに9時間は寝続けられないです。


さて、表題の件。
山野井にも刺激をもらったし、2月こそは垂直の練習に励もうと思う。

1/30 太郎坊 10本 1200m
2/02 三上山〜鏡山 1300m
2/04 太郎坊 10本 1200m


さて、いつまで続けられるかな?









この記事に

開く コメント(4)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事