ここから本文です
民族学伝承ひろいあげ辞典
豊後大友氏六世孫・寒田親将直系子孫・藤原姓近藤流寒田鑑秀末裔

書庫全体表示

御年(ぎょねん)とはその天皇の生きた年数のこと。つまり死んだときの年齢である。
崩年(ほうねん)とはその天皇の死んだ年のこと。つまり命日である。

日本書紀と古事記で御年が一致する天皇は仲哀天皇だけ。
崩年干支が一致するのはひとりもいない。

安閑については年度はあっていても月が違う。
用明、崇峻、推古については年月はあっていても日が違う。
それ以外は年月日がまったく合致しない。

それほど双方の考え方は違う。
古事記には紀年がなく、日本書紀は紀年を最大に重視する。

ところが古事記は、崇神、成務、仲哀、応神、仁徳、履中、反正、允恭、雄略、継体、安閑、敏達、用明、崇峻、推古の15天皇についてのみ、「分注」として崩年干支が記されている。これはきわめて異例のことである。
したがってこれらは「あとになって書き加えられた」と考えざるを得ないのである。
神野志隆光『複数の「古代」』から

面白いと思ったらクリックして!→http://history.blogmura.com/にほんブログ村 歴史ブログ

閉じるコメント(0)

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

閉じるトラックバック(0)

トラックバックされた記事

  • トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事