ブラザレンについての諸断章

このブログは、プリマスブラザレンに関する個人研究の成果なんかを書いています。所属集会(教会)の公式見解ではありません。

When I was wee!

すべて表示

まとめ(3)

聖書理解の多様性について  ある面、現在のあるキリスト集会にある程度同じような人々が集まっていることはしょうがないと思うけれども、しかし、集会の構成メンバーの諸属性と、集会のありようそのものに多様性があまり尊重されないのは、個人として、少し困った問題だと思っている。  世の中が多様な人々から構成されるように、キリスト集会も多様な人々から構成されているといいなぁ、多様な考えを持つ人々から構成されているといいなぁ、と思う。逆に、同一集会内で同一の考えでなければならない、同一の考えを共有せねばならない、という同一性のトラップにとどまらないほうがいいなぁ、と思っている。そして、異なった雰囲気をもつキリスト集会同士がお付き合いできないこと、多様な教会群とキリスト集会がフランクにお付き合いできたりすることが妨げられたり、交流が妨げられるすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

先週金曜日、別のことで建てこんでいまして、またもやお休みしてしまいました。今回も、中村敏さんの 日本プロテスタント海外宣教史: 乗松雅休から現在まで が新教出版社から出ていますので、今回は、この本の一部を紹介しながら、 ...すべて表示すべて表示

連休期間中でしたので、1週間お休みをいただきましたが、本日からまた再開させていただきます。 中村敏さんの 日本プロテスタント海外宣教史: 乗松雅休から現在まで が新教出版社から出ていますが、今回は、この本 ...すべて表示すべて表示

中村敏さんの 日本プロテスタント海外宣教史: 乗松雅休から現在まで が新教出版社から出ていますが、今回は、この本の一部を紹介しながら、ブラザレンと福音宣教、とりわけ、海外伝道をめぐる考え方について、考えていきた ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事