ここから本文です
アイエエエエ! ジンジャ!? ジンジャナンデ!?
旧・クモノカケラのブログです。道南から神社・お寺の御朱印情報などを二次元も絡めて発信します。

書庫全体表示

住吉神社 (すみよしじんじゃ)




長門国一宮、旧官幣中社、別表神社、艦内奉斎神社(戦艦 長門)

式内社:長門國豊浦郡 住吉坐荒御魂神社三座 並名神大

神紋:水巴

祭神:表筒男命,中筒男命,底筒男命,応神天皇,武内宿禰命,神功皇后,建御名方命

例祭日:9月24日

最寄の交通機関:





山口県下関市市街地から内陸に入ったところに長門国一宮の住吉神社はある。

社名から分かるように住吉三神を主祭神として祀る神社で、旧社格は官幣中社、現在は神社本庁の別表神社に指定されている。

イメージ 1

一宮にふさわしい緑にあふれた広い境内で、鳥居の脇には池が広がり、鳥居をくぐり先に歩くと石段が、その登った先に神門、その先に国宝の拝殿と本殿がある。

さらに社殿のある境内から右側に行くと、稲荷神社や武内宿禰のお手植えの楠などがある。

イメージ 2
イメージ 3

住吉神社の創祀は、仲哀天皇9年(200)の神功皇后の新羅征伐から凱旋の際に、「我が荒魂をば穴門の山田邑に祭らしめよ」という御神託により現在地に祠を建て、穴戸直の祖である践立を神主として奉仕させたのが始まり。

社格は貞観元年(859)従五位下より従五位上が授けられたのをはじめに、仁和2年(886)には正四位下の神階が授けられ、「延喜式神名帳」には名神大社として列格、また長門国一の宮として篤い尊崇を集めた。

鎌倉時代に入り、源頼朝をはじめ歴代将軍による社領の寄進等があり、神事も年間150度以上も行われたという。

戦国時代に入り、一時衰微した時もあったが、大内氏、毛利氏等の崇敬篤いものがあり、江戸時代になってからは、藩主毛利家によって累代社殿の造営、修復等が行われた。

明治4年(1871)、国幣中社となり、同44年(1911)官幣中社に昇格。現在は神社本庁の別表神社に指定されている。


イメージ 4

神門をくぐるとすぐ眼の前に現れる拝殿は重要文化財で、天文8年(1539)に毛利元就による造営。

朱塗りの柱や梁や垂木に白壁が美しい切妻造妻入、檜皮葺の建物。



イメージ 5

その先にある特徴的な檜皮葺・九間社流造で5ヶ所の千鳥破風が付いた本殿は国宝。

応安3年(1370)に、長門国守護・大内弘世の造営と伝えられ、一間社を5殿、相の間と共に横に建て連ねた珍しい形式である。

その第一殿に表筒男命、中筒男命、底筒男命の荒魂を主神として祀り、第二殿に応神天皇、第三殿に武内宿禰命、第四殿に神功皇后、第五殿に建御名方命を祀っている。

吉野水分神社になんか似てる本殿です。



本殿の周囲の鎮守の杜は9000平方メートルの原始林。周囲は宅地開発による市街地化する中に、周辺の山とは異なる植生の樹木や植物を見ることができます。

この鎮守の杜は「長門一の宮住吉神社社叢」として山口県指定文化財(天然記念物)にも指定されています。


拝殿のある境内から右側に入ると鎮守の杜が広がり、道を進んでいくと高元社と若宮神社・田尻社・蛭子社・七社の社殿、その奥に稲荷神社と武内宿禰のお手植えの楠がある。


高元社と若宮神社・田尻社・蛭子社・七社

祭神:[高元社]須佐之男命
   :[若宮神社]穴門直践立命
   :[田尻社]大宮司家祖神
   :[蛭子社]蛭子神,事代主神
   :[七社]伊勢神,八幡神,加茂神,春日神,松尾神,平野神,稲荷神

左の独立している社殿が高元社、右側の社殿が左からそれぞれ若宮神社、田尻社、蛭子社、七社の相殿になっている。

ちなみに若宮神社の祭神の穴門直践立(あなとのあたいほむたち)は、住吉神社創建時に神主として奉仕した人物。

イメージ 6
「(左から)高元社と若宮神社・田尻社・蛭子社・七社」





稲荷神社 (いなりじんじゃ)

住吉神社・末社

祭神:[主祭神]宇迦廼御魂命
   :[配祀]猿田彦命、大宮賣命

住吉神社の境内末社・稲荷神社は、宇迦廼御魂命を主祭神として、猿田彦命、大宮賣命を配祀神として祀る。

元々は勝山村大字楠乃字上山に、天保10年(1839)伏見稲荷大社から勧請され、昭和6年(1931)9月に現在地に移転。

イメージ 7
「稲荷神社」



武内宿禰お手植えの楠は、楠の古株から新根が生えたもので、根回りは60mにもなる大木です。

イメージ 8


イメージ 9


・戦艦『長門』

帝国海軍の戦艦・長門の艦内神社には長門国の一宮である関係もあり、住吉神社の御分霊が奉斎されていました。

イメージ 10
「長門」(昭和11年初頭、呉軍港)

「長門」は姉妹艦「陸奥」と共に帝国海軍のシンボルとして長く国民にも親しまれていた艦で、世界初の41センチ砲(16インチ砲)を搭載した戦艦として、ワシントン軍縮条約下において戦艦の保有が制限された中で世界のビッグ7の1隻、そして連合艦隊旗艦を最も長く務めたのがこの「長門」であった。


起工:1917年8月28日 呉海軍工廠
竣工:1920年11月25日
排水量:39,120トン
全長:224.94m
全幅:34.59m
喫水:9.5m
馬力:82,000PS
速力:25.0ノット
兵装:45口径41cm連装砲4基、40口径12.7cm連装高角砲×4基8門、50口径14cm単装砲18門、40口径12.7cm連装高角砲4基、25mm連装機銃10基
水偵:3機、射出機×1基
乗員:1,368名
除籍:1945年9月15日
沈没:1946年7月29日

イメージ 11

この記事に

  • こちらの「住吉神社」さんはことしの5月に初めて参拝しました。
    拝殿と本殿との並びのバランスが美しかったです。
    でも予想外に本殿が小さかった印象があります。
    境内がそれほど広くなくて、バランス良い写真を撮るのは難しいですね。

    かみながら

    2011/11/12(土) 午後 10:17

    返信する
  • 顔アイコン

    そうなんですよね。拝殿が手前に結構張り出している感じなので、正面からだと圧迫感がどうしてもあります。

    確かに本殿は横に広いですけど1殿の大きさとしてはだいぶ小さいですね。

    高倉伽月

    2011/11/17(木) 午後 4:04

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(2)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事