ここから本文です
アイエエエエ! ジンジャ!? ジンジャナンデ!?
旧・クモノカケラのブログです。道南から神社・お寺の御朱印情報などを二次元も絡めて発信します。

書庫全体表示

青葉神社 (あおばじんじゃ)




旧県社、艦内奉斎神社(巡洋艦「名取」)

神紋:雪薄、九曜

祭神:武振彦命(伊達政宗)

例祭日:10月9、10日

最寄の交通機関:JR仙山線「北仙台駅」および、仙台市営地下鉄南北線「北仙台駅」下車、徒歩8分






青葉神社は仙台市青葉区にある仙台藩初代藩主・伊達政宗公を祭神として祀る神社で、社名の青葉は居城であった青葉城から付けられた。

場所は北仙台駅の西側の「北山五山」と呼ばれる寺町が集中する丘に鎮座する。

仙台市街地の国分町通りを真っ直ぐ北上して行き、突き当たった先が青葉神社の参道となる。

イメージ 1
「参道入口」

写真に写っているのは徒歩用の参道。車用の参道は西側にあり、モダンなコンクリート製の社務所の前に出る。

表参道を入ると一の鳥居。

イメージ 2
「一の鳥居(震災で倒壊。現在工事中)」

写真は2008年のもので、鳥居は東日本大震災により倒壊。現在は鳥居があった場所は立ち入り禁止のコーンが置かれていた。

階段を登って行くと途中で左、右というふうに曲がる。そして登り切るとまっすぐ先に拝殿が見える。

イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7

元々は仙台城内に伊達政宗公を祀った社殿があったという。

明治4年(1871)の藩籍奉還の後、藩主であった伊達宗基が東京へ移るにあたって、明治6年(1873)旧藩士をはじめとする住民が、伊達政宗を祀る神社を建設する許可を宮城県に請願し、明治7年(1874)6月25日に県社に列格され、同年11月11日に落成した。

現在の社殿は昭和2年(1927)の造営。


拝殿の右側に池があり、その先に家臣の霊を祀った祖霊社が鎮座する。(先日参拝した時は工事中だったため以前参拝した時の写真)

イメージ 8
「祖霊社」

青葉神社には現時点では2回参拝していて、前回は若い神職の方が、先日の参拝では初老の神職の方が応対された。恐らく後の方は宮司さん、ちなみに現在の宮司さんは伊達政宗の家臣であった片倉小十郎の子孫。

イメージ 9
「手水舎にある龍と政宗公の像」

手水舎には多分元々あった龍の脇に政宗像が建てられていた。前回来た時にはなかったような気がする。

政宗公の像は戦国BASARAとかKOEI作品の影響もあるのかイケメンだったが、個人的には社務所の入口にあった『Wake Up,Girls!』のパンフレットが気になった。

というのもまだ見たことはないけれど『Wake Up,Girls!』の舞台にもなっているようだ。絵馬も『Wake Up,Girls!』の痛絵馬がチラホラ。

『戦国BASARA』は直接関係していないけど『Wake Up,Girls!』しかり、後述の『艦これ』しかり…。『艦これ』も名取の艦内神社の分霊元ってだけで直接は関係してないけど二次元に縁のある神社でした。

イメージ 13
「ちなみにこちらは仙台城跡にある政宗公騎馬像」

イメージ 10





・軽巡洋艦 『名取』

帝国海軍の巡洋艦「名取」は宮城県南部を流れる名取川から採られました。

名取川は仙台市西部の奥羽山脈に属する神室岳を源とし、二口温泉・秋保温泉などがある渓谷部を通り仙台平野へ、途中仙台市内を流れる広瀬川と合流し仙台湾へ注ぐ。

「名取」の艦内に祀られていたのは青葉神社の御分霊。

採用された艦名が河川の名前の場合、その流域にある著名な神社から御分霊を奉斎する事が多かったようですが、青葉神社が鎮座するのは名取川の支流である仙台市内を流れる広瀬川の流域に当たります。


軽巡洋艦・名取は長良型軽巡洋艦の3番艦として大正9年(1920)に起工、大正11年に進水・就役しました。

太平洋戦争開戦時には第三艦隊所属・第五水雷戦隊旗艦としてフィリピン攻略作戦に従事、その後蘭印作戦に転じ、昭和17年3月1日のバタビア沖海戦に参加。その後も南方海域で活躍するものの、昭和19年8月18日、フィリピン・サマール島東方海面において、米潜水艦ハードヘッドの雷撃により沈没。

イメージ 11
軽巡洋艦「名取」(佐世保軍港)

起工:大正9年(1920)12月14日 三菱造船長崎造船所
進水:大正11年(1922)2月16日
就役:大正11年(1922)9月15日
排水量:5.170トン(基準)
全長:162.15m
全幅:14.17m
吃水:4.80m
速力:36.0ノット
兵装:50口径三年式14cm単装砲 5基5門、40口径八九式12.7cm連装高角砲 1基2門、九六式25mm三連装機銃 2基6門、同連装機銃 2基4門、同単装機銃 2基2門、13mm連装機銃1基2門、61cm四連装魚雷発射管2基8門、二一号対空用電探1基、水中聴音機1基、110cm探照燈3基
戦没:昭和19年(1944)8月18日
除籍:昭和19年(1944)10月10日


イメージ 12

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事