ナポリタンDEウィスキー

B級な食と酒と自分勝手な趣味の世界を綴る日々。ま、備忘録みたいなもんです。

YAHOO! ブログな日々

YAHOO! ブログです。


此のブログにアップした画像の容量が制限値に達したので


新たに「ナポリタンDEウィスキー 2」を立ち上げました。


アドレスは http://blogs.yahoo.co.jp/kazukuwa3です。


よろしくお願い致します。

この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

YAHOO! ブログな日々

YAHOO! ブログです。

えぇーと、宮城の食日記をアップしようとしましたら・・・

イメージ 1

此の様な無情な表示が出て参りました。

遂に、遂に出てしまいましたか・・・もう、このブログの更新は出来ないですね。

この記事に

開く コメント(18)

開く トラックバック(0)

GR DIGITAL IIIな日々

[リコー]のGR DIGITAL IIIです。

先週末から再び宮城の仙台をベースに気仙沼、石巻、東松島などへ出張してきました。

GW以来の被災地訪問。前回より瓦礫や車、船、散乱した生活用品は片付いてましたが

復興の道筋さえ見えていないような状況・・・国や県の役割分担が不透明なまま

日々が過ぎている感じで被災した民の方々の話を聞くと行政に対して憤りを覚えます。

で、1枚目は宮城の陸前階上にある[地福寺]の墓石です。

イメージ 1
(焦点距離:6mm、シャッタースピード:1/800秒、絞り値:F/6.3

津波で流された墓石をボランティアの方々が重機で拾って並べたそうで・・・

ご住職は「いったい何時元に戻るのか、光明すら見えません」と・・・そうですよね。

2枚目は[地福寺]の境内にあるいのりの広場です。

イメージ 2
(焦点距離:6mm、シャッタースピード:1/640秒、絞り値:F/6.3

ご住職のしたためた「いのって下さい あなたのまごころを 被災した人たちに

てを合わせ たむけて下さい 今だ帰らぬ人たちに あなたのおもいを

その手につつみ いのって下さい」という言葉が書かれていました。

3枚目は[地福寺]の隣に建つ[気仙沼向陽高校]です。

イメージ 3
(焦点距離:6mm、シャッタースピード:1/800秒、絞り値:F/6.3

ご覧のように気仙沼や石巻の街中と違ってちょっと外れるとまだまだ此の有様。

4枚目は宮城の仙台で行われた[第22回 仙台灯ろう流し]の灯籠流しです。

イメージ 4
(焦点距離:6mm、シャッタースピード:1/2秒、絞り値:F/1.9

流れる灯籠の彩りは綺麗ですが、何時も以上に物悲しさを漂わせていました。

5枚目は[第22回 仙台灯ろう流し]の花火です。

イメージ 5
(焦点距離:6mm、シャッタースピード:1/30秒、絞り値:F/1.9


最後は花火でフィナーレ、老いも若きも一瞬の花火に笑顔が弾けてました。良かった。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ソーセージライスです。


チキンライスやポークライス等、トマトケチャップで味付けした炒めご飯・・・


コイツを無性に欲する時があるんですよね、でも、鶏肉や豚肉が無い時どうするか?


イメージ 1

普通は買いに行くのでしょうが運良く棚にソーセージの缶詰があったので


ソイツを使ってソーセージライス♪・・・缶詰なので多めのバターで玉葱を炒めて


コクを出したところに輪切りのソーセージとやはり缶詰のグリーンピースを投入。


で、トマトケチャップの他に隠し味でウスターソースもチョロッと入れるのが私流。


イメージ 2

イメージ 3

うん、手前味噌ですが仕上がりは上々。出来立ての熱々を頬張ると笑顔になるねぇ。

この記事に

開く コメント(16)

開く トラックバック(0)

お刺身御膳な日々

調布の[展望レストラン たづくり]でお刺身御膳


+生ビール 中ジョッキ+新撰組「吟醸酒」 小瓶×2です。


お刺身御膳¥1,260-+生ビール 中ジョッキ¥530-


+新撰組「吟醸酒」 小瓶¥680-×2で、¥3,150-也。


相方が図書館で借りた本を返却するのにお伴した後、同じ建物の12Fにある食堂へ。


イメージ 1

此処は[東京ジューキ食品]が展開するレストランの一つで眺めが良いんですよ。


イメージ 2

イメージ 3

調布市の花火大会が行われる日は大盛況、何せ遮る建物が無いですからね・・・
(被災地で上げてるってぇのに今年は自粛というバ△なことで中止ですがね)


でも、そんな日と違い普段は混み混みじゃないから天気の良い日は最高なのです。


ランチはアラカルトが無いので酒飲みの方は定食の小鉢で飲むことになりますが


イメージ 4

イメージ 5

サッと食べてスッと帰る方には使える店だと思います。味は・・・ま、普通ですけど。

この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

かつ丼な日々

調布の[長寿庵]でかつ丼+ビール(中)です。


かつ丼¥850-+ビール中¥550-で、¥1,400-也。


先日、原宏一著「かつどん協議会」[集英社文庫]を読んでいたら
(誰でも此の作品の12ページを読んだらカツ丼が食べたくなる・・・筈よ)


急にかつ丼をガッツリと食べたくなって思案した結果此方へ行くことに・・・


イメージ 1

此処は前から寂れた・・・いえ、年季の入った外観が気になっていたんですよね。


でもって、ちょっと入りづらい扉を「エイヤ!」と開けて店内に突撃・・・


先客はテーブル席にお一人、なので私は座敷に腰を下ろして御献立表を確認、


イメージ 2

イメージ 3

ま、入る前から注文する品はかつ丼と決めていたのですが一応ね。ほぅほぅ。
(タヌキライス定食って何だろう?・・・¥800-というのが怖い)


外観からしてもうちっと安いのかと思っていました(根拠はない)が普通ですね。


ビールとかつ丼をお願いして先に来たビールとお通しの冷や奴で一息・・・ふぅ♪


で、15分程で待望のかつ丼が登場。蓋が無いのが残念ですが、まぁ良いでしょう。


イメージ 4

イメージ 5

甘辛のつゆが染みたサクッと感の残るカツと卵と玉葱を噛み締めご飯を頬張る・・・
(カツはそんなに厚くはないけど面積はかなりのもんだ)


うん、旨い、結構味が濃いのが又ビールに合ったりなんかしてね。ご馳走様です。

この記事に

開く コメント(9)

開く トラックバック(0)

カレーライスな日々

カレーライスです。


先日、[ハウス食品]のバーモントカレー<甘口>でカレーを作ったのが相方に


好評だったので再度作ることにしました(ま、ルゥが余ってたからなんだけどね)。


前回のはジャガイモや人参が無かったのですが今回はきちんと入った家庭のカレー。


イメージ 1

でも、それに手を加えてしまいたくなるのが私の悪い癖というか・・・


何かしら入れたくなるんですよねぇ・・・てなことで、消費期限が迫っていた


[ヱスビー食品]のブラウン缶 デミグラミックスをザバッと入れて暫し煮込み、


イメージ 2

仕上げに[丹那牛乳]のポランの牛乳&[カゴメ]のトマトジュースをIN!!


イメージ 3

で、2日目のカレーがコレです。ふむ、ちと火を入れ過ぎた所為で濃いかな?


イメージ 4

それでも「水で伸ばせば良かったね」と話しつつガッツリいただきました。はは。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

渋谷の[本家 しぶそば 渋谷店]で


夏野菜天そば なす・ズッキーニ・おくらです。¥500-也。


昼過ぎ、自宅作業を終えて出勤途中に渋谷にある行き付けの立ち食い蕎麦屋で昼飯♪

(考えてみれば自宅じゃなく会社でやった方が効率的だった気がする・・・)


イメージ 1

で、食事時は大概並んでる此方、今回も67人の方が並んでいましたが


そこは立ち食い(半分近くは椅子席だけど)なので回転良くすんなりと店内へ・・・


入って直ぐ右のとこで注文するのですが、此の日は何時もの明日葉天ではなくコレ。


イメージ 2

そう、入り口にあった「夏のおすすめ」という文句と写真にやられた訳です。はは。


供されたヤツはやはりというか、店頭の写真より衣を付け過ぎで大分貧相ですが


卓上の七味唐辛子をパパパッと振って掻き混ぜてズバババッとね・・・うん、旨い。


イメージ 3

立ち食い(半分近くは椅子席だけど)で¥500-はちと高いけど安定した味に満足。

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

チャップスバーグです。


ま、ようするにトマトケチャップスパゲッティーハンバーグ添えのことですね。


あ、「何でも縮めるのは日本人の悪い癖です」って忌野清志郎氏が歌ってたっけ。


まぁ、今回は勘弁して頂いて、取り敢えず付け合わせのコールスロー・・・


の、ようなキャベツサラダを作って「ビールビールビール♪」とね〜。


イメージ 1

そんでもって、一息付いたところでパスタを茹でて玉葱と分葱を炒めてパスタ投入、


そこにトマトケチャップ&ウスターソースとクレイジーソルトで味付け。


ここで何故ナポリタンじゃないかということがお解りになったかなと・・・


ハムやウインナー、ピーマンやマッシュルーム等の具が無かったからなんですねぇ。


イメージ 2

でも、神奈川の新百合ヶ丘にある[ハウスメッツガー・ハタ]のハンバーグのお陰で


イメージ 4

「うん、まぁまぁいけるじゃん!」てな一皿ではありました。ごちそーさん。


デザートは[モロゾフ]のカスタードプリン、自家製じゃないのが我が家らしいな。


イメージ 3

この記事に

開く コメント(12)

開く トラックバック(0)

シュークリームな日々

高井戸にある[白髭のシュークリーム工房]の


シュークリーム カスタード&生クリーム


+シュークリーム チョコレートクリームです。


シュークリーム カスタード&生クリーム¥390-×2


+シュークリーム チョコレートクリーム¥390-×2で、¥1,560-也。


相方の誕生日にプレゼントは贈ったけどケーキを忘れていたのを思い出しまして、


帰宅前に[白髭のシュークリーム工房]に電話をしたら「無いけど作りますよ」と。


「おぉ、売り切れてるけど作ってくれるのは有り難い」てなことで一路高井戸へ・・・


京王井の頭線の駅舎を出て目の前にある陸橋を渡って環8を北上し人見街道を右折、


イメージ 1

イメージ 2

駅から歩くこと10分少々で店に着き、代金と引き替えに品を受け取って速攻で帰宅。


イメージ 3

逸る気持ちを抑えて(て、相方へなのにね)夕食後にババーン!と開封しました。


イメージ 4

うん、見た目は完璧(女性や子供に受けること確実)。そして味の方もなかなかです。


イメージ 5

シューは結構硬めですが中のクリームが濃厚なのに甘過ぎないのでペロッといけます。


ところで、中のクリームの画も撮ったのですが、ちょっと哀れなので止めときますね。

この記事に

開く コメント(12)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事