川本かんとく陸上日記

川本監督@福島大学は、一体どんな生活をしているのか

全体表示

[ リスト ]

8時から全体ミーティング。
内容は、当然ながらひみつ

9時から結団式。
河野会長の激励などを受け、いよいよという感が高まってきました。
朝原主将と池田副主将の決意表明なども新鮮でした。
その中で「前回の世界選手権東京大会の時は、ここのいる選手たちは大部分が小・中学生でした。僕は大学生でしたが・・・・」のアドリブ?に一人受けていました。
なつみやももこは、小学校にも上がっていませんね。

終了後、バスで大阪移動。
世界選手権、まずは、ADセンターでADの取得。
大会期間中は、パスポートと同じくらい大切です。
そう、国内での大会ですが、AD発給にはパスポートが必要です。

次は、お昼ご飯。
今回のホテルは、レストランがない(簡単な軽食はOK)ので、歩いて数分の系列ホテルで食事です。
大阪で東アジア大会があったときに名スプリンター神野さんに鯛飯をごちそうになったホテルでした。
味は、超一流。

ホテルにチェックインして、15時過ぎにグランドへ。
今日は万博記念グランドで練習。
人も少なく、集中して練習ができました。
池田は、最後の跳躍練習。
本番で使用するスパイクの最終チェックも同時に行いました。

さあ、跳ぼう!としたときに夕立。
あっという間にピットは、水浸し。
「すみません、ピットの水をとりたいので、ブラシをお借りできますか?」
国体なら、インターハイなら・・・・・・
ここで、水をとってくれるのでしょうが、ここは世界選手権。
自分のことは、自分でやりなさい!ということでしょうか?
はい、ブラシ!

池田は、スコップを使って雨で硬くなった砂場堀、川本はピットの水かき。
今までの世界選手権でも、砂場馴らしの担当補助員はいたような・・・・・・?
ここは、「世界」小さなことを気にしていたら、何もできません。

でも、外国の選手にもそうですかね?
もう少し、ホスピタリティがあった方がいいような気がします。
日本各地で、大会前の練習をしても、もう少しホスピタリティがある感じですが・・・・
「日本の印象」としては、いかがでしょうか?

夜は、明日からの英気を養って・・・・・・

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

私もこのホスピタリティという点に関して、同感です。少なくともたくさんの国内外の選手をお迎えするわけですから。もともとは、旅人の足を湯で洗い清めた、心からのおもてなしが原点です。先日、スペシャルオリンピックスの本を読み、世界各地から参加する選手を町ぐるみで暖かく迎える様子が書かれていました。気くばりは、心くばりです。日本人本来の暖かさで、大会を迎えたいものです。

2007/8/24(金) 午後 11:40 [ rob*kun**2 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事