精神科医の犯罪を問う

このブログは皆さんに情報を知っていただくことが目的ですので、引用、転載、リンクは自由です。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全153ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

緊急情報です

明日、発達障害者支援法改正案が採決されると急遽決まりました。16時頃に障害者総合支援法改正案の採決があり、その後に発達障害者支援法改正案を前提とした一般調査の質疑があります。そして、その後に同法案の趣旨説明があり、即採決となります。

参考人として招致されているのは、日本発達障害ネットワーク副理事長の藤堂栄子氏です。つまり、理事長である市川氏は出て来ません。議員から自身の不祥事について公の場で追及されるのを恐れて部下を矢面に立たせるのかもしれません。

これが最後のチャンスです。最後の声を届けて下さい。明日質問する議員は以下の通りです。それぞれ10分の質疑時間が割り当てられています。それぞれのFAX番号もお知らせしておきます。

島村大 (自民) 03-6551-0415
佐々木さやか (公明) 03-6551-0514
川田龍平 (民進) 03-6551-0508
小池晃 (共産) 03-6551-1208
東徹 (維新) 03-6551-0510
福島みずほ (社民) 03-6551-1111
薬師寺みちよ (無ク) 03-6551-1012

支援を拡充することばかりが議論され、過剰診断や過剰投薬という問題について全く検証、議論されていない。これらの被害を防ぐためにどうするつもりなのか?

一部の専門家が特定の製薬会社から多額の金銭を得るという利益相反の構図があるが、まさにこの法改正を主導してきた市川宏伸氏について深刻な利益相反指針違反を無視、軽視するのはおかしいのではないか?

などと声を上げて下さい。文字通り最後のチャンスです。我々にとっても最後のチャンスですし、立法府が最後にして最低限の責任を果たす唯一のチャンスでもあります。ここで議員が何もせず、将来これによって大きな被害が出た場合、市民の警鐘に耳を傾けなかった責任が問われるでしょう。

この記事に

開く コメント(0)

人体実験

かつて、医学の進歩と称して非人道的な人体実験が公然となされました。そこに人権などというものは存在しませんでした。

しかしそれは過去の話ではありません。現在は隠された形でルールから外れた人体実験が行われています。

その被害は、発達障害と診断された子どもたちにまで及んでいます。超有名小児神経科医(医療機関は精神科も標榜)が、厚生労働科学研究と称し、倫理指針に違反し、説明も同意もなく適応外の薬を処方していた事例があります。レセプトには違う病名が書かれており、不正請求も疑われています。これによって重篤な健康被害に遭った人がいるのに、国はそれを救済するのではなく、その超有名医師をかばうために情報を隠蔽しました。

こういうことはいくらでもあるのでしょう。

昨日の朝日新聞も、本日の東京新聞も、聖マリアンナ医科大の不正な臨床研究を取り上げています。読売新聞がいち早く取り上げていましたが。詳細はこちらが参考になります。
http://blog.goo.ne.jp/lemon-stoism/e/90f22d153b553f44286e1eae1593d14b

この准教授である宮本氏は、統合失調症薬物治療ガイドラインを作成した人物の一人です。
http://www.asas.or.jp/jsnp/csrinfo/03.html

ガイドラインを作成するレベルの精神科医がこんなことをしているのです。もっとも、彼は精神保健指定医の不正取得にも関わって処分されていますが。

こういう人物が権威としてのさばっているのが日本の精神医療です。そしてその手は着実に子どもにまで伸びているのです。

この記事に

開く コメント(1)

神戸の暴走事件といい、こういう事件が絶えません。これは一種の無差別殺人です。
http://www.sankei.com/west/news/160518/wst1605180084-n1.html

法律に詳しい方、教えて下さい。

車を運転することを知りながらそのドライバーに酒類を提供した場合、道路交通法違反や危険運転ほう助の罪に問われます。
http://response.jp/article/2011/05/27/157040.html
車を運転することを知りながらその患者に十分な説明なく向精神薬を処方した医師の責任は問われないのでしょうか?

車で来院している患者に対して普通に何の注意もすることなく向精神薬を処方している精神科医がいます。

アルコールは危険を伴うので、酒類を提供する飲食店や酒店には取り扱いに責任があります。

向精神薬というもっと危険を伴う薬物を取り扱う医師(特に精神科医)は、患者が処方薬依存になろうと、人身事故を起こそうと、自死や殺人をしようと責任がないのですか?

少なくともその責任を問われた事例など知りません。

この記事に

開く コメント(0)

生粋の詐欺師

清々しいまでの詐欺師です。やはり診療報酬の不正受給もやっていました。

レセプトでっち上げで診療報酬を不正受給容疑、京都の医師を再逮捕
産経west 2016.5.12 14:50

 京都府警中京署は12日、虚偽申告で診療報酬を不正受給したとして、詐欺の疑いで京都市上京区一条横町の医師、清水光明容疑者(42)=有印私文書偽造・同行使罪などで公判中=を再逮捕した。

 再逮捕容疑は、自身が経営する上京区の訪問看護ステーション「清水の訪看」が患者3人に対して78回の訪問看護をしたと偽って、レセプト(診療報酬明細書)を作り、平成26年11月〜27年1月、市から計約66万円をだまし取ったとしている。

 同署によると、清水容疑者は「全く訪問看護をしていないのにレセプトを作成した」と容疑を認めている。3人は清水容疑者の診療所の患者で、市に「訪問看護を受けていないのに通知が来た」と相談。市が4月に府警に告発した。

 清水容疑者は患者をかたって交通違反の反則切符に記入したなどとして逮捕され、公判中。

そうです。この医師はあのトンデモない精神科医です。

産経west 2016.3.14 12:15

「患者になりすまし交通違反逃れ」被告の心療内科医、起訴内容認める 京都

 京都市の医師が不正取得した患者名義の住民基本台帳カードを悪用し、交通違反の摘発を逃れるなどした事件で、有印私文書偽造・同行使の罪に問われた、同市上京区の心療内科医、清水光明被告(42)の初公判が14日、京都地裁(中川綾子裁判官)で開かれ、清水被告は起訴内容を認めた。

 起訴状などによると、清水被告は昨年1月と11月、同市内の路上で交通違反で摘発された際、患者の男性を装って反則切符に名前を記入したとされる。

 清水被告は、患者名義の住基カードをだまし取ったとして、詐欺などの疑いでも京都府警に再逮捕されている

この記事に

開く コメント(0)

これは重要な情報です。
http://seishiniryohigai.web.fc2.com/seishiniryo/siryou/adhdyoubou.pdf

連休明けにでも発達障害者支援法改正案が提出されます。精神科医療機関に早期つなぐことが支援であると信じて疑わない人々によって、改正手続きが進められています。このような人々の考えを変えるのはどうしたら良いでしょうか?

それは、事実を突きつけるしかありません。特に、被害に遭った当事者や家族が声を上げるしかありません。精神医療被害者の多くは声を上げることすらできない状況です。しかしそれでも声を上げなければ、それはなかったものとみなされます。

是非、以下の署名にご協力をお願いします。特に、発達障害の受診や服薬を不当に強制されたり、ずさんな診療によって被害に遭われたりした経験のある方、もしくはその保護者の方は、賛同の際に体験談やご意見をお書き込み下さい。
こどもへの過剰診断・過剰投薬被害の防止(発達障害者支援法改正)

この記事に

開く コメント(1)

全153ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事