[別館]:乱れ言の乱れ書き

本館 (http://www.geocities.jp/tunezitugu/)

全体表示

[ リスト ]

宝石泥棒の予告状

イメージ 1

2007テーブルゲームフェスティバルに出展予定の「宝石泥棒の予告状」の紹介ページです。


概要


「宝石泥棒の予告状」は、予告状を送る泥棒(実際には盗みにいかず同業者が嵌るのが狙い)と
実際に盗む泥棒にわかれてディールを行なうという攻守トリックテイキングです。
またカードはほとんどダブルスート(2色の色を持っている)なのも特徴です。

予告状がでている貴族のもとに盗みに入ると失点のもとを受け取ることになります。
各ラウンドごとに失点を計算し、合計失点が一番少なくなることを目指します。


ゲームの流れ


POINT

まず、全員に貴族カードを手札として配ります(写真みたいなカードです)。
慣れて来たら特殊な配り方もありますが、基本的には普通に配りきりましょう。
貴族カードには「数字」「色(複数かもしれない)」「ペナルティシンボル(数字の下)」が描いてあります。


POINT

そのあとハーツのように手札の中から4枚を時計回りに交換します。
何がまわってきたかが右隣のプレイヤーの意図を知る手がかりになるかもしれません。
また回したカードで左隣のプレイヤーを陥れることができるかもしれません!!!


POINT

親プレイヤーは手札から一枚好きな貴族カードを自分の前にだします。
これが「予告状をその貴族に出したこと」を意味します


POINT

他のプレイヤーも時計回りに順に貴族カードを自分の前にだしていきます。
これが「その貴族の下に盗みに入る」を意味します。
このとき、どのカードを出してもかまいませんが、親プレイヤーと同じ色のカードを出してしまうと
その色1つにつき、出したカードのペナルティシンボルに相当するタブレットを受け取ります。
黄色いタブレットと青いタブレットがありますが、これは失点の元なので、
基本的には親のカードと違う色のカードをだすと失点は減るのです。


POINT

〜い任任織ードのうち、一番数字の大きいカードをだしていたプレイヤーが、
次の親になります。いわば、攻めにまわれるのです。
(使ったカードは手札に戻らず、次の親が裏向きにして手元おいてしまいます)
同じ数字が出た場合には、後から出たカードのほうが大きい数とみなします。

これを全員の手札がなくなるまで(9枚)繰り返します。
手札は全員1枚づつだしていくので同時になくなります。


POINT

こうして1ラウンドが終了したら、獲得したタブレットによって失点を記録します。
あらかじめ決めておいたラウンドをプレイするか、4ラウンドの失点合計が一番少ないプレイヤーの勝利です。


セット内容(予定)


・貴族カード40枚
・ペナルティタブレット黄色15個 青15個

但し、カードのみも可能にする予定です。チップなどで代用する人向き。


常時の小言(笑)


トリックテイキングの一番のとっつきにくさってなんですかね?
日本人にとっての一番のネックってマストフォローだとおもうんですよ。
よく分からないでゲームして、フォローの義務とかいわれても困りますよ。みたいな。
間違えても、それが露呈するのが結構先だし、ロールバックもできないし。
違うよー。なんていわれた日には、げんなりするんじゃないですかね(苦笑
そうでなくても、「見えない部分なのに規則性がある」っていうのも違和感かも。

ってことで、このゲームはマストフォロー以外のトリックテイキングの面白さを詰め込めないかな。
という感じのゲーム。
あの手札が少なくなってくると分かる後悔(笑
あーあーしておけばよかったのか?!っていう手狭になってくる感覚を重視してみました!

いうまでもなく手札がいっぱいあるうちは、親と色が被らないことそのものは容易。
とりあえず目の前のタブレットは受け取らずにすむんです。
でも、最後の1枚なんて避けようがないですからねぇー(笑
後半に行くほど、親権が重要になるゲームに仕上がっていると思います。


このゲームの原点はかれこれ1年半前に、mixiで募集していた創作ゲーム会(参加3名w)
で5色のトリックテイクとしてプレイしてみたものですが。
当時はこんびねーしょん5の2−。ってことで実際のダブルスートの組み合わせが10もあり
避けるのもカンタンだし、ペナルティに差はないし、カウンティングや場の操作はできないし・・・

っと今思えば「ただ避ければいいだけ」のゲームでしたー。
今は4色でダブルスートの組みあわせも4種しかありません。
弱いカードほどペナルティが低く、実はタブレットを受け取っているのに失点0というケースも存在します。
っと、この辺りに関しては会場で聞いてくださいよ(笑
システムマニアには話だけでいくつか基本戦略が思いついたりしますから。

半面で、単純に避けまわって、ぐわぁぁぁ。とかいって遊ぶことも可能です♪
馬鹿ゲー(笑)ともいわれた諸刃特殊カードでとんでもない事態が起きることもあるので
ありえないはずのことが起きてしまって、ちょwwwwうぇwwwwとかいってくれると幸せです(笑


カードデザイン上、1つのカードに複数の色を置くことはかなり苦戦しました。
カウンティングするにしてもかなりの障害になるとおもいます。
そういう視野的な感覚でも非常に運要素が高いように見えるとおもいますが
実はなかなか・・・慣れてくるとそうもいかないんですよ?(笑

ライトユーザーから派手好き、いたずらっ子(笑)、ヘビーユーザーまで対応できるはず?
ですので、トリックテイキング好きなら、ぜひ、手にとってみてください♪

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事