[別館]:乱れ言の乱れ書き

本館 (http://www.geocities.jp/tunezitugu/)

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

GM向け3つ目の記事になります。

ここで、今回の新作カードゲーム、Witchcraftの紹介です。


Mineoutと異なり、そんなに複雑なボードゲームではなく、
むしろいろんな人に楽しんでもらうことに(珍しく)焦点を絞った正体隠蔽・推理のカードゲームです。

今回から2回にわたり(前編・後編)紹介記事を書いていこうと思いますので、
今年のよろしくお願いいたします(例


世界観(説明書冒頭)



〜 以下、説明書冒頭 〜


魔法使いの見習いたちに魔法を教える学校・・・魔法学園。
最近、生徒や先生が惨殺死体で発見される怪事件が起こっています。
学園に伝わる伝説・・・魔女の悪行を彷彿とさせる見るに絶えない姿で・・・・
 繰り返される悲劇の中で、いつしか「学園の魔女」の存在が現実味を帯びてきます。
 魔女を退治するため、5人(先生と生徒)は伝説の調査を始めました。
彼らの目的は「学園の魔女」を見つけ出し、退治すること。
 しかし、伝説によると魔女は自分が殺した人間に化けることができます。
そう、この5人の中の1人が既に魔女であったとしても、何も不思議はないのです・・・・

 魔法使いが現れ、魔法学園ができる遥か昔から、人間たちは魔法を持っていました。
その魔法の名は「情報」・・・・
時に極悪人を聖人に祭り上げ、純朴な少女を魔女として処刑させる最も恐ろしい魔術。


〜 説明書冒頭終わり 〜


ということで、今回は「魔女裁判」をイメージし、カードゲームをデザインしています。
奇しくもPregame of Majority2とあわせて2タイトル同時魔女でございます(笑


このゲームにおいてプレイヤーはキャラクターを担当しています。(それを推理するようなゲームです)
そして、このゲーム中のキャラクターに魔女はいません。
しかしながら、魔女がいるかもしれないという疑念が、よからぬ噂を引き起こし・・・・
そんなゲームになっています。

プレイヤーは魔女の情報(得点)を集めるとともに、自分に魔女の疑惑がかからないように
情報をうまく発信することも大切になってくるのです。



つまりどんなゲーム?



このゲームにおいてプレイヤーは場札(写真のようなキャラクターカード)数枚から
カードを選び、そのキャラクターから情報を得たり、
あるいはそのキャラが魔女だという噂を流したりできるのです。

魔女騒動は2日間にわたって行われます。(それぞれ昼と夜)



【昼フェイズ】


手番のプレイヤーは場札としてでているキャラクターカードから、
2枚を選び・・・・

● 1枚のキャラカードから情報コマを得ます。
● もう一枚のキャラカードに対し魔女だという噂を発信し、噂カードとして手元に置きます。
  (このカードは噂を流した回数につき、どんどんと蓄積されていきます)


他にも魔女に関する資料のカードをとることもできます。



【夜フェイズ】

昼フェイズが終わったら、夜フェイズ(いわゆる決算フェイズ)を行います。
以下の3つを行います。

● 各プレイヤーは他のプレイヤーの担当するキャラクターを推理し、シートに記入します(色指定)
● 昼フェイズで獲得した情報コマに応じて得点を得ます。
  (プレイヤーが得点を得ます。キャラクターが得点を得るわけではない。)
● 全ての噂カードをあつめ、噂カードの枚数に応じて、そのキャラクターに疑惑点(失点)が入ります。
  (このとき、2日目なら魔女として殺されてしまうキャラが出るかもしれません・・・)


【ゲームの終了】

2日間がおわったら、
推理シートと担当キャラを公開し、推理シートの当たり外れによって得点のやり取りを行います。
また、キャラに入った疑惑点はこのとき、そのキャラを担当していたプレイヤーの失点として
計上されます。
(魔女として殺されてしまったキャラの担当者は脱落です・・・)




プレイヤーに入る得点を稼ぎながら、キャラに入る失点は防ぐというのが肝ですが、
推理シートのせいでキャラがばれてしまってもいけません。
このあたりのジレンマがはげしく、プレイヤーの性格などによって
展開が大きく変わるため、幅広い層にお楽しみいただけると思います。


まぁ、そのあたりの背景やでざいなーずのーとなどなどは次回に!

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事