目を覚まして日本人!

悲観主義は気分によるものであり、楽観主義は意志によるものである。(麻生太郎)

全体表示

[ リスト ]

 こんばんは!
(* ^ー゚)ノ-☆



 いきなりですけど・・・

 皆さんは・・・

「敗戦革命」

 という言葉を聞いたことはありますか?

 この言葉を理解することは、保守派にとっては必須条件と言ってもよいぐらい、

 絶対に重要なことなので、ぜひ、覚えておいて頂きたいと思います。



 この「敗戦革命」とは・・・

 旧ソ連の生みの親であるレーニンが編み出した理論と言われています。
 彼が母国のロシア帝国で成功させた共産主義革命をモデルとした革命思想のことです。

 この思想の概要は・・・
1)帝国主義国家同士を謀略でもって、お互いを戦争させる。
2)戦争当事国を疲弊させ、戦争による不満を充満させ、国家元首と国民を離間させる。
3)敗戦国はモラルも一気に低下し、国家元首が窮地に立たされる事で、追い落としが可能となる。
4)共産主義による新たな希望を持たせる宣伝活動と、謀略、時には暴力をもって国家元首を
  追い落とし、新たな共産主義国家を建国する。

 おおよそ、このような感じです。






 これをレーニンの母国に当てはめると・・・


1)日露戦争のきっかけは謀略とは言えないようですが、結果として日露戦争は彼の思惑通りに
  進行します。
2)ロシア帝国は戦争で疲弊し「血の日曜日事件」を起こしてしまい、国民も皇帝もお互いに
  疑心暗鬼に陥ります。
3)日露戦争の敗北以降ロシアは国内体制のたがが緩み、第一次大戦の戦況が思わしくなくなると
  皇帝一家も処刑されてしまいます。
4)共産主義の理想が国民を酔わせ、3度の臨時政府も躓づいて政情不安に陥ります。
  これは不思議とソ連が出来るまで続きました。








 この革命思想はレーニンの実体験によるものですから、

 かなりリアルに世界中の革命思想家に影響を与えたと言っても良いでしょうね。






 現実の世界では、日本の敗戦はアメリカ軍の占領によってなされたので、敗戦革命は

 目的の半分までしか成功しませんでした。しかし、ソ連にとっては、日本が戦争を起こした

 お陰で、アメリカを戦場に引ずり出し、支那大陸も結果として中共の手に落ちたので成功なのです。
 

















 さて、この革命思想は実は戦前の日本にも入り込んでいたことを皆さんはご存知でしょうか?

(´-ω-`;)ゞポリポリ








 こう言うと・・・

「えっ?まさかぁー、天皇陛下万歳と教えられた軍国日本が、」
「そんなことある訳、ないじゃぁ〜ん」 ┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ 

 ・・・って、言われそうですけど、

 もし貴方もそう思っていたとしたら、それは大間違いです。













 現実には、当時の日本では、民主主義がかなり進行していたので、受け入れられてしまっていたのです。

 モダンな先端思想として、特に日本の上流階級を中心に取り込まれていました。

 ただ、天皇家に対する忠誠心は国家の義務とする風潮があったので、

 誰もが公言できるような雰囲気に無かっただけです。

((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル










 逆に、今の時代のように、浅間山荘事件や成田空港闘争を見せ付けられた国民にとっては、

 共産主義の過激な思想を体感し、ソ連や北朝鮮の杜撰な国家体制を目撃した後なので、

 共産党のシンパも一定数以上には増えず、一歩身を引いて考える事ができますけど・・・

 当時は、まだ出来たばかりの新しいソビエト連邦は、それこそ・・・

光り輝く理想の国家

 ・・・に見えたものなのです。









 その光り輝く理想国家に見えるソ連式の共産主義思想をそのまま受け入れ、
 身も心も共産主義に囚われた・・・
『左翼』と


 天皇陛下を頂いたまま共産主義革命(国家社会主義体制)を起こそうという、
 奇妙な理想を掲げた・・・
『右翼』と



 当時の日本で、社会変革を望む連中は、結局は同じ穴の狢だったということなのです。

(;;´Д`)ノ はうぅ〜・・・








 では、なぜ受け入れられるような土壌が日本で育まれたのか?

 それは・・・





 当時、戦前の日本では、伸びていたと言っても、まだまだ国家の工業力が発展途上であったのに、

 台湾、朝鮮、南洋、後には満洲、等々の経営も背負っていたので、負担が重過ぎました。

ε-(;-ω-`A) フゥ…



 日本は 『いわゆる植民地』 から搾取するようなことをせず、国内の投資よりも外地への投資が

 優先されてしまい、東北地方の飢饉などが発生しても十分な対策が取れませんでした。

 そういう国内の背景があり、さらには海外からの人種差別的な不公平な圧力もあって、

 日本には社会全体にとっても息苦しい閉塞感が生まれてしまったのです。


ヽ(;´Д`)ノ クッ苦シィ・・・











 その打開策として、共産主義革命や国家社会主義体制は魅力的に写ったということです。

 そういった流れの中で5・15事件や2・26事件などの若手の軍人による決起があり、

 2・26事件などでは、昭和の天皇陛下を廃し、陛下の弟君である秩父宮殿下を擁立する

 考えを持った者もいたりしたのです。

(;゙゚’ω゚’)うわああああああ













 革命の名称こそ語られませんでしたが、日本の閉塞状況を打開するには・・・




「日本こそ敗戦革命が必要だ!」 ヽ(`д´;)/








 と、考える人間が少なからず、戦前には居たのです。



 さらにたちが悪いことに、軍部の官僚エリートの中にもかなり浸透していました。



 現代の保守派の人には、とても信じられないことかも知れませんけど、

















 
 紛れもなく、戦前の日本には・・・


















裏切り者、売国奴が国家の中枢にいた!




 という事です。



















 悲しく、怒りを強く感じることですけど・・・

(*´Д`)=3ハァ・・・










 戦前はエリート将校の全てが一生懸命に戦ったのではありません。

 愚かな売国奴や小役人の官僚軍人が日本を敗戦に導いた部分がかなりあるのです。

 どんなに庶民の兵隊が勇敢であったとしても、エリート将校のミスが多ければ戦争は負けます。

 ましてや、わざと負けるように仕組んだアホがいたとすれば、それは負けて当たり前です。











 逆に私達はそういう奴は、絶対に戦犯として追求するべきだと思うのです。














 GHQはそういう日本を敗戦に導いた・・・

 米軍にとっての功労者は、わざと追求しませんでした。

 そういう売国奴の多くは、戦後ものうのうと生き延びたのです。

ウリャァ!! (ノ-_-)ノ ~┻━┻・..。・















 終戦直後、陸軍大将の阿南惟幾さんが、切腹をする前に部下に語った言葉があります。



「米内を斬れ!!」 (#`Д´)o/ 
















 米内光政・・・



 この元海軍大臣はある意味、対米戦争を誘導したにも関わらず、

 GHQから呼び出しすら掛かりませんでした。

 現在では、彼は戦争に反対していた 『平和主義者』 というありがたいレッテルを貼ってもらっていて、

 それ以上に追求される気配さえありません。











 その米内光政は、なんと久間防衛省長官もビックリするような・・・











 こんな言葉を吐いています。














「原爆やソ連の参戦は天佑だった!」
( ̄ー ̄)ニヤリ












 因みに・・・

 米内は大正4年(1915年)にロシア出張をし、

 ロシア語も堪能で、19世紀の進歩的詩人プーシキンを愛読したりもしています。














 現代の日本を知るには、過去の真実を知る必要があります。

 まだまだ日本は、先の大戦を敗戦に追い込んだ・・・

 いえ、『敗戦革命』に追い込んだ本当の戦犯を裁けない国なのです。

(つД`)グスン 






★ ↓↓役に立ったらクリックしてね!!(* ^ー゚)ノ-☆

「くつろぐ」ブログランキング

この記事に

閉じる コメント(47)

顔アイコン

これは面白い記事です あらためて僕も記事が書きたくなりました 二点だけ反論させてください 戦前はコミンテルンの指令を受けていた人たちが現実にいて 本当にソ連を社会主義の総本山として信仰していました これは日本だけではなく中国も朝鮮もコミンテルンの指令で動いていました そして万国の労働者は団結すべきで全世界が団結して労働者農民の国家を作ろうとしていました そこではケイさんのように愛国心 民族主義を主張するものは階級の裏切り者として粛清されたのです

2007/10/17(水) 午後 8:37 ure*ruh**oshi 返信する

顔アイコン

僕の世代は左翼が退潮した時期ですが 以前はケイさんたちのような愛国心ナショナリストが戦争をおこすと言われていました 階級闘争に勝利して資本家がいない世の中になれば戦争はなくなるとインテリたちは信じていました ところがスターリン批判がおこり 中ソ対立がおこり ベトナムからボートピープルがあらわれ 中越戦争がおこり カンボジアの虐殺が明るみになり 文革が否定されました それでやっと目が覚めたのです

2007/10/17(水) 午後 8:48 ure*ruh**oshi 返信する

顔アイコン

第二点の米内のことですが 彼は愛国者です かれはロシア革命の現場にいて敗戦よりも国家のメルトダウン つまり国内の革命勢力が蜂起して内側から国家が解体することをなによりも恐れたのです 彼はすすんで敗戦を受け入れたのです 当然うらぎりもの扱いされます しかし本土決戦をつづけていけば必ずドイツ帝国やロシア帝国のように左翼による革命がおきると予想していました 「戦争から革命へ」というレーニンの「公式」が信じられていましたから 彼のおかげで本土決戦は避けられ皇室は残ったのではないですか

2007/10/17(水) 午後 9:09 ure*ruh**oshi 返信する

顔アイコン

こんにちわ 記事書きました 皆さんで見て下さい [http://blogs.yahoo.co.jp/ureeruhiroshi/23831852.html

2007/10/18(木) 午後 9:46 ure*ruh**oshi 返信する

>モダンな先端思想として、特に日本の上流階級を中心に取り込まれていました。

聞けば明治維新の元勲の一族や、皇族にすら活動に参加する者もいたとか。スキャンダルなものでひた隠しされたとか。

>その光り輝く理想国家に見えるソ連式の共産主義思想をそのまま受け入れ、身も心も共産主義に囚われた・・・「左翼」と天皇陛下を頂いたまま共産主義革命(国家社会主義体制)を起こそうという、奇妙な理想を掲げた・・・「右翼」と当時の日本で、社会変革を望む連中は、結局は同じ穴の狢だったということなのです。

これと全く同じ発言を敗戦直後に近衛文麿が自決する前に漏らしましたね。近衛はヒトラーかぶれ、ナチスかぶれの軽薄貴公子でろくでもない元首相。その孫があの細川護熙。祖父が祖父なら孫も孫。渡部昇一は「祖父や父親が立派なところは孫や息子も立派で、反対に祖父や父親がダメなところは孫や息子もダメ」と自著内で言った事がある。

2008/1/31(木) 午前 9:06 [ - ] 返信する

>わざと負けるように仕組んだアホがいたとすれば、それは負けて当たり前です。

それってもしかしたら、ノモンハン事件で日本軍に壊滅的な敗北をさせた関東軍参謀の辻政信中佐もそうかも。いや、何の確証もないけど・・・・。何の反省もなく杜撰な作戦ばかり立てて勝ったためしがない上に、越権行為も甚だしかったというから。

>陸軍大将の阿南惟幾

この人物の六男末っ子が阿南 惟茂(あなみ これしげ)。悪名高いチャイナスクールの大物で、前中国特命全権大使(2006年に退任)。今から6年前(2002年5月)支那の「瀋陽総領事館北朝鮮人亡命者駆け込み事件」で脱北亡命者を保護しようともせず、「追い返せ」と支那にゴマ擦るような発言をして、世のバッシングの嵐を浴びた大馬鹿者大使。

2008/1/31(木) 午前 9:07 [ - ] 返信する

ヒロシさん。そうですね。コミュンテルンは国家の枠を超えて革命の総本山への忠誠を誓わせて、結局はロシアに奉仕させるようにさせていたという事になりますね。

2008/2/1(金) 午後 10:56 keinoheart 返信する

ZODIACさん。こんばんは!(* ^ー゚)ノ-☆ なるほどぉ〜渡部昇一さんはそう仰ったんですか。まさしく、祖父や父親がダメなところは孫や息子もダメ・・・を体現していますね。細川氏。まさに辻正信などについては、わざととは言わないまでも、愚かで日本軍を負けに追いやったまさに『超A級戦犯』ですよ。あいつのせいで何人の尊い犠牲が出たことか・・・辻ばかりは絶対に許せん!ヽ(`д´;)/うがぁ! です。

2008/2/1(金) 午後 11:00 keinoheart 返信する

顔アイコン

「風車@@ 風が吹くまで 昼寝かな」

文官にて唯一の首チョンギラレレレノレェェェへ〜ェ、「広田弘毅首相」。しかし、『米内光政』海軍大将、武官であるの己(オノレ)が一番に首チョンギラレの恵、天恵の筈、天啓恩恵、恩刑、免れたのであらうか?
山本五十六が司令長官になった頃、ハーバード大学ルートの情報で、米国の海軍力は山本五十六が司令長官である間ならば、日本に撃って出ても勝算があり、悪く行っても五分五分で決着がつく。早々に戦端を開くべきだという海軍側の意向が伝えられて来た。しかもその理由の中に一項目、山本はフリーメーソンの結社員だからという条項が入っていた。(略)
(略)戦時中、米内光政の身内や縁故者たちから、国の機密に属する事柄が敵国に流されていたことは事実であり、しかもその事柄が、日本の戦争遂行を不可能にするほどの重要なものもあったことを特筆しておく。 削除

2008/3/17(月) 午前 2:45 [ 高岡 清風 ] 返信する

高岡 清風さん。イラッシャイマセ。山本五十六もそうだったとしたら、まさにまんまと日本は罠にピッタリと嵌ったということでしょうね。悔しい。アメリカの裏社会はかなり奥が深いみたいですね。世界を本当に破滅に導いているような気がします。

2008/3/18(火) 午後 11:23 keinoheart 返信する

顔アイコン

どうも!考えてみれば、ソ連とアメリカは同盟国だったんですよね。第二次世界大戦には。アメリカの中にもソ連のスパイが入っていました。アルジャー・ヒスとか。アメリカの財界人もトップの方の息子になると結構赤いんですよ。米内がフリーメーソンかアメリカの手先か、それともソ連の手先かはわかりませんが、(案外全部だったりして・・・)、戦後になって糊塗されてごまかされた部分は相当ありますよ。 削除

2008/9/13(土) 午後 8:18 [ アルル ] 返信する

アルルさん。そうです。米ソは同盟国しかもルーズベルトは大の共産主義シンパシー。戦後、米内光政は支那への軍事介入の先鞭を付けたクセに東京裁判で呼び出しを食らわなかった。内通していた証拠でしょうね。日本海軍の一部トップは染まってたと思います。海軍全体もそれに引きずられたんでしょうね。

2008/9/26(金) 午後 9:33 keinoheart 返信する

顔アイコン

平和主義に隠れた「社会主義大国」への売国行為か・・・・。
そういえば、日露戦争時にニコライロシアが革命が起きて押し気味のドローで日本が勝ったのは、日本のスパイがレーニンをけしかけたとの説があります。(今のところそれを示す証拠はありませんが・・)
日本も同じことをやられたのですね。
第二次大戦時から冷戦が始まっていたとの説もあります。
アメリカのルーズベルトの周りにもKGBのスパイが潜り込んでいたこともあったみたいですので、コミンテルン陰謀説はあながちでたらめではなさそうです。(田母神氏はその説を言ってクビになってしまった)
おそらく、ソ連はアメリカを叩く為に日本を赤化したかったか、完全に潰したかったのでしょうね。

2009/1/20(火) 午後 8:36 [ マクシミリアン・テルミドール ] 返信する

マクシミリアン・テルミドールさん。
【日本のスパイがレーニンをけしかけたとの説があります。(今のところそれを示す証拠はありませんが・・)】
そうですか?明石元二郎氏が活動していたことは、状況証拠からも確かですよぉ。資料は確かにスパイですから少ないようですけど。

【コミンテルン陰謀説はあながちでたらめではなさそうです。】
うん。そうですね。私はデタラメとは思っていません。それが真実だと思います。陰謀っていうのは、成功したら表に出てこないものです。歴史に残っている陰謀は、全て失敗した側の事件ですからね。

2009/1/22(木) 午前 1:36 keinoheart 返信する

顔アイコン

なるほど、、、ふむふむ。確かにそうですな。確か米内氏はソ連に日本軍艦船を拿捕させるべし、、、のような発言をされていると本で読んだことありますね。戦後史観というものは事の真実を歪める…はぁ。

2009/1/31(土) 午前 10:59 [ 古の碧き泉より ] 返信する

古の碧き泉よりさん。
でしょ?そうなんです。事実が曇って見えなくなったことが一番辛いところです。私は戦前について全てにマンセーするつもりには成れないですし、サヨク史観や自虐史観じゃなくって、本当に国益から見て、悪かった点をハッキリとするべきだと思っています。そもそも『負けた』という現実があるのですから、その一点だけを考えても、必ず欠陥や欠点などの悪かった点があったはずですから。

2009/1/31(土) 午前 11:15 keinoheart 返信する

顔アイコン

ケイさん、いつも知的好奇心を全開で刺激する記事を有難うございます。売国奴はいつの時代にもいますね!

「大東亜戦争」「フリーメイソン」でググると山本五十六が超A級戦犯であることが克明に書かれています!

ユダヤ・フリーメイソンの最終攻略目標は日本だと思います。アインシュタイン(猷)も、「万世一計の皇室をいただく日本が最後の盟主になる」と予言しました。だからそれを阻止しようとする勢力がFMではないかと思うわけです。
鳩汚ミンスで首まで闇に浸かった様に思います。 削除

2010/1/30(土) 午後 6:16 [ アキュポン ] 返信する

顔アイコン

<『聖書』書換えドラマシリーズ>等々も御検証下さい。
プロテスタント・ロシア正教は、穴場です。
戦中戦後に掛け「関東軍が極悪非道な事を遣った」と喧伝されていました。歴史検証すると「カントー軍の悪事の実質内容が広東軍の事」だった様です。
「俺達の居ない方、向いてホイ!」と隠れてた人々が真犯人の可能性が高いですね。
海軍は罪追求が無い?

真珠湾は「チョッパリに真珠湾」で確定の様です。
他同様に、最初にハワイゲットすれば、後々の対米戦が有利でした。
ハワイ王朝が米国に乗っ取られた経緯も在り、ハワイには日本人移民も大勢居ました。
「アジアミクロネシアの植民地支配からの解放と自立独立支援」を掲げた大日本帝国軍が、他同様に保護地としなかったのは変。
戦後、キリスト教信者の真珠湾攻撃関連者がハワイで活動しています。
「謀略が巨体過ぎて視野に入らないから大丈夫作戦」ですね。「まさかの心理」、まさかそんな事、まさかそんな人達が、を悪用した作戦の様です。
http://blogs.yahoo.co.jp/nao_a_jp/10352560.html

2012/12/20(木) 午後 4:34 [ nao**_jp ] 返信する

自虐東京裁判史観
でも無く

自衛戦争史観
でも無く

敗戦共産革命史観

一番当時の
流れ
特にエリートの行動を
説明することが出来ます

敗戦革命を
本気で実行したことを
史実として
日本人は認識しなければ
日本人はまだ戦後を
迎えていません

まだ
戦中の思想戦を
戦っている状態です

2014/2/21(金) 午後 10:10 [ 勘太郎 ] 返信する

はじめまして。僕も歴史研究、政治研究してたまにブログに投稿しているのですが、どうも特攻を推奨した陸海軍の幹部は隠れ共産主義者だったんじゃないのか。 
特に特攻の言い出しっぺ的な存在の米内、黒島という隠れ共産主義者。 
とどのつまり特攻とは体のいい粛清であり日本版の文化大革命だったと。 
無論海兵隊みたいに陸海軍の盾になる生の特攻隊や特攻艇をスパイ映画さながらに突入して艦を撃沈させるなら生の特攻隊ではあるが大東亜戦争時陸海軍は特攻を指揮しておいて上層部の無責任ぶりは共産主義者に乗っ取られたんじゃないだろうか。 
かの栗林が陸軍内では邪魔者扱いされていたくらいだし。

2014/3/30(日) 午後 10:33 [ 山芋おろし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事