全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全47ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

解体除去された部品

解体除去された部品の多くは、グリーンパーツとして、主に東南アジア方面に輸出されている。
自動車業界は、設計の改善や統一部材の使用によって部品リサイクルの容易化を図り、プラスチック部品についても素材の種類別を表示して分別の簡易化を進めている

この記事に

開く コメント(1)

使用済み自動車は、販売会社や中古車販売業者、整備業者などから解体事業者に引き渡され、再利用可能な部品が取り除かれた後、エアバッグ回収、フロン回収等の後、シュレッダー業者に引き取られて破砕され、金属類が回収され、シュレッダーダストは製造業者等に引き渡される。解体事業者は全国に約5,000社、解体後の廃車ガラを処理処分するシュレッダー専業者は約140社あるとされる。

この記事に

開く コメント(0)

ロハス建材

天然の鉱物繊維、それがアスベストになります。溶岩と熱水等が有る特別な条件の元で反応を起こす事で繊維状にアスベストが成長して行くと言う物だそうです。
アスベストの代表的な物としては、クリソタイル(白石綿)、クロシドライト(青石綿)、アモサイト(茶石綿)と言う3つの種類に大きく分ける事が出来ます

この記事に

開く コメント(0)

ロハス建材

「アスベスト」と言う物を知っているでしょうか。別名「石綿」とも呼ばれている物になります。少し前、健康被害について挙げられたと思いますので、記憶に残っている方も多いと思います。
アスベストは火を付けても燃える事が無いので残る性質を持っています。分かりやすいイメージで言うと、昔学校で理科の実験をしたと思います。アルコールランプと一緒に使っていた石綿金網が有りますよね。それがアスベストの性質なんだと思って頂ければと良いと思います

この記事に

森林伐採・火入れなどが繰り返された痩せ地ではアカマツが二次林を形成するため、西日本ではアカマツの二次林が広く分布し、いわゆる里地・里山の重要な構成要素となっている。これらの二次林や建材などを目的として植えられた人工林は古くから人為的に管理されてきたが、近年は放棄され荒廃していることが多く各種の問題を生じている

この記事に

全47ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事