「いつでも青春♪」

「夢さえあればいつでも青春!」

全体表示

[ リスト ]

舟木一夫さん50周年ファイナル・新橋演舞場の三階からの眺めです。
一見遠いように見えるかもしれませんが、意外とそうでもないです。
勿論双眼鏡は必携ですよ。
左に花道が見えますね、ここから登場したり普通に使われます。
イメージ 1
 
舞台の第一部はペリー来航にゆれる幕末の頃のお話です。
特別ゲストの里見浩太郎さんが時の大老・井伊直弼役を
舟木さんは、その井伊直弼を補佐する国学者・長野主膳役
 
里見さんがWメインとしてとても芝居に重厚感が溢れていました。
これはさすがと云うか、並みの役者さんとは器の違いを感じました。
舟木さん一人では負担が大きい処を見事にカバーされていました。
 
芝居の流れとしては、14番目の順位のしかも、側室生まれの、井伊直弼が35万石の彦根藩主
を受ける決心をするところから辺りからが見どころとなります。
その決心をさせる役柄が舟木さんの国学者・長野主膳の手腕の見せ所です。
 
そしてペリー来航により時の幕府は井伊直弼を大老職に任命します。
井伊直弼は開国派であり、国論は圧倒的に、攘夷派でした。
諸外国は朝廷と幕府の二重政府と見ては、この国難を防ぐには攘夷派を徹底的に
弾圧するしか道は無い!
 
これが長野主膳と井伊直弼の結論でした。
そうして有名な”安政の大獄”が過酷な程に取り締まり、処刑されました。
これにより井伊大老は攘夷派の諸藩士により命を狙われる事になりました。
 
春浅き節句の頃の珍しい雪降る中での登城時、”桜田門外の変”として有名な水戸藩士による
襲撃に遭い、米国との友好通商条約締結の道半ばに於いて一命を落としました。
シンプルな舞台の中で降りしきる雪の場面での劇的な襲撃シーンは演出効果は見事なものでした!。
 
これ以降開国派は一転して命を狙われる事となります。
舟木さんの長野主膳も国元に帰る処で舞台は幕となります。
葉山葉子さんの一途な愛を振り切って・・・。
イメージ 2
この芝居に於いて極めて重要な役どころをこなされたのが
舟木さんの舞台では無くてはならない葉山葉子さんです。
メインの二人に愛されてまた開国の重要性を誰よりも強く認識し、そのためには己を捨てて
長野主膳の力となり、井伊直弼を助けるために必要な朝廷を説得しようとする役どころでした。
このメインの三人の筋が見事に展開します。
 
私見ですが、この芝居によって初めてこの辺りの歴史の意味が理解できたと思います。
今までの軽い内容とは趣を大きく変えた本格的な芝居でした。
コンサート情報は多くの方が情報を詳しくUPされていますので
そちらをご参考にして下さい。
 
春日局さん すみません、そのまんまお借りしました
 
ひまわりさんのブログです。
 
武蔵野舟木組  さすらいさんのブログ↓
 
春日局さんのブログです!
 
フリー談話室↓
 
満天の星Lovelyさんのブログ ↓
 
山法師の花 ゆふぎりさんのブログ↓
 
イメージ 3

この記事に

閉じる コメント(16)

顔アイコン

新橋演舞場は新しい歌舞伎座が完成するまでの3年間、歌舞伎見物にほぼ毎月通って三階席常連組でした。私も今回の公演はほとんどが三階席ですよ。オペラグラスさえあれば充分に楽しめますよね。ただし、手ぬぐいは三階までは飛んできそうにもありませんが(笑)ボールのラケット打ちでなら舟木さんは飛ばせますけど『花の生涯』は男性が観る視点と女性が観る視点とはちょっと違うかもしれませんが葉山さん演じる「たか」の評判がとってもいいのは演出の良さとも言えるからも知れませんね。50周年にふさわしい重厚で華麗なお芝居だという感じがとてもよく伝わってくるいつでも夢を♪さんのレポート、私の所見は13日ですがワクワクしながら拝見しました。ありがとうございました。私のブログでも御紹介させていただきますね

2013/6/9(日) 午後 4:57 春日局 返信する

顔アイコン

いつでも夢を♪さん
3階席から重厚なお芝居を楽しまれて感激の余韻に包まれていることでしょうね。合わせて舟友さんのブログのご紹介も有難うございます。私もこの時に上京したいと願っていたのですが、行けなくて残念でしたが。このようにみなさんにブログを通じて瞬時に様子がうかがえてとても嬉しいです。有難うございます。

2013/6/9(日) 午後 5:21 すずらん 返信する

いつでも夢を♪さん
今、みなさんのブログ拝見させてもらって
感激に包ませています。
3階席からは迫力ある舟木さんをご覧になれたことと
思います。
松山で公演された時は是非行きたいと思っています。
新橋演舞場の情報ありがとうございました。

2013/6/9(日) 午後 5:38 ゆめ 返信する

顔アイコン

春日局さん
済みませんそのまんまコピー・貼り付けをさせて頂きました。
そうですね、男性の視点と、女性の視点では感性の違いが出るのでしょうね。
今回の「花の生涯」は本格的な演劇としても十分に通用する
出来栄えと思います。
里見さんの存在、葉山葉子さんの見事な演技、そして全く引けを取らない見事なまでの舟木さんの演技でしたね。
コンサートもとても楽しめましたね。

2013/6/9(日) 午後 5:46 [ いつでも青春♪ ] 返信する

顔アイコン

今晩は。
里見さんとの共演で本当に重厚な舞台に仕上がっていました。ナレーションの内容が、見事にわかりやすくまとめられていましたから、幕末が苦手な私も頭が整理できました。

2013/6/9(日) 午後 9:11 ゆふぎり 返信する

顔アイコン

ゆうぎりさん
二日間に渡ってすっかり堪能されましたね。
私も当日は昼夜公演を楽しみました。
両方とも三階席です。(笑)
舟木さんは若いし、お元気ですね〜。
本格的な芝居と、すぐのコンサートの掛け持ち出す。
普通の人ではとても真似もできないと思います。
55周年までお元気で楽しませて頂きたいですね。

2013/6/9(日) 午後 9:27 [ いつでも青春♪ ] 返信する

顔アイコン

こんばんは。
お芝居と歌が楽しめる舞台でしたね。
里見さんも大好きですよ^^

2013/6/9(日) 午後 9:27 [ 名無し ] 返信する

顔アイコン

ともさん バレエではありませんが・・・(爆です)。
舟木さんのエネルギーには本当に驚きです。
芝居も本格的なものでした。
里見浩太郎さん何と77歳!
とても見えませんでした。
芝居に重厚感がまるで違いました。
さすがと云うほかないですね。

2013/6/9(日) 午後 9:41 [ いつでも青春♪ ] 返信する

顔アイコン

いつでも夢を♪さん こんばんは
昨日は昼夜ともに舟木さんをお楽しみになれて、本当に良かったですね。いつでも夢を♪さんの丁寧な時代背景のご紹介で、このお芝居の骨格、全体像、流れがとっても判り易くなりました。里見さん、葉山さんという役者さんに全く引けをとらない舟木さんの演技が嬉しいですよね。舟木主膳さまが、”葉山葉子さんの一途な愛を振り切って”いくのが残念ですが、、。私の方はまだ簡単な内容と感想しかご報告できておりませんのに、春日局さんに続いて皆様にご紹介して頂き、本当に有難うございました。

2013/6/9(日) 午後 11:02 満天の星Lovely 返信する

顔アイコン

いつでも夢を♪さん
こんばんは
立派な演舞場のようですね。
歴史に弱い私ですが、詳しい時代背景をお教えいただきまして
ありがとうございました。
素晴らしい舞台内容で拝見したくなりますよ。
ご報告を感謝しています。

2013/6/9(日) 午後 11:46 [ ななせ ] 返信する

顔アイコン

いつでも夢を♪さんこんにちは。
今回の演舞場のお芝居は素晴らしいようですね。
早く、観たいです。
私は諸事情で25日が初日です。遅い!!
ご覧になられた方々が羨ましいですが、楽しみにプログを訪問しております。
ありがとうございます。

2013/6/10(月) 午前 10:32 [ kaoruko ] 返信する

顔アイコン

すずらんさん コメントが遅れてしまい申し訳ありません。
もしかしたら上京してご一緒できたかも知れないのでしたか!
今度は無理としても次の機会も有りますので
楽しみは取っておきましょうか。(笑)

2013/6/10(月) 午後 8:06 [ いつでも青春♪ ] 返信する

顔アイコン

夢ひとすじさん コメントが遅れて申し訳ありません。
三階からでも十分に楽しむことができました。
結局昼だけの予定が昼夜同じ三階から楽しみました。
舟木さんお元気ですね!
驚くほどでした。
これなら55周年も夢ではありませんね!。

2013/6/10(月) 午後 8:10 [ いつでも青春♪ ] 返信する

顔アイコン

満天の星さん
舟木さんの昼の舞台の後でのミニOFF会楽しかったですね!。
結局あそこで夜の部も見る事に決めた訳ですので・・・。
今までの舞台も良かったと思いますが
私としては今回の「花の生涯」は本格的な舞台として高い評価を頂けるのではないかと思える出来栄えでした。
三人の個性が見事に融合していましたね。
里見さんの見事なまでの井伊直弼の重厚さ!
舟木さんの切れ味鋭い長野主膳!
そのお二人から愛されながらも武士と云う宿命に泣く
葉山葉子さんの見事な支えぶり!
とても堪能できた舞台でしたね。

2013/6/10(月) 午後 8:18 [ いつでも青春♪ ] 返信する

顔アイコン

ななせさん
私は舟木ファン復活組ですので過去の沢山の舞台は
見てはいませんが、今回の舞台は大変立派な本格的な仕上がりになっていました。
演出の見事さ!
里見さん、舟木さん、葉山さんの三人の個性が見事に生かしあって素晴らしい舞台になっていました。

2013/6/10(月) 午後 8:23 [ いつでも青春♪ ] 返信する

顔アイコン

kaorukoさん 25日が楽しみですね!
初日のお話を伺いますと、色々ハプニングも有ったようですが
それも生舞台の楽しみの一つでしょうね。
二日目の舞台ではすっかり安心して観られました。(笑)
舟木さんのかぶられていた編みがさを立て懸ける時に
倒れてしまうような事も有りましたが只のご愛嬌です。(笑)
25日までもう幾つ寝ると〜〜〜(爆ですね)。

2013/6/10(月) 午後 8:30 [ いつでも青春♪ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事