全体表示

[ リスト ]

建築基準法の学校とは ケータイ投稿記事

皆さん、こんにちは。
Kenビジネススクールの田中謙次です。


今日は、企業研修の講師、予備校の講師、Kenビジネススクールの法律入門講座商事法の講師と、一日中講師でした。


予備校(ネットスクール)では、都市計画法と建築基準法の講義。


私としたことが建築基準法の用途規制の一部を授業中に度忘れしてしまい、休み時間中に必死に六法を巡る…。


基本的なことなのですが、学校に幼稚園が入るかいなか。何故だか、急に自分の記憶に自信がなくなり、じっとりとおでこに変な汗がキラリ


ただ、ネットスクール(千代田区神田錦町)での授業だったので、近くに六法全書も模範六法もなく、持ち歩き便利な宅建六法のみ…。


講義中にこんなに焦ったのは久しぶりだった。


レック本校で、100人くらいの生徒を前にマイクをもって初講義したときに、話す内容を一瞬忘れて、汗が流れ落ちたことを思い出す。
『ここ、あ…暑いですね〜』とごまかして講義を続けたっけな…。


宅建六法には、建築基準法は載っているが、学校教育法が載っていない。


建築基準法48条及び別表第二には『学校』とあるが、学校の定義はない。
学校教育法1条に『小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、大学、高等専門学校、特別支援学校、幼稚園』と記されている。


サクッとうかる宅建厳選過去問ドリルの解説にも、これを調べて書いたのですが、人間の記憶は曖昧です。


ついでに、学校教育法を全部読んでみました。
そして、面白い事に気がついた。


幼稚園の目標の中に『幸福な生活のために必要な日常の習慣を養い…』の文言があり、小学校の目標の中にも、同じ文言を見つけた。
しかし、中学校からは、『幸福』という文言が消えている。

なるほど、中学生になると不登校や自殺者が増える。


何かあるのかな…。




Kenビジネススクール
代表 田中謙次
〒160-0023東京都新宿区西新宿6-12-7ストーク新宿1階
TEL:03-5326-9294
Fax:03-5326-9291

会社ホームページ[http://www.ken-bs.co.jp/
NPO法人ホームページ[http://www.ken-bs.co.jp/indexnpo.html

閉じる コメント(0)

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.

よしもとタレントがコンテストに挑戦
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事