GXRとともに。

ブログ更新がぁぁぁぁ〜〜〜〜できてにゃい〜〜〜〜!!!(=^・・^=)

全体表示

[ リスト ]

また気が向いたので、連載開始します。
 
今回のテーマは、『昭和の街へ......。』
(途中から、『残しておきたい風景』になるかもしれません。)
 
昭和の匂いというのは、一人一人違う匂いを思い出すものと思います。旧いアナログテレビと雑音の多いラジオ、二層式洗濯機、金属製のカクカクした扇風機、ボンネットバス、クロムメッキの自動車バンパー......。
 
あなたは“昭和”という響きに、何を思い出しますか?
 
 
イメージ 1
『ここからは手動開閉式になります。』
 
時代とともに、鉄道は更新される。
だが最新の車両なのに、ある駅を基点に手動開閉式となる。
それだけ、乗降客数が減っていくからか。
 
それとも、ここからは、昭和の街へタイムスリップするからか・・・。
 
 
 
イメージ 2
『大いなる旅路』
 
懐かしの映画看板。
木造の休憩室。木造の駅舎。
 
昭和の時代を彷彿とさせるものの中に、木造の建物は切っても切り離せない。
それは、日本が戦後に林業を国策として行ってきた時代背景と、
木を基に様々な歴史的建造物を築き上げてきたという日本の住空間に対する思想的背景が
相俟うため、両者は語るうえで切っても切り離せない。
 
木造の家に懐かしい息吹を感じるのは、木が幹を離れてもなお生きており、
住む人、使う人とともに呼吸し、朽ちるからこそだろう。
 
つまりそれは、木に感謝し、木とともに生きた人間の歴史でもある。
 
昭和の生活を記録した映画用8mmフィルムには、そうした日本人のルーツが克明に記録されており、
マタギ、林業、山の神等が合一となって山を支えてきた人々のドラマに、ただただ感動する。
 
 
都市部を離れねば、見えないものがあるので、それを探しに行こう、というのが今回の旅。
旅と言っても、都心からそれ程離れていないので、気楽に行ける。
 
私が求めるものは果たして、ここにあるのだろうか?
 
 
-----------------------------------------------------------------------
Photo①: RICOH GXR + GR Lens A12 28mm F2.5
プログラムシフト(P), AWB, 画像設定(Std), ISO200, f/2.5, 1/50sec, マルチパターン測光, JPEG
 
(カラー×モノクロのコンビネーション。Adobe Photoshop CS6.0にて一部のみカラーを残し、他はGXRで撮影したカラー画像と白黒画像をコンビネーションさせた。僕の眼差しは、このように見えた。)
 
-----------------------------------------------------------------------
Photo②: RICOH GXR + GR Lens A12 28mm F2.5
プログラムシフト(P), AWB, 画像設定(Std), ISO200, EV補正 -0.7, f/4.0, 1/250sec, マルチパターン測光, JPEG
 
(①と同様の原理で、カラー×モノクロ(Yeフィルター/セピア)コンビネーション。木造の駅舎は濃いセピア、
 映画看板はカラー。色味はGR 28mmの捉えたままに、カラーのレタッチは一切しないのがポリシー。
 
 今なお、スナップシューターとしてのGXRの実力を信用できるからだ。)
 
 
(この場所にもう一度来たくなった。
 昨年の夏の暑い日に、一度来た。GXRとともに。
 
 A12 28mmとともに初めて外出して撮った場所が、ここだった。印象に残っている。
 もう一度、GR 28mmで、捉えたくて。GR 28mmが、僕の目に忠実だったから。
 
 あの時撮ったものは、まだGXRと人馬一体でなかったから、完璧主義の僕からすれば撮った写真は不完全な
 ものばかりだったと思うけど、あの時の感性はあの時の自分にしか、なかった。
 
 だから、自分を信じて、あの時の写真を失敗だったなんて、決して思わない。
 なぜなら、一目惚れして手にしたGXRが、あの時の僕の目の代わりになり、眼前の事物を捉え、たまたま
 投稿した数枚の写真がこのブログを支えるほどになった、思いがけない大きなきっかけになったから・・・。)
 
 

この記事に

閉じる コメント(4)

アバター

青梅駅ですか?
東京西部や埼玉西部の路線って待ってても扉が開かなくて、
乗り過ごしそうになったことがあります(・・;)

2013/5/28(火) 午前 7:09 ちびとも 返信する

顔アイコン

今もこういう駅舎があるのですね。

この様な町には今も昭和の匂いが残るところが探せば沢山あるでしょうね。
私も昭和を探すバイク旅してみますか。^^


こうして見ると創造性をかきたてるPhotoshopも気になりますね

2013/5/28(火) 午後 1:30 [ Barbossa ] 返信する

ちびともさん、こんばんは(^^)

・・・って、ネタばらさないでくださいよぉ〜o(`ε´#o) プンプン!3回目か4回目位の投稿で場所が分かるようにじわじわいきたい所だったんですぅ〜o( ̄へ ̄#o)

さては、乗り過ごすほど酔っていたわけですね?(笑)
手動開閉ドアは地方のローカル線にはしばしあるのですが、都内(←一応…)で手押しボタンは珍しいかもしれませんね。

2013/5/28(火) 午後 9:49 GXR&GRist 返信する

Barbossaさん、ナイス!とコメをどうもです。

Photoshopは学割で買わない限り、非常に高価で中級デジ一眼が買えてしまうので、積極的には勧めませんね。私は大学生の頃に買いましたが、それでも多くの人は途中でアップグレードから脱落していきます(アップグレード代約9万円、4〜5年位で更新期限切れ。正規版24万円!!昔はこれが36万位しましたが…(・_・;))

昭和の匂い、雰囲気、今思えば、もうどこを探してもない。
でも見つけると、時が止まったような感覚です。

今は何でも流れが早すぎて、何と競争しているのかよく分かりませんね。人間が時代に追いついていません、きっと…。昭和は、それがちゃんとリンクしてて、時制にズレがなかったと感じています。

2013/5/28(火) 午後 9:57 GXR&GRist 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事