ここから本文です
米空母は美しいですね〜。
資料写真とにらめっこしながら、さらに細部を作り込みます。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

作り込みは中途半端ではダメです。

さらに進めていきます。

この記事に

主砲射撃指揮所を仕上げました。

複雑な面の組み合わせなので難しかったです。
イメージ 1

裏側はこのようになります。
イメージ 2

これを艦橋トップに取り付けます。
イメージ 3

どんどん上の方に伸びて行く艦橋がとてつもなくカッコイイのです。
イメージ 4

真横から見てみました。
イメージ 5

空母模型は裏側が命。これは日米共通なのです。
イメージ 6

それではさらに作り込んでいきます。

この記事に

主砲射撃指揮所

主砲射撃指揮所って・・・。

空母だろ、これ?(笑)。

それはともかく窓の部分は今回はくり抜き方式で仕上げます。

イメージ 1

これを何枚か組み合わせて指揮所を組みます。

屋根部分はさらに難しくなりますのでまた次回お楽しみに!
イメージ 2

さて、ここまで仕上げたパーツを組み上げていきますと・・・。
イメージ 3

イメージ 4

なんか巡洋艦でも作ってるような気分です(笑)。

この記事に

非常に細かい部分で、このスケールなら無視しても良いのかと思いましたが。

この部分です。
イメージ 1

これは姉妹艦サラトガの資料ですが、レキシントンも同じ造りです。

やっぱり気になるので無視せず作ることにしました。

まず全て現物合わせで基本の形を作ります。
イメージ 2

さらに作り込んで仕上げます。
イメージ 3

イメージ 4

あまり目立ちませんが、やっただけの効果は有ったように思います。

この記事に

艦橋は上方に向かって積み上げ製作しています。

まあまあ順調です。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事