ここから本文です
米空母は美しいですね〜。

艦橋に灯火類を設置

サーチライト、信号旗格納所、測距儀、釣鐘などを取り付け。

かなり艦橋が賑やかになってきました。

しかし・・・1/350であまりやり過ぎると船体の方も作り込まないとバランスが取れなくなります・・・。

この辺でやめておきましょうか。

次は煙突の作り込みです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

この記事に

「E」マーク

今回再現するレキシントンの煙突には「E」マークが入っています。

実艦参考
イメージ 1

これを塗装で再現しました。

イメージ 3イメージ 2

ちなみにこの「E」マークの意味ですが・・・。

姉妹艦サラトガの解説には「機関科が高い評価を受けたことを示すEマーク」と説明されています。

大戦中には消されていますから、これも平和な時代の余裕でしょうか・・・?

この記事に

艦橋と煙突をグレー塗装しました。

あまり重々しくしたくなかったのでライトグレーを選びました。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

ここからはサーチライトなどの小物作りが始まります。

地味な作業になりますが頑張ります!

さてここで今回の作品に搭載予定の艦載機を紹介します。
イメージ 5

・ブリュスターF2A
・グラマンF2F
・カーチスSBC
・ボートSB2U

以上の4機種です。

まだまだ先の話ですが、とりあえず確保しておきました。

このスケールでは珍しい機種なので面白い飛行甲板になるでしょうね。

この記事に

下地塗装

ある程度形として出来上がった艦橋&煙突・・・。
イメージ 1

ここで全体に下地塗装を行います。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

使用したのはジャーマングレーです。

濃淡がハッキリすると細かい部分のディティールが浮き上がってきます。

特に修正点は無さそうなのでさらに塗装を進めます。

この記事に

クレーンを仕上げて所定の位置に取付けました。
イメージ 1

実艦でもこの位置ですね。(赤矢印)
イメージ 2

また煙突のトップには転落防止用の索が有りますので取付けました。
イメージ 3

さて最後にこれはちょっと用途不明なのですが・・・。

この赤矢印のブームのような棒状のものです。
イメージ 4

まあ、見よう見まねで取付けましたが・・・。
イメージ 5

これ何でしょうね???

ご存知の方いましたら教えてください。(笑)

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事