【正義】と【平和】

英雄千人をランキング。『千人の英雄伝』連載中。

全体表示

[ リスト ]

 後世から振り返ると、源氏が平家を滅ぼし、源頼朝が鎌倉幕府を草創したのは、歴史的必然に思える。

 しかし、伊豆の流人の頼朝にとって、平家追討の挙兵は、勝利を確信しての必然なのではなく、追い詰められた末の乾坤一擲の賭けであった。
 
 1180年(治承四年)四月二十七日。叔父の新宮十郎行家が、以仁王の平家追討の令旨を頼朝の許に届け、挙兵を促した。しかし、その時点では、頼朝は、挙兵を決断していない。

 頼朝の逡巡を、決断へと変えたのは、更に二ヵ月後の六月十九日に、三善康信の弟、康清がもたらした、以仁王と源頼政の敗北の報告であった。
 
 三善氏は、渡来系氏族の波能志の子孫で、代々、算博士を継承した家柄であった。

 三善康信は、母の姉が頼朝の乳母(頼朝の乳母は、比企尼・寒河尼・山内尼など、複数存在するが、誰の妹かは不明)であった関係で、伊豆の頼朝に、月に三回、京の政治情勢を知らせていた。

 その康信が、以仁王と源頼政の敗北を告げると共に、頼朝に、平家の追討を逃れるため、奥州へ下向することを勧めたのである。
 
 実際、平家は、伊豆国の源有綱の追討を実施している。有綱は、頼政の息子、伊豆守源仲綱の次男で、頼政と仲綱は、宇治平等院の戦いで敗死していた。

 その時点で、平家が追討の標的としていたのは、有綱であったが、以仁王の挙兵によって、源氏に対する警戒を強めた平家が、源義朝の遺児、頼朝を標的にするのは、時間の問題であった。

 頼朝に残された道は、奥州へ逃れるか、挙兵するかの二つに一つしかなかった。
 
 五日後の六月二十四日。頼朝は、遂に挙兵を決断する。窮鼠猫を噛む、という言葉が、最も相応しいであろう。

 本書で繰り返し述べてきた様に、源家は、頼朝の曽祖父の義親・祖父の為義・父の義朝と、三代に渡って、朝敵として処刑されている。

 頼朝自身、罪人とはいえ、生き残っているのが不思議なほどである。

 その三代に渡る、朝敵の源家が、朝廷の要職を一門で独占し、日本六十余州の半分を知行国とする、平家を追討するのである。当時の人々にとっては、夢物語としか考えようがなかったであろう。

 しかし、頼朝の決断が、奇跡を呼び、日本史上最大の逆転劇を果たし、父を殺された兄弟が、見事に仇討ちを果たし、本懐を遂げるのである。

 頼朝は、安達盛長・中原光家に命じて、源氏累代の家人であった、東国の武家達に、参陣を求める書状を送り、同月二十七日には、三浦義澄・千葉胤頼と対面している。

 頼朝が、挙兵の最初の標的として選んだのは、山木兼隆であった。山木兼隆は、貞季流の伊勢平氏の一族で、平家の郎党、関信兼の息子である。

 信兼は、平家の世には、検非違使・河内守・和泉守・出羽守を歴任し、極位は正五位下に昇る。

 兼隆は、父の信兼と衝突(理由は不明)。1179年(治承三年)伊豆国山木郷に流された。

 しかし、翌年の六月二十九日、源仲綱に代わって、平時兼が伊豆守に任官すると、兼隆は、目代に任じられ、伊豆国の武家を統率する立場に立ったのである。


にほんブログ村 歴史ブログ 奈良・平安時代へ クリックをお願いします
[http://history.blogmura.com/his_heian/ ]

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事