カンカンとガクガクの部屋

時事・読書感想・裁判例の紹介など。書庫をご覧ください。

全体表示

[ リスト ]

新判例2010 憲法◆ 焦鮖海劼畤声卅幣戞

 
〈 事件の概要 〉
 
 白山ひめ神社は、石川県白山市に所在する宗教法人である。2008年10月7日から11日に行われた御鎮座二千百年式年大祭およびその奉祝祭に向けて、諸事業の遂行を目的とした大祭奉賛会が組織された。2005年6月、奉賛会発会式が白山市内の一般施設で行われた。この奉賛会の顧問でもあった白山市長Yは、公用車を使用し、同市職員を同行の上、この発会式に来賓として出席し、祝辞を述べた。
 これに対し、白山氏の住民であるXは、Yの上記行為が憲法20条3項および89条に違反し、これに伴う公金支出は違憲であるとして、地方自治法242条の2第1項4号に基づき住民訴訟を提起した。
 第1審金沢地裁は、市長の行為は社会的儀礼の範囲内であり、憲法20条3項の禁止する宗教的活動に当たらないとしてXの請求を棄却したが、原審名古屋高裁は、Xの主張を一部認容したため、Yが上告した。


〈 判旨 〉
 
最高裁平成22年7月22日第一小法廷判決
 判時2087号26頁(判タ1330号)
 
破棄自判
 
 本件大祭は本件神社の鎮座2100年を記念する宗教上の祭祀であり、本件発会式は本件大祭に係る諸事業の奉賛を目的とする奉賛会の発会式にかかる行事であるから、これに出席して祝辞を述べる行為が宗教とのかかわり合いを持つものであることは否定し難いが、本件神社は地域の重要な観光資源であり、観光振興に尽力すべき市長が出席した本件発会式は、本件神社内ではなく、市内の一般の施設で行われ、宗教的儀式を伴うものではなかったものであり、市長が述べた祝辞の内容も、一般の儀礼的な祝辞の範囲を超えて宗教的な意味合いを有するものであったともうかがわれない。すると、本件行為は当該発会式に来賓として招かれたのに応じて、これに対する市長としての社会的儀礼を尽くす目的で行われたものであり、宗教的色彩を帯びない儀礼的行為の範囲にとどまる態様のものであって、特定の宗教に対する援助,助長,促進になるような効果を伴うものではなかったというべきである。したがって、本件行為は宗教とのかかわり合いの程度が、我が国の社会的,文化的諸条件に照らし、信教の自由の保障の確保という制度の根本目的との関係で相当とされる限度を超えるものとは認められず、政教分離規定に違反しない。
 
 
 
 
〈 参照条文 〉
 
  憲法①事件参照
 
 
        [ 参考文献 : 『判例セレクト2010[Ⅰ]』 有斐閣 ]
             http://www.yuhikaku.co.jp/magazines
 
 
 

 
 
 
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。
Yahoo! Choctle

.

人気度

ヘルプ

Yahoo Image

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 今日全体
訪問者1497099
ブログリンク016
コメント017
トラックバック02

ケータイで見る

モバイル版Yahoo!ブログにアクセス!

モバイル版Yahoo!ブログにアクセス!

URLをケータイに送信
(Yahoo! JAPAN IDでのログインが必要です)

  • Yahoo!ブログiPhoneアプリダウンロード
  • Yahoo!ブログAndroidアプリダウンロード
毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事