全日本中国拳法連盟!最新情報!!

中国武術、柔術の指導員のブログです! http://www.jujutsu.com

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

佐藤柔心斎

  私の父、佐藤金兵衛翁は、柔術入門(ベースボールマガジン社)で、次のように柔術について述べている。「古人は、“離れては拳退(拳法)を用い、近づけば肘膝、当身を用いる。接近しては逆技、逆投げ、締め技を用いよ”と教えている。この柔術の緒技の有機的結合、投げも、逆も当身も締めも、次々と変化してついに生きぬくのが私の武術研究の念願である」と。

  父は、父の祖父佐藤倉治(大和流弓術十一代でいわき藩の元指南役、腰塚小弥吉の門に弟子入りし、十二代を継承)に教えを受けて十三代を継いだ後、緒流派の門に弟子入りし免許皆伝を得、さらに稽古、研究を続け、大和道を創始したが、そこにはこの思いが込められている。

  父が、古流柔術の素晴らしい技法の数々を共通の原則に従って分類し、短期間に修得しやすく体系化し、実用的に整理統合し、創始したのが大和道である。技法を、捕られた手をはずす手解き、またこれを逆に掴み返して技を施す取返しに始まって、相手の重心を崩す投げ技、関節を痛める逆捕、逆に捻って投げる逆投げ、ツボに当てる当身、首締め、居捕等に分類し、(他に対武器、武器法)それを更に片手、両手、諸手、袖、胸、締め、打ち込み等の順にして技を体得しやすく構築されている。

  また、大和道には独特な攻防の連続技がある。これは攻防の訓練方法として構築された稽古法で、連続した技の流れの中に初伝から奥義をまでが含まれ、変化する状況の中で対応しうる実用的な技の秘伝が隠されている。これは技術の応用、展開が速く身につくようになることを促すためで、父の言う“一技万用”に通じる道でもある。

  大和道はこのように古流柔術の粋を集約し、体系化した武道であり、攻防の連続技は極めて現代的で実用性のあるものといえる。私どもが父から受け継いだこの大和道をさらに実戦性を磨き発展させてゆきたいと思う。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

最近やり始めた古流柔術ですが、自分ひとりで練習するときは、どのように練習すればいいのでしょうか?
今まで道場やらなんやらは、一度も経験したことがないものでわからないのです。ましてや、柔術では相手がいないと練習にならないのではないでしょうか?やはり、呼吸法基本姿勢の繰り返しでしょうか?是非ご指導お願い致します。 削除

2008/9/26(金) 午前 1:26 [ トト ] 返信する

顔アイコン

レスが遅れまして申し訳ありませんでした。

大きく分けて、2つあります。

1) 一人での鍛錬を目的に考案されたもの
伝統的に伝わっているものとしては、心眼流の素振りが代表的です。佐藤金兵衛翁や各指導員が考案したものにもいろいろあり、例えば小手返を掛けるのとこらえるのを左右の手で行い、掛ける感覚や筋を鍛えるような練習法もあります。

2) イメージトレーニング
対人での練習をある程度経験すると、家でもイメージの相手と対人練習できるようになります。さらに経験を積むと、対人ではやったことのない技でも効きそうかどうかわかってくるようになるでしょう。また、古流も一つ一つの型は短いですが数は多くあるので、思い出す・馴染ませるという意味でも家でのイメトレは必須でしょう。

一度体験にいらしてください。さらに的確なアドバイスができると思います。お待ちしています。

2008/10/5(日) 午前 9:58 [ ken*our*nm*i ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事