全日本中国拳法連盟!最新情報!!

中国武術、柔術の指導員のブログです! http://www.jujutsu.com

全体表示

[ リスト ]

臼井真琴(八卦掌、形意拳、太極拳、古流柔術他)

  これらは日本古武道において使われる言葉です。武道に興味のない人でも“残心”という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。残心は知っていても”前心、通心“という言葉を知っている人は少ないと思います。

  それでは簡単に説明しましょう。日本古武道は、2人組の型稽古が主体となっており、その技(心)の流れを前心、通心、残心という言葉で表します。例えば私達の練習している柳生心眼流にあてはめてみますと、離れた間合いから、互いに接触するまでを前心、技を行なっている間を通心、そして、相手と離れてからを残心と言います。これらは文字通り、型の稽古における”心“の持ち方をいっているのだと思います。ただ単に型(技)を肉体で行なうのではなく、精神(心)も共に練るのです。

  型は試合と異なり技がきめられていますから、いつも同じように相手は攻めてくる、もしくはつかみかかってきます。しかし、それに対応する方は、相手がいつ襲って来ようが異なった方法で襲って来ようが、対応できるよう精神を集中し、すでに心構えをもっておかなければいけないのです。これが前心です。通心は実際に技をかけている際の心構えです。例えば、技がうまくかからないこともあるでしょう。そんな時に“ああ、失敗した”などと思うのではなく、その状況にうまく変化対応できるよう、最初からそういう気持ちを持っていなければいけません。(初心者は難しいことですが、)通心においては受け手の方もただ単に技を受けるのではなく、スキがあれば反撃できるように精神を集中させるのです。(型稽古ですから実際に反撃してはいけません。あくまでも心の中での反撃です。お互いに上級者になれば本当に技がきまっていなければ、はずしたり、実際に反撃し、相手はそれ対応するといった稽古方法も良いと思いますが,しっかり技が身についていないうちはやるべきではありません。正確な型を身につけなければ、上達することは出来ません。)

  そして、最後に残心です。技を終えて気を抜くのではなく、再び相手が攻めてきてもいいような心構えです。さきほどの通心のときと同様で、受け手も相手が気を抜けていればすぐに攻めるような気構えで行ないます。

  毎回、このように精神を集中させ、型の稽古をしていれば同じ10回型を行なっても、その差が歴然であるのは、おわかり頂けると思います。

  これは古武道に限らず、中国拳法の練習においても技を組んで行なう際、同様の心構えを持つべきです。よく相手が間違った攻撃をしかけてくることがあります。そんな時は自分の練習だと思って対応してみるのも良いと思います。

  現在の古武道大会を観ておりますと、このような気構えで演武されているものは少ないように思います。ただ古武道だからそのようにやるのだという感じで、一手一手に無駄な時間ばかりかけていて、なかなか次の技に移りません。正直、観ていてあきてしまいます。これはおそらく、私だけの感想ではないと思います。本当にお互いに気のこもった精神の集中した演武は一般の方が観ても感ずるところがあるはずです。

  今回原稿依頼を受け、前心、通心、残心について考えてみました。ここに紹介した個々の心構えについての解釈は私の考えですが、そのように理解していただいてよろしいと思います。

  今後、私自身も改めてこれらの心構えを意識して稽古していきたいと思っております。

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

こんにちは、以前前橋で全中連の先生から八卦掌を習ったことがあります。その後は、山口博永先生について陳式の老架をならいました。そして、自分がやりたいのは武術よりも治療としての気功でしたので禅密気功などいろいろと習いました。今でも陳式太極拳は毎日練功していますが、最近急に八卦掌的な動きが出てきてもう一度習いたいと思うようになりました。武術としてというよりも気功的な興味が強いのですが、臼井先生のところで習うことができるでしょうか。 削除

2006/10/2(月) 午前 9:48 [ Fun1 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事