全日本中国拳法連盟!最新情報!!

中国武術、柔術の指導員のブログです! http://www.jujutsu.com

全体表示

[ リスト ]

カンフー子供クラス

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

佐藤柔心斎

  このクラスは、山口師範を中心に、高平師範と二人が担当して少林拳の指導を行なっています。山口師範は、指導20年以上の大ベテラン、少林金鷹拳の名手です。一般クラスで、金鷹拳の指導も行なっています。普段はとても穏やかで優しい先生ですが、怒るととーっても怖いです。高平師範は、柔術大和道、土曜日のクラスを担当しています。師範10年以上のとても優しくて、強くて、面倒見のよい先生です。私も時々指導の手伝いをしていますが、一番怖くて、厳しいのは実は私かもしれません。

  当道場の師範は、中国武術と、日本古武道柔術の両方を習得しているのが特徴です。今は、少林拳を中心に指導していますが、子供達に日本の古武道を教える日も遠くないでしょう。

  このクラスでは、現在、3歳から12歳までの12名の子供達に指導をしています。子供達に武道の稽古を通じて、礼儀を身につけ、健康な心と身体を作る事を目的としています。子供達は皆、大きな声で、きちんと挨拶をして道場に入ってきます。私はその時の皆の顔を見られる事が一番の楽しみです。また稽古では年齢男女の区別無く、お互いに助け合って、和気藹々ながらも、基本の動作をしっかり身につけるよう、厳しい稽古もしています。始めの頃は、恥ずかしがっていた子供達も、今は道場を揺るがすほどの大きな掛け声で、稽古に励んでいます。それは、山口、高平両師範の教え方が良いからでしょうか?

  そして、最後は道場の雑巾かけ。皆で使う場所は、自分たちで綺麗にすることを心かけています。驚く事にこのクラスの子供達はほとんどが皆勤賞!欠席した事がほとんどありません。これは、とっても凄い事!“習うより慣れろ”の言葉通り、小さな積み重ねが大きな結果を生むことになるのですから。でもこれは、毎週送り迎えをしてくださる、保護者の方々の御蔭でしょうね、感謝です。

  私が、クラスに出ていて感じる事は、今の子供達、意外と身体が硬いな、ということです。ストレッチをさせると、皆痛がって、直ぐあきらめてしまいます。やわらかい身体は、怪我を防ぐだけでなく、外からの刺激に瞬時に対応する、軽快で強い体作りの基礎になります。そして何より少林拳の上達には、柔軟性が欠かせません。少しくらい痛くても、諦めずにストレッチを続ける事が肝心なのです。それには、お母さんの協力が必要かもしれませんね!家事の終わった時間に、子供達にストレッチを教えてもらって一緒にやってみてください。腰の痛みもすっきり!肩こりも解消して一石二鳥かもしれませんよ!

 また今週、キラキラ輝く子供達の笑顔が見られるのが楽しみです。子供達から一番元気をもらっているのは私なのかも知れませんね!

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事