全日本中国拳法連盟!最新情報!!

中国武術、柔術の指導員のブログです! http://www.jujutsu.com

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

佐藤柔心斎

 今日は子供の日です。各家庭でも“鯉のぼり”を大空に泳がせて我が子達の成長を心から願っておられることでしょう。道場近くの荒川では、50匹近くの鯉のぼりが川の上流に向かって泳ぐかのように勢い良く風にのり大空を飛んでいます。この鯉のぼりを子供の日に掲げるのは、皆さんもご存知の通り、中国の古い物語、登龍門からきています。“黄河の上流、河津の激流に耐えてのぼりきった鯉は龍になる”と言う物語です。これには、幾度もの試練と難関を突破することができたなら、初めはひ弱な鯉でも龍になれる!その門を超えて世に出ていって欲しいという親心を表しています。

 ちなみに“菖蒲”はその形が剣に似ていて、“尚武”と同じ発音である事から男児が“質実剛健”に育つようにという親の願いが込められています。現在は何故か子供の日には“菖蒲湯”になってしまっているようですが、、、。

 道場では4月27日に子供クラス始まって以来の昇級試験がありました。この日は保護者の方々にも見学していただき、山口師範の指導のもと、一人ずつ試験をしました。子供クラスは、現在3才から11才までの男の子が8人稽古にきていますが、ほとんど皆が休むことなく一生懸命に稽古をしています。この日ばかりは審査する私も内心はどきどきしてしまいましたが、、、、、、。結果は、全員合格です!おめでとう!皆はじめて、難関、“登竜門”を見事に突破しました。本当に良かった!私も感激です!

 今回の試験をして良かった事は最後まで諦めずにやり通せた事!これを全員ができた事です。どんなに緊張しても何があっても諦めないという事は大切なことです。このことを子供クラスの皆に教えてもらいました。そしてもう一つ大切な事は、自分の可能性を自分で決めてしまわない事です。何かに“挑戦”しようとするときは誰でも“怖い”ものです。そのときの大切なのは“言葉”です。口に出さなくても心の中で“自分にはできない!”と思っていると本当にできなくなってしまいます。人間は自分でできる事しかできません。“初めてのことに挑む!”それが挑戦です。自分の可能性は無限大なのですから、自分を信じて“登竜門”の激流を突破してください。もし、突破できなかったとしても、がっかりすることはありません。諦めずに何度も“挑戦”すればよいのです。最後まで諦めなかった人にだけ、その門は開かれる!“鯉もいつかは龍と化す!”私もその日を待ってます。

追記:この日風邪でお休みだった二人、残念だったけどまた挑戦しましょうね!

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事