全日本中国拳法連盟!最新情報!!

中国武術、柔術の指導員のブログです! http://www.jujutsu.com

全体表示

[ リスト ]

佐藤金兵衛翁と形意拳

イメージ 1

佐藤柔心斎

王樹金老師から形意拳を習う!
 佐藤金兵衛翁の日記を整理していたら、昭和36年(1961)、9月2日に次のような記述がありました。「早朝稽古する。第七を習う。形意拳、劈拳を習う。」とあります。王樹金老師から、この日、はじめて劈拳を習ったことがわかります。第七は、八卦掌7本目だと思います。さらに、昭和37年(1962)、10月11日の日記には、「形意拳、崩拳に入る。」とあります。劈拳を習ってから、崩拳を習うまでに約1年ありますが、この間、王樹金老師は台湾に一旦帰省し、翌年、再来日していることが、この日記からわかります。また、早朝は5時の一番電車で代々木の明治神宮へ行き、午前8時頃には稽古を終了し、その後、診療に入るという厳しい生活を続けていたことがつづられています。そして、このような王樹金老師からの武術修業を足掛け7年余りもつづけ、ほぼその全伝を習得したことが佐藤金兵衛翁の日記に記述されています。

佐藤金兵衛翁の形意拳の系譜
 佐藤金兵衛翁が形意拳を最初に学んだのは上記のように王樹金老師からですが、その後、裴錫栄老師から河南派の形意拳を学び、当道場には形意拳の河北派、山西派、河南派の形意拳が伝えられ、現在に至っています。岳飛から始まるという形意拳の流れは、姫隆風(姫際可)が終南山で神仙に出会い、岳飛の拳譜を授けられ、工夫すること多年、その奥妙を悟って形意拳を創めたといわれています。姫隆風(姫際可)以後の主な系譜は、曹継武、戴竜邦(山西派・河南派)からはじまり、張占魁、王樹金、佐藤金兵衛と王向斉、 王樹金、佐藤金兵衛という系譜があります。また、別の流れは馬学礼(河南派)、張志誠、李政、張 聚、買荘図、袁風儀、廬嵩嵩、裴錫栄、佐藤金兵衛という流れです。

形意拳の特徴
 形意拳は佐藤金兵衛翁の最も好んだ武術の一つで、豪放で強い破壊力があり、その特長を形意拳講義の本の中で,次のように言っています。「形意拳は人の守りの堅いのを攻め、人の剛に克つことにあり、進んで又進み、退いて又進むのである。」これを見て形意拳を習ったことのない他派の拳法家は「形意拳は進むを知って、退くを知らず」と言っているが実際はそうではなく、足が退く時でも体の姿勢が前敵を気で制圧しているのです。相手は退くを見ないうちに、その進むのを知って退くことがないと疑ってしまうのでしょう。

 形意拳はその破壊力に特徴があり、形である外、手、身、足(外三合)と意である内、心、気、力の一致(内三合)の形、意が互いに融合、バランスを取り合って一致した(六合)時に発する勁(ケイ)は、表面を傷つけることなく、敵の根を制し、内部を破壊するほどの威力を持っています。佐藤金兵衛翁も「柔と拳と道」のなかで、私の胸に軽く拳を当てて、フッと押された時のショックは30年たった今でも心に残っていると述べ、師である王樹金老師には、発勁(ハッケイ)を受けたその日のうちに入門の許可をもらっているほどです。私の小学生の頃、道場では形意拳の拳を一つにつき、300回以上稽古して、額から滴る汗で足がとられ、何度も滑りそうになったことを覚えています。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

王向斉先生についてですが、王樹金先生が師事したのは民国23年すなわち1934年です。このときは王向斉先生はすでに意拳を創始しており、王向斉老師の弟子には有名な韓星垣 韓星橋 張道新老師がいました。張占魁老師も在命中であり、王樹金老師は形意拳ではなく、意拳の樁法を習っていました。誤解のないように。

2010/10/17(日) 午後 10:56 [ - ] 返信する

顔アイコン

香港系意拳が古伝の意拳を今に伝えております。香港系の意拳の中で学習する形意五行拳や12形拳や八卦掌も張占魁先生の系統であります。

参考までにhttp://cstang.www3.50megs.com/yiquan.htm

2010/10/17(日) 午後 11:04 [ - ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事