ここから本文です
霊峰三山 金沢 兼六園 ボタニカルアート
ボタニカルアーティスト・山岳画家の金栄健介(かなえけんすけ)の作品に関するブログ。

書庫全体表示

イメージ 1

絵の中央は
金沢独特のひな菓子、金花糖「きんかとう」
これは砂糖を木型に流し込んで作る。

鯛や野菜、果物など
色とりどりの金花糖は
手作りの素晴らしさ。

4月中旬まで前田家伝来のひな人形が
成巽閣「せいそんかく」で公開する。

この記事に

閉じるコメント(4)

  • 顔アイコン

    こんにちわ。
    綺麗ですネ。金沢独特のひな菓子、金花糖「きんかとう」美味しそう!

    michael 380

    2013/2/21(木) 午後 0:46

  • 顔アイコン

    michael380 様 ひな祭りのお供えとして、藩政時代から金沢に伝わる砂糖菓子。実は私はこうした伝統行事の飾り物が小さいころから何故か大好きで、自分で買ったり作ったりしました。まゆ玉、天神さん、子供の節句の飾り物など今も大好き。

    [ ボタニカルアート金栄健介 ]

    2013/2/21(木) 午後 5:09

  • 顔アイコン

    おはようございます。

    ぼんぼりへの画き込みや、一見シンプルに見えるお内裏様とお雛様への
    描き込みが見事ですね(^-^)v

    [ さい ]

    2013/2/22(金) 午前 7:44

  • 顔アイコン

    さい様有難うございます。成巽閣のおひなさまはさすがに品があって、立派でした。昔、50年程前、アルバイトで加賀人形の顔をエナメルで描いたとき、眉や目、口が少しでも位置がずれると、けったいな顔になったのを思い出しました。

    [ ボタニカルアート金栄健介 ]

    2013/2/22(金) 午後 5:53

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

閉じるトラックバック

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事