kensyou_jikenboのブログ

エンジニアからの視点で様々な事柄を論理的客観的に読み解いてみようと試行中。PC遠隔操作事件、新国立競技場、豊洲新市場・・・

全体表示

[ リスト ]

Twitterで書いた内容の転載&まとめ。([追記]に名誉棄損問題追加有り)

橋下徹氏がTwitterで森山氏を「インチキ」と批判。
2月18日(豊洲)豊洲問題をこじらせた主犯はインチキ建築エコノミスト森山。テレビ各局で豊洲は危険と大騒ぎした。ところが都庁内部での議論では森山の主張は一蹴。昨年末、建築主事は豊洲の建物は安全と確定判断。コメンテーターってこんな程度。…>

しかし、橋下氏の方が豊洲問題の根幹部分で当初から誤認識しておられた。
----橋本氏昨年ツィート 引用開始 (→以降は当方記述)----
昨年9月16日<豊洲問題。土壌や地下水の汚染物質が全て除去され、建物床の分厚いコンクリートで蓋されている場合には、空洞は盛土以上の安全対策となる> 
→よく調べず完全除去を信じ込んだのが間違いの元。

9月19日<豊洲問題。…豊洲は完全無害化されていることが前提。そうであれば盛土は不要。汚染物質があれば盛土があっても大問題。ここは汚染物質があるかないかの問題だ> 
→汚染物質有りは確実。前提認識が間違っていた。
---- 引用終了----

誤解が酷く認識が真逆なので、橋下氏に以下のようにツィート。
豊洲問題の大転機となった盛土無しで、共産党都議団による地下視察の切っ掛けは森山高至氏の指摘。森山氏の主張は一蹴どころか都庁を震撼させた。実態を知って発言すべきでしょう。
→森山氏(と高野氏)による図面指摘で共産党都議団が動き、都側に地下視察を申し入れた。9月7日実施され、地下空洞があって盛土無しが判明。9月12日に報告の記者会見を開くことになり、その前に小池氏の方が9月10日盛土無しを発表したという経緯。

この経緯が昨年が報じられていた。
---- 日刊スポーツ記事 引用開始----
議員団によると、建築エコノミストの森山高至氏からの指摘を受け、8月25日に都の担当者に聞き取りをした際に配られた断面図で、豊洲市場の用地に4・5メートルの盛り土をしているはずが、青果棟、水産卸棟、水産仲卸棟など建物の地下に空間があることが判明。都に現地視察をしたいと申し出た。そして、7日に豊洲新市場を6人で視察。水産卸売場棟の建物下が盛土されず地下空間となっている上、そこに水が1・2センチほどたまっていたのを確認したという。
---- 引用終了----

これから分かるように森山氏と高野氏の成果大。盛土問題は一日でも早い発見が有効だった。感づいた人はいたが高野氏の図面指摘は動かぬ証拠で森山氏が問題意識を持つ人達に伝達。ここから盛土無しが暴かれ、事態が大きく転換した。

以上
[追記]
本文のように森山氏と高野氏の「盛土無し」の指摘は適切だった。逆に橋下氏の「インチキ建築エコノミスト森山」は「名誉棄損」レベルになってくる可能性あり。当方が送付したツィートを見られるかどうかは不明だが、もし見られた場合、法律家でもある橋下氏が、今後も「インチキ」などと言い募るのかどうか、注目していきたい。(”「名誉毀損」レベル”は訴訟も可能と当方個人的に推測するレベル、以下同様)

「名誉棄損」レベルということでは、新国立競技場ザハ案に関する森山氏の「地下鉄干渉指摘」がデマだとする中傷問題もあった。これは山本一郎氏やK山氏など「デマ」だと言っている側の根拠が、誤認識に基づくものであることを当ブログで証明して昨年11月30日記事にした。

「デマと言っている方がデマ」というややこしい話だが、当該記事を書いた以降は「地下鉄干渉はデマ」という云われなき批判は見かけなくなったように感じるので、効果はあったかも知れない。

なお、山本一郎氏は豊洲問題においても名誉棄損レベルの中傷を行っている。森山氏の「テレビ出演」に関するもの。

----山本氏ブログ 引用開始----
豊洲新市場問題については、やはり話題がヒートアップし過ぎている面が多数見受けられます。日々のテレビ番組の制作に追われている現場からすると、例えば豊洲新市場のようなホットな話題について「語れる専門家」を探したところ、お昼間や夕方などビジネスタイムのテレビ出演に耐えられるような「あまりパッとしない専門家」ぐらいしか出演に応じてもらえないことになります。大規模構造物について現役で事実をきちんと語れる人は、事務所に所属して守秘義務があり日中は働いておられるからです。
----引用終了----

建築士は勤め人ばかりではなく、独立して自分でやっている人も多い。タイトルで名指しされている森山氏はまさしくそうである。また、単に昼間時間が合うだけでTV局も出演させるはずもない。前述のように高野氏と共同での「盛土無し」や「コンクリート厚み違い」の指摘などの実績や知識があるからコメンテータで来てもらう。話を捻じ曲げてまで、「あまりパッとしない専門家」などと貶めようとする点で山本氏は悪質なことが分かる。

更に、この山本氏の尻馬に乗ってしまう人までいる。例えば「図解士」さん。
----図解士さん 電子書籍引用開始----
そもそも森山氏が主にデマをばらまいたワイドショーですが、通常の社会人であるならば、勤務時間のため視聴する機会がありません。山本氏は今回のデマの確認のため、こうした建築士に問題の映像を見せたのですが、「この問題で協力していただいている有志の建設会社の方々は、日中は普通に勤務しておいでなので森山さんの出演番組でどのような解説がなされていたのかはご存じありませんでした。」と建築士たちがそれまでこのような報道を知らなかったことを指摘しています。

裏を返して言えば、朝やお昼のワイドショーに生放送で出演できるような人物は、たとえ難関資格を保有していたとしても、仕事のない暇な専門家でしかないということです。
----引用終了----

これは山本氏のブログを基にしているが、最後の段の「朝やお昼のワイドショーに生放送で出演できるような人物は、・・・仕事のない暇な専門家でしかない」は、前述のように事実無根でしかないから名誉棄損レベル。図解士さんは、いつまで掲載しておかれるのだろうか。責任は山本氏とされるのだろうか。

追記以上

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事