アウタートップで筋トレを

前のブログからちょこっと引っ越ししました。乗ったという記事よりもパーツをイジるという記事しかないんですよね・・・。

全体表示

[ リスト ]

MAVIC キシリウム SLS 

実は以前、RS80 C50のスポークをゆるゆるにしちゃっており、
そのせいかどうも調子が悪い(元々の貧脚に加えてです・・・)。

そこで、スポークを超張ってみました。
それはそれでマシになった気がします。

が、どうもシャキッとしない。

そう感じるようになったのは、久々にフルクラムのR3(セラミックベアリング改)に乗ってから。
R3の漕ぎ出しの軽さ、巡航から踏込んだ時の加速の良さ、ホイールの剛性感が、
RS80 C50のそれと遥かに違ってた気がしたのです。

それでスポークのテンションを上げたのですが、納得いかないのでした。

てか、趣味程度なのにディープリム必要なのかと・・・。
個人的な感じ、巡航でもリム高関係ない気がするのです。

それよりもライダーの体重(私は重い)とバイクを支え、かつ路面に動力を伝えるホイール剛性の方が影響してくるのではないかと思うのです。


ということで、
剛性の高い新しいホイールが欲しい。

丁度その時は首相が解散を発表する前あたり。
安倍に変わると間違いなく円安に振れてくるとの予想をしていたので、今のうちに輸入しとこうかと思った訳です。

そんな中、候補に上がったのが、

・シャマル ウルトラ USBベアリング 2way
・フルクラム R0
・マヴィック キシリウム SLS
・マヴィック R-SYS       でした。


現状メガG3ではないもののR3は持っているので、さらにR0ってのもどうかなって思う反面、R3の剛性を感じているので、そのUP版と思うと安心感もあります。ベアリングもUSBもR3改のもセラミックなので、微妙ったら微妙でした。
ベアリングマニアの私とすると、圧入って経験がないのでマヴィックのベアリング交換になるとビクビクしなきゃいけない感じでもあったり。

しかし、
ウチにあったアクシウムの回転性能が素晴らしく良い!剛性も良い。
SLSの白いハブも一本だけ白いスポークも結構カッコいい。
タイヤまで付いてくるし。

R−SYSはヒルクライム用っぽいので、山登んねーしということで却下。

ということで、
マヴィク キシリウム SLSを導入しました。

リア
イメージ 1

フロントハブ
イメージ 2

リアタイヤ
イメージ 3

フロントタイヤ
イメージ 4

こんな感じです。
FとRではタイヤの種類が違っています。
Rはパワーリンクで、Fはグリップリンクというものが付いており、
パワーの伝達性とグリップの面での特性を分けているようです。

また、2013年モデルからタイヤへ溝が付いたり、proという文字がはいったりしてます。



さて、

乗った感想はまた今度。

閉じる コメント(0)

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.

人気度

ヘルプ

Yahoo Image

 今日全体
訪問者118211
ブログリンク00
コメント024
トラックバック00

ケータイで見る

モバイル版Yahoo!ブログにアクセス!

モバイル版Yahoo!ブログにアクセス!

URLをケータイに送信
(Yahoo! JAPAN IDでのログインが必要です)

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

標準グループ

登録されていません

毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事