ここから本文です
中年スノーボーダーの独り言

書庫全体表示

アルペンのセッティングって奥が深いですね。
 
↓ !何コレ?
 
イメージ 1
 
もっと楽にパワフルに滑れるセッティングがあるのではと私は年中部屋でブーツ履いてガチャガチャやってます。
上手い人のセッティングは特別なものに違いないと見せてもらってもメチャメチャあっさりこれだけ?というパターンが多いですけど。ヘタほど道具やセッティングにこだわるものですね。
 
常識にとらわれずアホみたいな事を実際にやってみるのが私の楽しみ。
ユニカン2枚重ねでカント16度。ヒールアップ5cmくらいか?
陸上競技のスターティングブロック並のインパクト。立っとくだけでも大変だ。
 
バートンの7度固定カントを前後に入れるセッティングがシンプルでいい感じと最近思います。
 
私の今年のセッティングは 前後51度又は前後54度の平行スタンス。
 
私が初めてアルペンボードに乗ったセッティングはスタンス42cm、前45度後39度でした。当時、吉楽克己さんの入門書を読んでマネしましたがスタンスが狭すぎと感じました。マック遠藤さんのスノーボーディングバイブルも読みましたが訳が分かりませんでした。その後、スタンス48cm前51度、後ろ45度で長いことやりました。おそらくこれ位が万人向けなオールマイティーなセッティングだと思います。
 
 
 
 
 

この記事に

開くトラックバック(0)ログインしてすべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事