てつどう

https://www.flickr.com/photos/26787159@N07/

全体表示

[ リスト ]

die Locomotive

イメージ 1

GR DIGITAL2 + GT-1 / RICOH, Av mode, -1.3EV / 3:2 normal
TE sepia, color -2, contrast +0, sharpness -1, NR(-)
f:8.4mm (40mm), F:2.8 ,Tv:1/17sec ,ISO:200, WB:daylight
editored by GIMP 2.4:crop, layer-manipulation, re-size 18%, frame, Jpeg1.00/132kb



9600式蒸気機関車 〜 KATO製のNゲージ模型です

以前は熱心に触っていたのですが、、最近はすっかりご無沙汰になってしまいました。
模型車両も それなりに買い集めたものです。金額ベースでゆけば・・・たぶん
GR DIGITAL2 & 純正アクセサリー一式 ・・・ が揃う位、使い込んだでしょうか? (-_-)...

そう考えると "勿体ない" ような気もしますが、いわゆる「デジもの」が、購入後10年も経てば
(実用性の観点では)ジャンク同然の価値まで型落ちしてしまうのに対し、
「鉄道模型」は、10年経っても変わらずに存在感を放ち、旅情を演出する小道具になります。
Nゲージはこの40年間、その根幹を成す「レールと電源方式」の規格に変更がありませんでした。
「工業製品」としては、かなり成熟した分野の1つと言えるでしょうか。


長い目で見た場合、「デジタルカメラ」と「鉄道模型」・・・どちらがお買い得か?・・・
これは、なかなか微妙な判断になるかもしれません。


ただ、あらゆる機械がそうであるように、「Nゲージ」も定期的な「手入れ」を必要とします。
6ヶ月〜1年に1度は、足回りを分解し、ギヤに絡んだホコリを除き、
金属接点のスパーク汚れを拭き取り、軽く「慣らし運転」を行います。
動力車(モーター付き車両)だけでも20両近くあるので、これは結構な手間です。


写真は、点検・清掃作業にいい加減飽きた頃、なにげなく撮ってみた1枚。
相変わらず「暗い」写真ですが、そもそも、プラスチックの「軽薄さ」をマスクするために、
アンダー気味の露出を多用したのが、小生における「暗い写真」のはじまりでした。

各種のブラケットをかけたり、ひとつのカットに枚数を費やしたり・・・
あるいは、三脚を併用した長時間露光を好んだり・・・
今も抜けない「悪いクセ」も含めて、小生の撮影の傾向は、
やはり「模型撮影」の流儀に拠るところが大きいようです。



■■ にほんブログ村(コンデジ部門) に参加しております ■■
↓ この1枚を気に入って下さったら、クリックして頂けると 励みになります ↓
http://photo.blogmura.com/p_comdigi
.

この記事に

閉じる コメント(10)

顔アイコン

また始めたくなられた時の最新の制御システムでも動きそうですので、しばらく保管で宜しいのではないでしょうか♪

2008/10/21(火) 午後 9:20 [ tkinfo ] 返信する

顔アイコン

え?模型もそんなに手入れが必要だったのですか?
うちの息子、放りっぱなしです^^;

とってもSLってスタイリッシュですね〜中学の頃大好きでした♪

2008/10/21(火) 午後 11:28 [ - ] 返信する

顔アイコン

tkさん> そうですね。せっせと動態保存に努めることにいたします。(笑

2008/10/22(水) 午前 6:34 kiha58_1523 返信する

顔アイコン

ブルーさん> そうなんです。意外と、手間がかかるのです
もっとも、その手入れもまた、楽しみのひとつではあるのですが

ですが、カメラのお手入れの方が、神経は使うのかな?と思います。

2008/10/22(水) 午前 6:35 kiha58_1523 返信する

顔アイコン

レールはTOMIXでありますね?
貨物機のキューロクのプロポーションはなんともいい感じであります
そして、仕事に反して手間のかかる手入れは苦手であります(笑)

2008/10/23(木) 午前 0:08 ひでさん 返信する

顔アイコン

アニキ!>ご名答です。TOMIXであります(道床は低めですよね)
気動車はTOMIX派ですが、機関車・旧型客車・貨車はKATOを好みます。

キューロク・キハ22などを並べておりますと、プチ北海道(昭和40年代)気分です
ただ、そこにDF50が乗っかりますと・・・「ハテ、ここは何処?」となります。

あらゆる動力車が分解整備の対象になりますが、KATOのキューロクだけはバラせません
その分野の「神サイト」においても、最も分解の難しい模型の1つ…とされているようです

2008/10/23(木) 午前 1:43 kiha58_1523 返信する

顔アイコン

紙に書いて屋根裏部屋にはっておきます、次回は線路、ポイントなどの手入れの仕方もお教えください。

2008/10/23(木) 午前 9:08 [ 筋金入りの天邪鬼 ] 返信する

顔アイコン

しょうぞうさん>おそれいります。機会がございましたら、レールのお手入れ編も記してみようかと思います。似たような写真を何パターンか撮りましたので

2008/10/23(木) 午後 5:05 kiha58_1523 返信する

昨年末、初めてKATO製のC57を購入しましたが
数ヵ月後に動かなくなり、修理に出しました。
その時初めてメンテナンスしないといけない事を知りました(汗)。
モーター交換して戻ってきました・・・。

2008/10/30(木) 午後 9:26 ビブバボ 返信する

顔アイコン

ビブバボさん> Nゲージの蒸気機関車は、動作部品が精密にできているため、特に気配りが必要です。とはいえ、容易に分解できないので、こまめにホコリを吹き払い、車輪の汚れを拭いてあげる・・・くらいしかできないのですが

で、やっぱり、C57なのですね(笑

2008/10/31(金) 午後 0:58 kiha58_1523 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事