てつどう

https://www.flickr.com/photos/26787159@N07/

全体表示

[ リスト ]

die Station wie eine Hütte

イメージ 1

GR DIGITAL2 / RICOH, manual mode
contrast +0, sharpness -1, color +0 NR(-)
f:5.9mm(28mm), F:2.8, Tv:1/8sec, ISO:100
editored by GIMP 2.4:crop, re-size 14%, 120kb



四面の壁に雪囲いを張り巡らせた駅舎は
さながら、「山小屋」といった雰囲気です

ただ、その特徴的な外観もさることながら
悪天候によって、その日の六十里越えを阻まれた列車に
仮泊の場を提供する役割を担っている・・・という意味で
この駅の存在は、山における「山小屋」のそれに、
よく似ているような気がします


            ―― JR只見線・只見駅にて
.

この記事に

閉じる コメント(10)

顔アイコン

只見は雪がハンパじゃないでしょうねぇ・・・
とても雰囲気のある写真です。 ☆彡p

2010/1/17(日) 午前 1:51 [ freeman ] 返信する

三脚を使ったのでしょうか?
手持ちで撮影したのであれば、データからkihaさんのこだわりが伺えます。
ISO感度を上げてシャッタースピードを稼ぐこともできたかもしれないけれど、敢えてそれはしなかったのですね。
三脚を使ったのでしたら、とんだ的外れで申し訳ありません。

2010/1/17(日) 午後 1:10 ひで 返信する

顔アイコン

freeman さん> どっさり降っていました
一晩明けたら、クルマの車高が 軒並み1m高くなっていました。

2010/1/17(日) 午後 8:47 kiha58_1523 返信する

顔アイコン

ひでちゃん> 三脚は使っておりません(・・・というより、持参しませんでした)
ISO200 であっても、モノクロームならあまり不満を感じませんが
空気の清澄感は損なわれてしまうかもしれません。

風が強くなければ、Tv:1/8秒 までは安全域です
1/6秒辺りから、怪しくなります。1/4秒では 柱などに身体を預けないと不安です
万全を期したい場合は、2秒セルフタイマーを併用して
シャッターボタンを押す際のブレを回避します。

2010/1/17(日) 午後 8:48 kiha58_1523 返信する

顔アイコン

この明りに、たまらない「暖かさ」が感じられます。
仮泊の場を提供する役割・・・そんな場所でもあるのですね。

2010/1/18(月) 午後 6:50 alf's mom 返信する

顔アイコン

alfmom さん> 「仮泊」と書いて、ビバークと読みます。登山の用語です。
只見線のディーゼルカーも、吹きさらしの中、駅構内に一晩留め置かれます。
もっとも、鉄道用語では「駐泊」と呼ぶのが正式なようです。

2010/1/19(火) 午前 1:03 kiha58_1523 返信する

顔アイコン

静けさの中に,とんでもない寒さとキハさんの暖かな目を感じます。
灯りって良いですね。

2010/1/19(火) 午前 1:12 クマ&ノコ 返信する

顔アイコン

クマ&ノコさん>数年前に大幅なリニューアル工事が施されて、
だいぶ風情が失われてしまいました。
「日本の駅100選」には、たぶん入っていません。ざんねん。

1日あたりの平均乗降客数は、およそ30人とのことです。

2010/1/19(火) 午前 1:18 kiha58_1523 返信する

顔アイコン

デジカメで写真を撮るのにも、いろんなテクニックがあるんですね。
千里の道も一歩からという思いがしました。

2010/1/19(火) 午前 10:04 けんいち 返信する

顔アイコン

けんいちさん> 中島敦の「名人伝」でも言われることですが
まず、「見ること」なのかもしれません

2010/1/20(水) 午前 1:05 kiha58_1523 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事