筋膜、経絡の伸展法 ケータイ投稿記事

僕がこれから創ろうとしている功法は、易筋経をモチーフにしてはいるが、決して筋肉鍛練法ではない。
筋膜の伸展法であり、別の言い方をすれば、経絡の伸展法と言えるものだ。
基本は個別的な筋肉や部位の鍛練ではなく、足から胴体、手へとつながる筋膜や経絡を体感でき、その体感によって、その筋膜群や経絡に意念を向けて、更に伸展させることを可能にする功法である。

伸展、即ちストレッチは、その筋膜群や経絡の凝縮を緩和して気の流れを順調にすると同時に、伸展後の弛緩によって「ふぁんそん状態」をつくり、ふぁんそんの体感をより深めることによって、禅的な空の体感と涅槃の境地を獲得することを目的にしている。

この記事に

開く コメント(0)

易筋経を筋膜の視点から考察し、実践する場合、経脈ではなく経筋という把握が必要であるということは理解できた。
内的には立体なのだが、面としての表現をするならば、
★陽明部
★少陽部
★太陽部
★太陰部
★厥陰部
★少陰部
と三陰3陽と六部に分けることが出来、練習においても、その部に意念を向けて行なうことの出来る姿勢(体位)が求められるのだ。

湯偉忠さんに習った易筋経を基に、新しい経筋、気功やヨガ、太極拳などに必要な筋膜のつながりを体感できる功法を創作する必要があるのかも知れない。

この記事に

開く コメント(0)

3月25日(土)です。
 仲間のみなさん、おはようございます!

新年度まであと一週間。
準備はいいかな?

今夜は飲み会。
スキルアップ講習会の交流会です。

さぁ、今日も一日、元気にいこう!

この記事に

開く コメント(0)

2017年4月の気功教室の開催日をお知らせします。

●中日気功の会(新しく発足した同好会)
★4月5、12、19、26日
・毎週水曜日、朝10時〜12時
・名古屋市市政資料館
・一ヶ月…4,000円

●気功の基礎から応用までを学び深める《気功の学校》
★4月15日、22日
・第3第4土曜日午後1時半〜3時半
・名古屋市市政資料館
・体験→1,500円

●気功指導員養成講座
★4月16日
・毎月第3日曜日、午後1時半〜4時
・名古屋市市政資料館
・体験→3,000円

●体のゆるめ方、力の抜き方を学ぶ《ふぁんそん教室》
★4月23日
・毎月第4日曜日、午後1時半〜4時
・名古屋市市政資料館
・体験→3,000円

●ホリスティク養生気功教室《いきぬき》
★4月21日
・第3金曜日、午後2時〜4時
・名古屋市市政資料館
・体験→1,500円

◆各教室のお問い合わせは
和気信一郎
09019816957
kikounosensei@docomo.ne.jp


●気功を楽しもう! in 名鉄カルチャースクール
★4月3、10、17、24日
・毎週月曜、午後1時〜3時
・名鉄神宮前、パレマルシェ6階
★0526832323
・体験自由

●養生気功 in 名鉄カルチャースクール
★4月7、14、21、28日
・毎週金曜、朝10時〜12時
・名鉄神宮前、パレマルシェ6階
★0526832323
・体験自由


●京都のお寺で元気になろう!
★4月9日
・第2日曜日、10時〜15時(1時間の昼食タイムあり)
・京都、洛西、花園、妙心寺内大心院
・一日3,000円

◆みなさまのご参加、お待ちしております

和気信一郎
09019816957
kikounosensei@docomo.ne.jp

この記事に

開く コメント(0)

易筋経を如何に学ぶか ケータイ投稿記事

易筋経は、達磨大師が弟子たちの体力(筋力)を強化するために考案した気功だと言われていて、少林寺系統の武術鍛練の中で伝承され、今では中国四大健身気功の一つとして広められているようだ。

僕は湯偉忠さんから学んだが、ビデオやYouTubeで観るものとはかなり違っている。

この易筋経を気功指導員養成講座で学ぶに当たって、如何なる視点で、何に主眼をおいて学べば良いかを考えてみた。

スポーツトレーニングや按摩、整体などの分野で、最近取り上げられているキーワードに「筋膜」というのがある。
体の中も外も全てが筋膜によってつながれていて、私たちが体を動かしている時は、丁度、へちまタワシのような網状の人間が動いていると考えれば良いのだ。
従って、一つ一つの姿勢において、個別的な筋トレという視点ではなく、足の裏から頭の先、手の先までと言った全身的な筋膜の弛緩、緊張という視点で練習するようにしてみたいのだ。

この筋膜を体感する上で役に立つのが東洋医学の三陰三陽という理解である。
経絡を経穴という点で結ぶ線という理解でなく、トンネルのような立体的ルートとして理解し、体を、
★陽明(陽の前側)
★少陽(陽の横側)
★太陽(陽の後ろ側)
★太陰(陰の前側)
★厥陰(陰の横側)
★少陰(陰の後ろ側)
と六分割して把握する訳だ。

具体的な姿勢については実践の中で確かめながら練習することになるが、要するに、上腕二頭筋とか大腿四頭筋などと言った個別の筋肉ではなく、経筋という全身的な立体ルートとして身体を整え、強化していければと考えているのだ。

※経脈(経絡)が気血のルートであるのと同じように、経筋というのは、全身的な筋肉(筋膜)のつながりのルートのことである。

この記事に

開く コメント(0)

気功談義…3 月24日( 金) ケータイ投稿記事

3月24日(金)です。
 仲間のみなさん、おはようございます!

今日の名古屋は晴れ
最高気温 13℃で、日差しがあっても、北風が吹いて寒さが優勢なので、少し暖かめの服装がオススメです。
 花粉が大量飛散するので、対策を怠りなく!

僕は朝の気功教室の後、ある男と食事をしながら気功談義をしてきます。

では、みなさまも好い一日を!

この記事に

開く コメント(0)

安倍首相を侮辱したから証人喚問をする?
何だか戦前の「天皇を侮辱したから逮捕する」(危険思想は弾圧する)に似ている気がしてならない。

証人喚問されるべきは、役人や政治家やアッキーではないのか。
基準が安倍首相への侮辱であるならば、それはもう、彼が独裁者になってきているということだ。

この記事に

開く コメント(0)

生活パターンを変えようと考えた。
春分が終わり、体内の陽の気が動き出した、顔を持ち上げ出したのだと感じる。

基本を歩くことにおいて、その後に1時間ほどのブログタイムを作ることだ。
もう既に、月曜、土曜、日曜の午後に教室のある日はそうしている。
水曜、金曜の朝に教室のある日は、なるべく歩いて自宅に帰ってからブログを書くようにしている。
火曜日はなるべくオフにして、友人と出かけることにしていて、そんな日はブログは書かない。
問題は、教室の無い土曜や日曜、それに木曜の過ごし方だ。

昨年の十一月以来止めていたモーニングブログを再開しなければならないかも知れない。
そうなると、安い喫茶店にするか、コーヒーの美味しい喫茶店にするかだ。
神宮前のスタバやきよめ茶屋でも良いかなとは思うが、週に三度も四度も熱田さんばかりになると、それもつまらない。
何れにしろ、月に4〜6回くらいだろうから、安全に歩いていけるミヤさんか、久屋大通りまで行くかだ。
歩く、そして考える、考えながら文字にする、これが本来の僕のパターンなのだ。

この記事に

開く コメント(0)

2017年3月をもって中日文化センターの気功講座が終わるのを機に、気功を続けたいという人たち数人によって同好会が作られ、4月から場所を名古屋市市政資料館に移し、週一のペースで気功を練習することになりました。

新しく気功を始めてみたい人も、これを機にご参加下さいませ。
◆時
・毎週水曜日、朝10時〜12時
・4月5、12、19、26日

◆所
・名古屋市市政資料館
(地下鉄市役所から東へ徒歩5分)

◆会費
・一ヶ月→4,000円

お問い合わせは

09019816957
kikounosensei@docomo.ne.jp

までお願いします。

この記事に

開く コメント(0)

哲学の道…3 月22日( 水) ケータイ投稿記事

京都の永観堂の北辺りから銀閣寺の前辺りまで「哲学の道」という長い小径がある。
哲学しながら歩く道なのだろう。

哲学しながら歩くという意味は、思索に耽りながらゆったり歩くということなのかも知れない。

しかし、脳内の血行や脳内セロトニンの視点から考えると、そういう歩き方では「哲学」出来ないのではないかと思う。

歩く時は、ただ歩く、ひたすらに歩く、只管打歩でなければ脳内セロトニンの分泌は促進されない。
一定の早さで歩かなければ脳内の血流も良くはならない。

だとすれば、哲学の道の歩き方は、ただひたすらに黙々と歩くのが良いことになる。

そういう歩き方が良いのであれば、日本全国、自分の住んでいる町のどこにでも「哲学の道」はあるのだ。

そして、本当の哲学は、その歩きの後に、静かな場所に腰を下ろしてすれば良いのだ。

良い考えを導き出すのであれば、まずは歩こう!
思索に耽る前に、黙々と歩いてみよう!
人生に迷ったら、まずはアルクことから始めてみよう!

自分のための「哲学の道」を作ること、持っておくことは、人生には必要なことなのである。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事