全体表示

[ リスト ]

兵庫県宍粟市千種町はのどかで山深いところです。
『つちのこ』でも話題の町で、見つけた人には懸賞金が贈られます(笑)


また千種川は名水100選に選ばれており、県内では飛び抜けて水質の良いところです。
ここだけは他府県の名所に遜色ないところだと思います
この日はその支流、板馬見渓谷を久しぶりに訪問。

県道72号線を北上すると、左手に大きな看板が現れます。

イメージ 1 イメージ 2

鳥居をくぐってコンクリートの道へ。ここが渓谷のはじまり

少し進むと笛石山登山道があり、橋が設置されています。

イメージ 3


この橋のすぐ上流と下流に美しい淵があります。

鉈取淵の滝 上段

イメージ 4


同じく 下段

イメージ 5


日が差し込むような開かれた場所ではありませんが、美しい淵がお出迎えしてくれます。

ここから車でさらに上流へ。
以前は登山道入り口まで問題なく行けたのですが・・・

イメージ 6


かなり派手に崩落しています。しかも手直ししているような形跡はなく放置。。。
仕方なく手前に車をとめて15〜20分ほど歩いて登山道入り口駐車場へ

イメージ 7 イメージ 8

ここはかつては女人禁制の修練の山でした。その名残の名前が付く場所が所々に現れます

イメージ 9 イメージ 10

左写真のすぐ先、垢離取場に流れる教霊の滝

イメージ 11


落差は合わせて1〜2m。渓流としては綺麗で素晴らしいけど
・・・・・滝!?

気を取り直して、入り口から15分くらい進むとこの渓谷で最も信仰深い趣がある滝が登場
後山不動滝、落差は10mくらい

イメージ 12


二筋の水流の間の洞窟状のくぼみに不動さんが祀ってあります。
規模や迫力ではない威光のようなものを感じる不思議な滝です。

もう一つ、奥のそうめん滝を目指して木橋を登って上へ

イメージ 13 イメージ 14

一つ目の分岐点が現れる。
左は一般・行者コースへ、右は大馬鹿門コースへ。
そうめん滝は左の一般コースへ

一般・行者コース方面の登山道

イメージ 15 イメージ 16

ゴロゴロ石ころだらけ・・・
目印はたくさんあるし、普通の登山道レベルではありますが、
前回来たとき(五年前)よりもさらに酷くなっているように思います・・・

やがて、行者コースと一般コースの分岐になりますが、

イメージ 17


この看板の20mほど手前にそうめん滝があります。

イメージ 18


水量も多くないし、名前にぴったりな感じです。
そうめん滝まで入り口から30〜40分で到着します。
水量がある程度見込める時期がいいですね

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事