全体表示

[ リスト ]

兵庫県養父市八鹿町

竜ヶ壷・妙見大滝・桜谷の滝の訪問日記

県道265号線から市道(日光院方面)に入ります。

イメージ 1 イメージ 2

分岐点、左手に朽ち果てかけた看板あり。左側ダート道を進む。しばらく車でいけます。


しばらく進んでいくと堤がありますが、その直前の車一台置けるスペースが一番近い駐車場所。
ここから奥に車で進んでいくと、悪路になる一方Uターンもできません。

イメージ 3

少し奥から撮った堤。この景色が見えたら行き過ぎです。引き返してください


登山道の最初の景観。本当にいろんなところに出くわします。

イメージ 4

倒木あり、泥濘あり、茂草あり、崖崩れあり、溯行あり、結構足場は悪く危険を伴いますが
割と平坦な道が多いので体力的にはそれほど難関ではありませんし、
竜ヶ壷までは一本道なので迷う心配もありません。


崖崩れ箇所には無数の『シャガ』別名:胡蝶花が群生しています(5月見頃)

イメージ 5 イメージ 6

登山道から下を眺めると、この渓流にはいくつもの小滝があります。
何箇所か下に降りて近付いてみましたが、なかなか見事な滝もありました。


1時間近く歩いて竜ヶ壷に到着。

竜ヶ壷の下段
イメージ 7

竜ヶ壷の上段
イメージ 8


竜ヶ壷の滝口では2筋の川が合流します。ここからは溯行、

イメージ 12

左沢を行くと約15分で妙見大滝、右沢を行くと約5分で桜谷の滝です。


左の沢の写真

イメージ 9

丁度この写真の右側を上って行けば、大半の沢渡りはパスできます。
踏み後程度の道がありました。


落差およそ20m、竜ヶ壷からは15分ほど、駐車地点から70〜75分で到着。
滝風が清々しく、眺めてると落ち着きます。

イメージ 10


右沢にある桜谷の滝

イメージ 11


竜ヶ壷・桜谷の滝は普通のトレッキングシューズで難なくいけると思います。
妙見大滝は遡行・渡渉があるので、濡れてもいい足回りで行くと良いです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事