全体表示

[ リスト ]

千葉の滝・くそぶヶ滝

兵庫県養父市大屋町、千葉の滝・くそぶヶ滝
コースは違いますがどちらも須留ヶ峰登山道途中にあります。

イメージ 1

右の○が千葉の滝 、 上の○がくそぶヶ滝


明延付近から田淵林道を上がっていくと途中から地道になり、さらに進むと登山道が現れる

イメージ 2 イメージ 3

ここからスタート。


登山道の様子。同じ町内にある天滝渓谷に雰囲気がとてもよく似ています。綺麗な渓谷

イメージ 4 イメージ 5

所々崩れているところもありますが、歩きやすい道です。


イメージ 6

千葉の滝、落差25m 徒歩15分。滝自体は特にこれといって秀でた点はないけど、途中の渓谷がきれいなのでそれら含めて来た甲斐はありました。

ここから先は沢登り登山ルートで、上流には本滝よりも落差の大きい立派な滝もあるそうです。今日はこここで退却。先はまた来年にでも・・・



そしてそこから車で移動してくそぶヶ滝へ

イメージ 7

須留ヶ峰への別の登山口、上のほうで広域林道工事中、ガタガタと工事の音が聞こえてきました。


前半の道

イメージ 8 イメージ 9

かつての林道(廃道)が登山道。結構キツイ登りです。でっかい砂防ダムが何個もあって、それを眺めながら徐々に荒れていく林道を進む。


杉林の中に入って行き、

イメージ 10


滝までの道中で最後の砂防ダム、ここからは沢を歩く。

イメージ 11


入口から滝まで案内板は一切ありませんが、

イメージ 12 イメージ 13

真新しいピンク色の目印が5mおきくらいに現れます。
基本的に普通に行ってたら滝に着くと思います


くそぶヶ滝

イメージ 14

落差10m。着くまで40分かかります。
苦労に見合う感動が味わえるかと聞かれると、否と答えてしまいます(^ ^;

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事