菊千代の部屋

転載、引用、画像などご自由にお使い下さって結構ですよ。(転載条件が存在するものは記載しています)

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全321ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

また2ケ月も放置してしまった…
と言うか、忙しくてね。

毎年ですけどクリスマスなど無いから、
と言いますか、今年はちょうと連休とぶつかったので
滅茶苦茶だよ(笑)
それが終れば正月用で、これはこれで終るのか?という仕事量だったし。

転職の方は…相変わらず何も動きは(苦笑)
現在の職場は日々、もう辞めるぞ、もう辞めるぞと
とまだストレスって堪るんだ!と驚くばかり(笑)

そんな中、たまたま顔見知りの方が
うち来ない?的な案内を貰ったので
最悪、辞める公式宣言をして何も見つけなければそこ行こう、
と多少気楽な感じに。

その気楽さを持ってしまったため、転職活動がさらに滞る展開(笑)

まぁ、でもあれだね、仕事しながら転職活動は難しい、
これは経験済みだけど年齢が上がるとさらに難しいね。

夜、遅く帰宅して、まず酒。
そしてブログも更新せず夢うつつ…ですから(大笑)

ただ、私、酒の量が増えましたよ、
若い頃に飲み始めて、基本、底無しですから(笑)

ところがどっこい、体にダメージは出始めていた。
健康診断で週に2回は休肝日を設けるようにとお達しが。
う=ん、守っていませんが…

そんな中、家にいる時は、音楽を聴いていますよ、相変わらず。
以前も書いたクラシックの時間帯がさらに多いね。
転職含め、ネットで調べものとか集中の妨げになる可能性が低いので。

適当に、「作業用」などと動画アップ主が2時間分とか4時間分とか
いろいろまとめてくれているものを選択することもあるけど
わざわざ自分で選びたい時も。

例えば、


真央ちゃん…、思い出すな。

でいつの頃からか、youtubeって
「作業用」と銘打った長時間の動画でなくても
一つの動画が終れば関連したものが次から次へ再生しますね。

先の動画のショパンなら他の曲を他の演奏者がしているものへも
エンドレスで再生の連続。

私がPCで作業をしている時はそのyoutubeのウインドウ自体はタブを
閉じているので曲のみが流れている状態。

曲がピアニストやバイオリニストのソロや協奏曲の場合、
誰が演奏しているのかは分からない。

そんな中、その旋律を聴いていて、思わず作業を止めて
これはもしかして…
とタブを立ち上げて演奏者を確認することが時々。

その経験は何度かあるのですけど、そこで目にするのは↓


真央ちゃん…思い出すな…

と、過去に真央ちゃん記事のコラボで登場して貰ったこともある
辻井伸行さんが弾いていた、が何度も。

もちろん、彼のファンなら数百、数千回と彼の演奏を聴いているだろうし
すぐに分かるかもしれない。
クラシック・ファンの中にも誰が演奏しているか
音源だけで回答できる方も少なくないでしょう。

私は何度も書きますけど、詳しくないから(笑)
辻井さんのCDは持っていないし特別に集中的に聴いたことも無い。
そりゃ若い頃は、同じ曲で指揮者別に一つづつ聴く、ぐらいは。

ですから、youtubeでいろいろな曲がいろいろな演奏者によって
奏でられていても、動画は隠した状態なので
それが誰、これは誰、までは分からない。

ところが、作業をしていても思わず、うん?と聴き入って
もしかして…と確認すると、ことごとく辻井伸行さんの演奏。

クラシックに造詣が深い方は、その辻井さんのピアノにも
一言二言は素人なりでもあるでしょうし目にしたこともある。

私が言いたいのは、辻井さんが
古今東西で、とか、歴代で〜とか技術や曲の理解など
そういう尺度では無くて、どうして特別に感じるのか。

盲目のピアニストが〜とか、
よく言われる音が柔らかいとかそういう事では無いな。
だって動画を開けてみて辻井さんと再確認したわけですしね。
そもそも曲を流しっぱなしにしている時に辻井さんのことは頭に無いわけ
私の中に。

けれども、この音は…もしかして辻井さんか?と
素人の私が彼の曲を聴きながら出した答え(?)は
辻井さんの奏でる音には邪気が無いというのかな。
他のピアニストが底意地悪いとかそういう意味ではないですよ(笑)

イメージ 1

音がピュアの具体的な説明になるかと思いますが
邪気が無いとは、「やらされている」感が全く感じられない、
素人の私には。

彼が幼い頃の動画を観たことがありますが
お母様が偶然、彼のピアノの才能を発見でしたよね、
つまり、辻井さんは物心付く前から「好きで」音楽、
そしてそれを奏でていた。

そのまま才能を開花し磨く過程も、本人が好きでやって
やがてプロの世界でも一定レベルの評価を得る腕前になった、
その方の奏でる曲は素人にも何か、曲を観賞するだけでなく
特別なものを感じられる。

心地よい、とでも言うのでしょうか。

と素人の私が長々と辻井さんの音の不思議さを推理しても
仕方ないので、これ観ますか。


以前も言ってくれていたけど、辻井さん、
真央ちゃん…変わらず…
偉い!(笑)

それにしても
久々に観たけどさんまさんはいつまでも上手いね(笑)

いずれにせよ、辻井さんのお人柄が分かるね。


辻井さんがラフマニノフを演奏しているので(笑)

と久々の記事でまたも長い文章になっていますが
ちょっと話題を変えて
清原元選手のことで、スポーツ雑誌「Number」が昨年の夏に
事件後にも関わらず甲子園特集で彼を表紙に彼の特集も。

当時、その編集者の想いがネットニュースにも紹介されたので
私も読んでいました。

さらに年末でしたか、その雑誌発売後の反響や
取材過程がやはりネットニュースに。

「「拝啓 清原和博様」 Numberが贈った話題のメッセージ  編集長に想いを聞く」

当時、清原元選手と対戦したことにより
プロ野球選手になることが夢だったものはその道が完全に
閉ざされた方も少なくないと思う。

ところが、一般ファンだけでなく対戦したそれら選手達も
あの事件があったにも関わらず
あの瞬間、あの時代を大切な宝物のように今でも想ってくれていたため、
のような内容なのでご興味のある方は読んでみてください。

最後の台詞がいいね。

 『あなたと同じ時代に生まれて本当に良かったです』

と、2017年の最初の記事で、真央ちゃんのソチFS動画を
使う私のようなものがいても何の不思議も無いことを
ご理解頂ける例かなと(笑)

また記事はぼちぼち書きますね。

http://sports.blogmura.com/skating/ にほんブログ村 スケート
http://blog.with2.net/link.php?1118963 人気ブログランキング

この記事に

開く コメント(1)

いや、あれから特に動きは(笑)

転職活動は全く進まず、と言いますか、
今現在の仕事をしながらでは難しい、来年のある時期に
今の仕事を辞めてからかな。その前に目処はつけとく必要はありますけど。

休日にアルバイトとか、他の収入源や
他の職種の慣れも考えたものの、週末ともなると
仕事の疲れがドッと出て寝込んでいる日もあったので
これは難しいかな…と意志薄弱(苦笑)

その代わり、ちょっとネット上やPCなどでいろいろ準備を。
さらにその代わりかなりの節約生活になるな、しばらくは、
と言いつつ、酒などの嗜好品は全く節約しようとしない自分が(笑)

と軽く今の状況を書いたので、また音楽でも。
最近はよく聴きます、PCでの作業時間が休日ともなると長いので。

これは良かったね。


と過去記事でも紹介したEmmylou Harrisさんによる
これまたビートルズからのカバーですが
この方の歌声は聴き入るな、PCで作業中に手を止めますもの。

あとはクラシックも聴く、もう流しっぱなし。
歌詞が入っていないので、作業に集中…も出来ないもんだ。
例えば、長時間収録しているこれなど(↓)



いきなりノクターンかよ!って。
真央ちゃ〜〜んって声が出るよ、PCの前で(笑)

それからも何度も聴いたあの曲、それが流れる度に
思い起こすあの真央ちゃんのプログラム…
Emmylou Harrisさんの歌声同様に私の手はPC上の作業をやめ…

ってこれでは作業用のBGMになってないだろ!と
わざわざ選曲した自分自身に突っ込む(笑)


と、毎度、真央ちゃんの最新情報は載せない私のブログに
更新していない間も覗いてくださっている方向けの記事になったかな(笑)

http://sports.blogmura.com/skating/ にほんブログ村 スケート
http://blog.with2.net/link.php?1118963 人気ブログランキング

この記事に

開く コメント(6)

昨日記事にした衝撃的なニュースは、
ちょっと…忘れたい、いや、忘れられないだろうけど。

特にイチロー選手をはじめとしたチーム・メートの今後には
間違いなく影響を及ぼすでしょう。

ただ、そう言えば今でこそ、マスメディアも私達一般人たちも
記事にすることはないものの、
それと向き合った該当人物はそれを胸の内に…なんですよね。

あたらめて、それを思い出させてくれた悲しい事件でした。

さて、それに向かいあった一人である我らが浅田真央ちゃん、
先日、お誕生日でした、おめでとうございます(微笑)

イメージ 1

マカヒキがフランス遠征中の凱旋門賞の結果を踏まえて
コラボ記事にしようかと思いましたが、
真央ちゃんだけで記事にしておくか(笑)

では、さまざまな(?)偉大なクラシック・コンポーザー風(?)の
♪Happy Birthday♪、真央ちゃんへ。
例の曲をプロにする時、ローリー・ニコルがピアニストを真央ちゃんのために、
流れで、ピアノだけでいろいろな〜にしましょうか。


ベートーヴェン・バージョンあり、ショパンも、そしてブラームスが続き、
そして…来た〜〜〜、バッハ・バージョンの♪Happy Birthday♪!!

やっと記事に添付できる、真央ちゃんのバッハ、チェロ・スィート!(笑)


真央ちゃん、改めて、おめでとう!


http://sports.blogmura.com/skating/ にほんブログ村 スケート
http://blog.with2.net/link.php?1118963 人気ブログランキング

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(1)

今朝早くだったか、一報を観た時は目を疑った。

ネットニュースで、「イチロー選手が所属する」の文字が入ったため
ニュースタイトルをそのまま読むと
「マーリンズのエース」が続いている、
文字通りエースを指しているなら一人だが…、何かあったのか?と…
そしてその後の単語に、絶句。「事故死」。

まさか、うそだろ!と思い、速報のタイトルに投手の名前が無かったため
記事の詳細へジャンプすると、そこには、間違いであってくれと願った
「ホセ・フェルナンデス投手」と。

言葉を失ったよ、本当に信じられなくて。
ニュースがMLBの選手や関係者に伝わり始めるとそれぞれが
コメントを発表し何人もが「信じられない…」とか「数日前笑顔だったのに…」と、
私も全く同じ。

イメージ 1

イチロー選手が出場した試合は出来るだけ日々チェック。
すると、先発でなくてもベンチにフェルナンデスがいると
異常に明るく笑顔だったり
イチロー選手や他の選手へちょっかい出していることも多いので、
こんな信じがたい訃報を見ても、数日前は笑顔だったじゃない…と、しか。

いつか、イチロー選手とフェルナンデスのことのみの記事を書こうかと
思っていたものの、まさかこんな形で記事を書くことになろうとは。
しかも、今後の物語は無いわけですから…


MLBのため、リスクを冒してキューバから亡命し、
若くしてナショナル・リーグを代表する投手どころか
MLBの将来を担う…まで登りはじめていたのに、
こんな結末が待っていようとは。

しかも、昨年からキューバとアメリカの国交正常化が進み、
今後はキューバの選手が亡命などのリスクを冒す必要が…
に当然なっていくのでしょうし、この時期、というか時代というのか
運命のいたずらとでも。

ホセ・フェルナンデス投手のご冥福をお祈りいたします。

http://sports.blogmura.com/skating/ にほんブログ村 スケート
http://blog.with2.net/link.php?1118963 人気ブログランキング

この記事に

開く コメント(0)

せっかくだからもう1本記事を。
この真央ファンのレジェンド様、さすがだな、と思っていたことを。

まず、この曲から。Juliaちゃん、お願いします(名前がいいよね;笑)


日本でさえ、義務教育を終えていれば、おそらくは無理やりにでも(笑)
聴かせられたろうであろう、ヴィヴァルディの「四季」の「冬」。
その中でも冒頭のアレグロ・ノン・モルトのメロディは誰もが
耳にしているか。

その部分をそのまま使っているのがSweetboxの「ADDICTED


この有名なメロディは確かに使いたい、
もし。ヴィヴァルディの「四季」の「冬」をイメージでもオマージュでも、
何でもいい、「使っていますよ」とインフォメーションしたいのなら。

ところが、レジェンドさまは違った。
「レジェンド様」と言っても、真央ファン以外は分からんか(笑)
真央ファン、つまり、「浅田真央」ちゃんのファンのことです。
フィギュアのプログラム曲にはクラシックが使用されている曲が多いでしょ?

使う曲(の中の一節でも)が最初に決まっている、では「無くて」
真央ちゃんの演技動画が「先に」あって、それにあったメロディを
探した感じだね。

そういうこと。
その流れで詳しい方が、オリジナルで動画を製作も、ってこと。
例えば、このヴィヴァルディ、「四季(冬)」なら


普通ならアレグロ・ノン・モルトにある、あの旋律はどこかで使いたいだろ。
それをだ、使わない勇気(笑)

ラルゴ からスタート&メインに据えて…
レジェンド様、さすが!

と、ここまで書いておいて念のため。
「アレグロ・ノン・モルト」とか「ラルゴ」など書いていると
いかにも私はクラシックに詳しいかと思われる方も。

当然、私も事前に調べるって(笑) 
私、訪問者を騙そうとかそんなセコイ考えはありませんし〜〜〜

イメージ 1

ただ、正直、Juliaさまには恋心を…(おい!)

これは他のブログを拝読するさいにも参考にして欲しいのですが
例えば、音楽「クラシック」ならいかにも高尚な趣味なり知識を持った
人物が書いているのか?と思われる?

実際は違う、違う。
それはもちろん、今現在、音楽関係の仕事なり深く趣味を持たれている方なら
クラシックにも造詣が深く
「アレグロ・ノン・モルト」とか「ラルゴ」など自身の中では使用は当然、
読み手も当然「知っているだろ」が前提の記事。

長くなりそうだな、
私は特別、クラシックに詳しいとは思わない、
自身が知っている、
何よりただ「好き」な曲の中で真央ちゃんとリンク記事を書いているだけ。
思い浮かべば。

先述のレジェンド様もそうでしょう?
おそらく、いくら探しても自身が「音楽に詳しい」とか「クワシックに詳しい」など
自称でも一言すら自身のサイトでプチ自慢すらじていないはず。

ただ単に、自身が最も好きなアスリートであり人物に
自身が好きなジャンルの音楽を動画でも、って感じでしょ。

だから信じられるし、尊敬できるんだよ。

眠くなって何を書いているか訳分からなくなってきたので…
つづく(またかよ!)

http://sports.blogmura.com/skating/ にほんブログ村 スケート
http://blog.with2.net/link.php?1118963 人気ブログランキング

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

全321ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事