全体表示

[ リスト ]

政府が策定中の国家公務員の出向や再就職の指針などを盛り込んだ「国家公務員退職管理基本方針」の全容が21日、明らかになった。近く閣議決定するという。6月22日の毎日新聞記事を紹介しコメントする。

「毎日新聞が入手した原案によると、官庁人事の停滞回避や、公共部門での知見の活用を根拠に、独立行政法人などに公務員が出向する“現役の天下り”を容認している。

次官や局長レースに敗れた高級幹部の受け皿として上級の“専門スタッフ職”を新設するなど公務員に手厚い内容だ。政府関係者は“公務員に定年まで能力を発揮してもらうため”と説明。退職後の官僚OBが独法などに天下りを重ねる“渡り”とは違うと強調する。

 しかし、民主党は衆院選マニフェストで、官僚の天下り根絶など公務員制度改革をアピール。官僚OBの天下りに加え、各省庁の既得権の温存などにつながりかねない現役官僚の政府系機関への出向も厳しく制限する方針を示してきた。

それだけに、従来の改革姿勢に逆行するような菅政権の“基本方針”に批判も出そうだ。 “基本方針”は、現役官僚の独法や特殊法人などへの出向を“法人側のニーズがあること”を条件に容認している。

鳩山前政権は昨年末、独法の役員ポストへの天下りを原則禁止し公募で選ぶ方針を決めたが、今回は“省庁からの現役出向の場合、公募の対象にしない”と明記。さらに、政策に関する調査や研究に限って認められている公益法人への現役官僚の出向についても“公共性が高い法人”を前提に拡充する。

 一方、次官や局長コースから外れたキャリア官僚に対する早期退職勧奨(肩たたき)について、民主党は昨夏の衆院選で“禁止”を打ち出した。しかし、“基本方針”は、国家公務員の総人件費抑制を優先し、各省庁が再就職のあっせんを行わないことを条件に“肩たたき”を認めることにした。」

 官僚の天下りを全面禁止する民主党の姿勢には、うさんくさいものを感じていた。それと言うのも、天下りには官僚機構の新陳代謝を促進するプラスの機能もあると考えていたからである。天下りをしないと、役所は高給官僚で膨れ上がり、新人は採用されない。

 政権を取って、初めて天下りのプラス面にも気付いたのだろうが、それではバカの一つ覚えのように「天下りの有無」で独法を一方的に断罪し、国民の目を幻惑させた「仕分け作業」はどうなるのか。これも政権交代とその維持のための、サギ的行為であったのか。

この記事に

閉じる コメント(8)

顔アイコン

詐欺フェストで獲得した議席にはもはやなんの正当性もありません。
衆議院を解散して、衆参同時選挙を行なうべきでしょう。

2010/6/22(火) 午後 0:23 [ heavylance ] 返信する

顔アイコン

民主党のやっている事はまさに思い付きです、
勿論、昨年選挙でマニフェストを作ったときは政府の外にいて情報が全く入手できず想像の上でのシュミレーションと言うのは考慮するにしても、その説明が誠意がないですね。
はっきりと「情報不足で当時は認識が甘かった」と言えばいいのに。
何かいいわけめいたことを後付の理由として強弁する姿勢がいただけません。傑作

2010/6/22(火) 午後 9:28 千葉日台 返信する

顔アイコン

もう、民主党の酷さ、愚かさには言葉を失いそうです。KIMさんの粘りにには敬服します(脱帽)。私は鳩山だけが「鳥」の一種だと勘違いしていましたが、民主党は全員「鳥」であることに気が付きました。しかも、鳥類のなかで最悪の鳥、「末期ガン」という鳥です。これに取りつかれると人は死に、国は滅びます!参院選で出来るだけ駆除しないと大変です。頑張りましょう!

2010/6/22(火) 午後 10:09 [ joynat ] 返信する

顔アイコン

太郎とももさん、コメントありがとう。ご指摘のように、衆院選の民主党マニフェストは正に詐欺フェストと言われても仕方のない内容でした。それによって選挙民を騙した。正にあの巨大な議席数に正当性はありませんね。

2010/6/22(火) 午後 10:46 [ kim**3hiro ] 返信する

顔アイコン

千葉日台さん、コメントと傑作ありがとう。ご指摘の通りです。マニフェストを見込み違いで実行出来ないのなら、素直に謝罪すればいいのです。それをつべこべ釈明する。あるいは自らの失敗を自民党のせいにする。いただけません。

2010/6/22(火) 午後 10:50 [ kim**3hiro ] 返信する

顔アイコン

純一郎さん、コメントありがとう。ご指摘の通りです。民主党は出来もしないことをよくマニフェストに載せたものです。ちょっと考えればほとんど実行することが出来ないものばかり。それに騙された選挙民も浅慮ではありますが。例えば沖縄の基地を国外への主張。これはかっての社会党の安保反対、基地撤去とどれだけ違うのでしょうか。

2010/6/22(火) 午後 11:01 [ kim**3hiro ] 返信する

顔アイコン

■<公務員退職管理>「現役の天下り」を容認 改革に逆行―空想科学小説なみの幼稚な考えでは政治主導など実現できない!!
http://goo.gl/fXM5
こんにちは。民主党、結局は政治主導を実現できないようです。それは、当然といえば、当然です。ドラッカーが語っているように、官僚の優位性はほとんどあらゆる先進国で一般的です。アメリカといくつかのあまり人口の多くない英語圏の国、すなわちオーストラリア、ニュージーランド、カナダのほうが例外です。そうして、これらの国がなぜ、政治主導を実現できるかといえば、大規模な政策決定案、法律案を設定できる有能なシンクタンクを時間をかけて養成していることです。これなしに官僚抜きの政治主導などできません。このようなシンクタンク日本でもつくってもいいかもしれません。しかし、養成には時間がかります、やはり、それまでは、官僚を活用する形の政治主導の制度設計をするしかないです。詳細は、是非私のブログを御覧になってください。

2010/6/23(水) 午前 10:42 [ yut*k*rlson ] 返信する

顔アイコン

yutakrlsonさん、コメントあらいがとう。民主党というのは、どうしてこれほどまでに言うこととやることが違うのでしょうか。国民もその違いを冷静に把握しなければなりません。少なくとも、これまでの民主党の政策は、現実に立脚したものでなく、彼らの頭の中で造られた、ご指摘の「空想」の産物でしかないのです。

2010/6/24(木) 午前 10:46 [ kim**3hiro ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事