オバハンからの気まぐれブログ

パキスタン在住30数年のオバハンが、気まぐれにお届けいたします!

オバハン便り

すべて表示

被災地ギルギット

ようやく飛行機が飛び、ギルギットから首都へ帰って来て、まるで天国のようだと、普通生活の有難味を実感している。3月半ばから急激に体調が改善??されたように感じられ、急きょ1週間ばかりギルギットヘ行くと思い立ったものの、やはりギルギットは遠い。

ギルギットも昨秋から数度も立て続けに起こっている大きな地震で被害が出ている。そこへ3月末からの豪雨・洪水。 「いまギルギットヘ来たら大変なめに遭うから、時期を遅らせて〜」という母子センター相談役の電話は軽く聞き流した。普通生活の中では被災地、被災者の困苦はなかなか想像が出来ない。

3月末の洪水ではギルギット上部の水力発電所が半壊。続けてまたまた地震で半分埋まり、24時間電気はなし。 急斜面の脆いカラコルム・ハイウエーは70劼謀呂辰栃壊し続け、完全復旧の見込みもなく、ギルギットには食料も燃料の搬入もなく、文字通り陸の孤島。
連日、陸軍のC130がギルギットの小さな空港へ飛来、なんとか主食だけは運び込んではいたが、焼け石に水。 バザールで見かけるのは土地物の青菜とじゃがいもだけで、他は皆無。主食の小麦なども3倍近い値段で店も大半が休業、閑散。 役所には発電機をまわす燃料もなく、役人たちは真っ暗な中でデスクの前に座っているだけ。むっちゃ不気味〜

電気なし、TVのニュースにも縁はなく、ギルギットで飲み食いできるのは、連日、薄い野菜カレーと小さなチャパティ1枚だけの生活。終日、空腹感はあるものの、とりあえず食べられたのは有難い。被災された方々の不安や困窮が想像できるというものだ。 そして、自宅へ帰って来て熊本やエクアドルの大地震を知った始末だ。


* 昨秋以来の大地震で、寒さに震えている被災された方々へは、母子センター相談役が中心になって以下の支援をしました。 春のミーナ・バザール用にストックしてあった衣料品(中古を含む)約800着、毛糸の帽子200、毛布20、男性用の大判チャドル20枚など。

その他の最新記事

すべて表示

パキスタンは元宗主国イギリスの学制を布いていますから、毎年進級試験があります。進級試験で落ちこぼれるのは小学校3、4年生の算数で躓くから…と思い込み、この数年は村々での算数教室に力を入れて来ました。 しかし2014年の調査では、初等教育 ...すべて表示すべて表示

ふと、NWA(日パ・ウエルフェアー・アソシエーション)の活動報告14年度分を載せてみようと思い立って…… 先般の報告会でも配布した「ニュース・レター」を引っ張り出してみた。 な、なんと……5年以上もギルギットのニュースを載せていない。我 ...すべて表示すべて表示

かき氷

2010/6/19(土) 午後 11:20

先般の涼しさは何処へやら… 3日前から徐々に気温が上がり出した。きょうは40℃を少し超えたかと思う。 イスラマバード在住の日本人有志女性たちの活動されるボランティア団体、「ジャカランダ(春に薄紫色の小花を咲かせ、街路を霞のように彩る)」 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事