ここから本文です
森の木陰でドンジャラホイ !
今年はどんな蘭がみられるのかな !

白バック撮影テスト

一日中冷たい雨の日曜日 こんな日もあるかと出かけず白バック撮影テストしてみた
被写体は収集箱の中にあるタカラガイ 
タカラガイは幼貝、若貝、大人の個体で変異の幅も大きく 打ち上げには岩場とか砂浜をゴロゴロ転がりながら表面の模様が削られたものが多い 
図鑑はあるが凹々道にとって同定は難しい でもいつか纏めなければとも思うが
間違いがあれば指摘していただければ有難いです では

ハナビラダカラガイ
イメージ 1

キイロダカラガイ
イメージ 2
ハナマルユキガイ
イメージ 12
色が黒と茶色の2種類あるがこれも↑と同じ?
イメージ 6


不明1
イメージ 3

不明2 (全て模様は違うが・・・・・)
イメージ 4
↑の裏側 (左半分まで模様あり)
イメージ 5

不明3
イメージ 7

ウキダカラ
イメージ 8イメージ 9





















イメージ 10イメージ 11不明4























たぶん次回に続く かも (笑)






















この記事に

 タラノメの様子を見に行くと 今年は例年より遅いかなぁ
 タラノメ少し ドンコの様なシイタケ  いくらでも採れそうなフキノトウ
イメージ 1
 まぁ今日はこのくらいで勘弁してやるかってか

 天ぷらにしてみました  ちくわも山で採れればなぁ
イメージ 8

 その他 民家のハクモクレン
イメージ 2

 絡める物は無いかと 有りました上総堀りの自噴井戸と
イメージ 3

                         いすみ鉄道キハ52と菜の花
イメージ 4

丸いタンクじゃないLNG運搬船も有るんだ
イメージ 5

よくある丸いタンク 東電富津 (タグボートだらけとカイトサーフィン)
イメージ 6

この船の積み荷は?
イメージ 7

この記事に

何年待てば現れるのか

      3/19
イメージ 1

イメージ 2
同業者の皆さん残念でした

この記事に

開くトラックバック(0)

ヒメフタバラン

フタバランにもアオフタバラン、コフタバラン、タカネフタバラン、ミヤマフタバラン等有りヒメフタバランの中にもナガバヒメフタバラン、ミドリヒメフタバラン、ムラサキフタバラン等があるらしい
フタバラン属の中では最も早く咲くMFのヒメフタバランです
今年は10日〜2週間程度遅いかなぁ
イメージ 1

  絞ればバックがうるさいので開放F2,8
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

                 斑入りは別の名前で呼ぶこともあるらしいです
イメージ 5

この記事に

笠森観音

       ラフターとかCADの無い時代に どうやって建築したのかと

       よく見る構図
イメージ 1

       ぐるっと一周してみた
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

  片隅には見事な春蘭
イメージ 8

       桜の咲く頃 再訪予定
イメージ 7


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事