ある地方公務員の隠れ家

まちづくりと公共政策について考えます。

全体表示

[ リスト ]

 辻琢也教授の人事考課に関する論考は、「辻理論」として以前紹介しましたが、この資料を基に辻教授自身が講演において具体的な説明をされている資料を見つけました。

 「地方自治・新時代を担うひとづくり(平成18年度 人材育成等アドバイザー派遣事例集)」(地方公務員制度研究会)がそれです。

 同書は、県から研修担当宛に参考資料として送付されていました。

 これには、平成18年度人材育成等アドバイザー派遣事業の一つとして、同教授が平成18年9月4日、和歌山県内市町村人事担当職員を対象に、「新給与制度における人事評価(勤務評定)について」という演題で講演したものの記録です。

 また、他に同教授が大分県別府市で行った「人材育成のための人事評価」と題する講演についても収録されています。 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事