こちらキンモクセイ文庫です

2014年からブログ開始。2015年5月28日に「キンモクセイ文庫」オープンしました。勧誘・出会い系のコメントはお断りします。
先日まとめました3月の予定の内、参加の催の予定しに追加です。

3/18〜3/20 いまどきのブックフェアVol.3 Inpact Hub Kyoto(西陣産業創造會舘(旧西陣電話局)2階)
こちらのイベントにも出品者として参加する事が先日確定しました!
19日の「こどもブックフェスタ」では、当日お持ちする本も児童書・絵本が中心ですが、そちらとはまた別に、一般書の小説やエッセイ、また文庫で集めていますジャンルの本をこのイベントでは出品する予定です。
イベントの会期は18日の13:00〜15日の15:00ですので、そちらにもどうかお立ち寄りください。

詳しくは以下のリンク先のサイトをご覧ください

・50時間限定本屋 いまどきのブックフェア(3/18〜20)

この記事に

開く コメント(0)

今月のキンモクセイ文庫の開館日、また休館日は以下の通りです。

●1・4・6・8・11・18・20・22・25・27・29日 / 10:00〜18:00
●5・12・14・26・30日 / 13:00〜18:00
●2・7・9・13・16・21・23・28日 / 15:00〜18:00
※3・10・15・17・19・24・31日は休館いたします。また今月は急な用事が入って開館時間が変更になったり休館になる日があります。ご迷惑をおかけして申し訳ないです。

文庫にお越しになる際のアクセス等につきましては、先月の日記をご参考ください。

また、キンモクセイ文庫の日常の様子や、時々記念日や季節の行事の時期に合わせて文庫の一角で行う本の企画コーナーの紹介については「キンモクセイ文庫」のツイッターをご覧になってください。

さらに今月参加予定の催しは以下の通りです。

・3/15 やなぎやガーデンマーケット:叡山電車出町柳駅前 やなぎやギャラリー中庭
「キンモクセイ文庫」で参加の予定ですので、当日お立ち寄り頂けましたら何よりです。

・3/19 こどもブックフェスタ〜こどもとおとなと本とあそびと〜
大阪府立大型児童館ビッグバンで行われますこちらのイベントにも「キンモクセイ文庫」として参加の予定をしています。
当日は児童書や絵本の古本販売の他、母が手づくり布絵本の教室で作りました布絵本の展示や、布おもちゃの魚釣りゲームの企画も検討中です。よろしくお願いいたします。

詳しくはリンク先の主催の大阪府立児童館ビッグバン及び、協力の大吉堂さんの案内をご覧ください。

・ビッグバンからのお知らせ こどもブックフェスタ〜こどもとおとなと本とあそびと〜出店者募集!

・こどもブックフェスタ 〜こどもとおとなと本とあそびと〜(大吉堂ブログ)

イメージ 1


この記事に

開く コメント(0)

こちらの日記は、ツイッターで「いいねされた数だけ本棚の本を紹介する」というタグを見つけ、「本棚の本」=文庫の本となりますが、少しでもキンモクセイ文庫の本の紹介となりましたらと思い、「キンモクセイ文庫」のツイッターでツイートしたもののまとめになります(またこちらでは、ツイートでは字数が足りなくて説明が足りなかった所の補足もあります)。

イメージ 1

(1)『モーツァルトの宗教音楽』(カルル・ド・ニ著)文庫クセジュの1冊。モーツァルトの宗教音楽についてミサ曲から晩年の『レクイエム』まで解説した1冊。自分がミサ曲を聴いていくきっかけとなったモーツァルトのミサ曲についての紹介のある貴重な本。

(2)『おまじないは魔法の香水』(あんびるやすこ作)。ハーブ魔女トパーズの後を継いだ少女ジャレットの話「魔法の庭ものがたり」の1冊。ある日レスキュー犬を目指す小型犬、ギフィがトパーズ荘の庭に現れ、一方片思いの男性を振り向かせるための香水を依頼する女性もトパーズ荘に…?

(3)『季節のカントリーノート』(高柳佐知子著)。高柳佐知子さんの1979年1月から1980年2月までの期間の絵日記的な1冊。イラストだけでなく、日記として添えられた文章も高柳さんの書かれたものがそのまま用いられ1冊となった素敵な本。

(4)『アルザスのおばあさん』(プーパ・モントフィエ絵・文)。筆者が「オマ」と呼ぶフランスのアルザス地方に住む祖母とのひと夏の思い出を描いた絵本。素朴ながらアルザスの風景や筆者の祖母の家の様子などが細かに描かれた1冊。

(5)『アントルメ・メゾン ヨーロッパのデザート用菓子』(飯田深雪著)。母親が飯田深雪さんの系統のアートフラワーの教室に通っていた子どもの頃、図書館でこの本と出会い「飯田深雪さんはお菓子の本も書いていたの?」と驚いた所から手に。この本で初めて知ったお菓子も。

(6)『The Bird's Christmas Carol』自分が小学校の頃読んでいた偕成社の「少女名作文学シリーズ」の中で1番好きな物語『クリスマスの天使』(ケート・ダグラス・ウィギン著)の原著。見つけた時は正に「どひゃっほう!」と。

(7)『気まぐれ列車で出発進行』(種村直樹著)。文庫に置いてある、兄が愛読して集めたレイルウェイ・ライターの種村直樹氏の本の内の1冊。「種村直樹さんの本で読むならまずどの本?」と兄に聞いた時に勧められたシリーズの1作目。 

(8)『東日本大震災 消防隊員死闘の記』。東日本大震災の被災地の南三陸消防署・亘理消防署の消防隊員、また被災地に応援に駆け付けた兵庫県隊の神戸消防局の消防隊員による、震災当時の被災地の状況とその中での消防隊員の活動についてまとめた体験記。

(9)『われらの図書館』(前川恒雄著)。昨年夏葉社さんから復刊された『移動図書館ひまわり号』の筑摩書房版の前年に同社から発行された、前川氏の図書館についての現場の体験と考察をまとめた本。図書館のあり方について30年近く経つ今に通じる問題となっている点の指摘も。

(10)『ねことおもちゃのじかん』(レズリー・アン・アイボリー作;木原悦子訳)。作者や作者の息子や友人の家の猫と、それぞれに由来のあるおもちゃを描いた絵本。この本の原著(『CATS AMONG THE TOYS』)と同じ絵の『THE BIRTHDAY CAT』は猫のオクトパシーがお気に入りのおもちゃを探す話でその違いも注目。

なお、こちらで紹介しました10冊の本を今日と明日は企画コーナーに置いています。よろしかったらお立ち寄りください(明日は学校図書館ボランティアのため文庫は午後3時からとなります)。画像では撮影の関係でこちらで紹介した本の内、一部の本が写っていなくてすみません)。

この記事に

開く コメント(0)

今月のキンモクセイ文庫の開館日、また休館日は以下の通りです。

今月はセミナーなどに参加しましたり、文庫主が東京で用事があり上京するため、休館日が増えまして、開館時間が変更になっていましたり、開館日が変更になっている日もありますのでご注意ください。

●1・4・6・8・18・20・22・27日 / 10:00〜18:00
●5・19・26日 / 13:00〜18:00
●2・7・9・14・16・21・23・25・28日 / 15:00〜18:00
※3・9〜13・15・17・24日は休館いたします。また9日から13日までは臨時休館のため連休となります。ご迷惑をおかけして申し訳ないです。

文庫にお越しになる際のアクセス等につきましては、先月の日記をご参考ください。

また、キンモクセイ文庫の日常の様子や、時々記念日や季節の行事の時期に合わせて文庫の一角で行う本の企画コーナーの紹介については「キンモクセイ文庫」のツイッターをご覧になってください。

さらに今月参加予定の催しは以下の通りです。

・2/10〜19(水曜日定休) 「絵本と大切な人に贈りたい紙雑貨」
神戸元町の雑貨店アトリエシードさんで、絵本やその関連本の料理やお菓子の本などを選んで置かせて頂きます(今回は比較的発行年が新しめの本や、個人的にお店にいらっしゃる方にお勧めしたい物語の本をセレクトしています)。また手作り雑貨の作家さんによる紙雑貨等の販売とお茶とお菓子のサービスもあります。ぜひいらしてください!
詳しくはリンク先のアトリエシードさんのブログをご覧ください。

●キンモクセイ文庫さんのとっておき絵本と大切な人に贈りたい紙雑貨展!2月開催! (2017年1月27日)

・2/15 やなぎやガーデンマーケット:叡山電車出町柳駅前 やなぎやギャラリー中庭
「キンモクセイ文庫」で参加の予定ですので、当日お立ち寄り頂けましたら何よりです。

また来月の話になりますが、3月19日に大阪府立大型児童館ビッグバンで行われます「こどもブックフェスタ〜こどもとおとなと本とあそびと〜」にも「キンモクセイ文庫」として参加の予定をしています。
当日は児童書や絵本の古本販売の他、母が手づくり布絵本の教室で作りました布絵本の展示や、布おもちゃの魚釣りゲームの企画も検討中です。よろしくお願いいたします。

この記事に

開く コメント(0)

今日になってからのご挨拶となりましたが、あけましておめでとうございます!
2015年の5月末に「キンモクセイ文庫」を開館しまして、おかげさまで1年7ヶ月となりました。Twitterやこのブログをご覧になってくださる方もいらっしゃいましたり、昨年は文庫についても色々ご紹介頂く機会もあり、少しずつ皆様に文庫の事を覚えて頂けるようになって何よりです。それでも文庫とそちらにある本の宣伝もまだまだ足りない所もありますし、これからも頑張っていきたいと思います。
今年もよろしくお願いいたします!

今月のキンモクセイ文庫の開館日、また休館日は以下の通りです。

●4・7・9・11・14・16・18・21・23・25・28・30日 / 10:00〜18:00
●5・12・17・19・24・26日 / 15:00〜18:00
●10・22・29日 / 13:00〜18:00
※1〜3、6、8、13、15、20、27日は休館いたします。また来月は2月9日から13日までの期間、臨時休館となります。ご迷惑をおかけして申し訳ないです。

今月も開館時間が変更になっていましたり、開館日が変更になっている日もあります。
現在、地域のボランティア活動(学校図書館ボランティア)の方が毎週火曜日と木曜日の12:00〜14:00までありますので、ボランティア活動のある日は開館時間が15:00〜18:00となります。曜日によって開館時間が違いましてご面倒をおかけして申し訳ありません。

また文庫までのアクセスについては以下の通りです。
※京阪電車石山坂本線「三井寺」駅より徒歩3分(三井寺駅から琵琶湖方向に向かい、左に曲がって琵琶湖疎水にかかっている橋を渡り、さらに「観音寺西」の信号の所を三井寺(園城寺)の方に向かい左に曲がった先の京阪電車の踏切横の道路に面した家になります)。
※JRご利用の方は、琵琶湖線「膳所」駅から「京阪膳所」駅、またはJR湖西線「大津京」駅より「皇子山」駅へ京阪電車へ乗り換えてお越しください。
※誠に恐縮ですが、こちらの文庫には駐車スペースはありませんので(自転車は文庫の前の道路横に1台ほどしか停められませんので)、なるべく公共の交通機関でお越しください。
キンモクセイ文庫の前の道路を挟んで向かい側の駐車スペースは、キンモクセイ文庫及び文庫主個人宅の駐車スペースではなく、近所の別のお宅の駐車スペースです。そちらへの無断駐車・ごみの放置や投棄は絶対にしないでください。

キンモクセイ文庫の日常の様子や、時々記念日や季節の行事の時期に合わせて文庫の一角で行う本の企画コーナーの紹介については「キンモクセイ文庫」のツイッターをご覧になってください。

また今月「キンモクセイ文庫」として参加する催しの予定は以下の通りです。

・1/6〜1/25
「初春のみの市 古いもの なつかしいもの」
京都の桂の「雑貨店おやつ」さんで、今月の6日から25日まで「キンモクセイ文庫」として古本を置いて頂く事になりました。児童書やお菓子・手芸の本などをお持ちする予定をしています。
詳細は雑貨店おやつさんのブログをご覧ください。

・1/15 やなぎやガーデンマーケット
叡山電車の出町柳駅前のやなぎやギャラリーの中庭(ビルの奥の方)で開催されている催しです。古本と手作りの花結びストラップ、また折り紙の小物などをお持ちします。
今月は日曜日の開催です。お近くまで来られる方はよろしかったらお立ち寄りください。



この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事