全体表示

[ リスト ]

松陰習学館

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

今から150年前の嘉永五年三月廿四日、吉田松陰と宮部鼎蔵は
羽州街道七ヶ宿の滑津宿に泊まる、翌廿五日は滑津宿を発ち、
目的の上杉の城下町米沢に向う。

たった一泊しただけの滑津宿、ここの地区公民館の名称が
松陰習学館なのである。

滑津宿の本陣であった安藤家で羽州街道交流会の立ち上げが
あった時に、福岡から街道関係の代表者としてk女史が参加された。

kさんは大の松陰ファン、東北の片田舎の宿場にきて、公民館の
松陰習学館をみて、私に聞いた。

「これってまつかげと読むんですか」と

「しょういんです。吉田松陰はここに泊まっているのです。」と
応えると、彼女は言葉もでないほど驚き、感激されていた。

まさか、このような地で松陰先生と出会えるとはの思いであった
ことだろう。

写真1,2 滑津宿本陣安藤家
写真3,4 松陰習学館(滑津地区公民館)

この記事に

閉じる コメント(9)

顔アイコン

素敵な出会いですね・・・。
厚く積もった雪が似合う公民館、横の大きな松はその頃に植えられたのでしょうか。
松の陰ってお名前も素敵ですね。

2008/1/31(木) 午後 10:24 [ -- ] 返信する

顔アイコン

osteoさん、時間を越えたこういう出会いもいいですね、kさんの喜びようは大変なものでした。一泊しただけの松陰を「しょういんしゅうがくかん」と地区の公民館名にするとはここの人たちも中々ですね。

2008/2/1(金) 午前 7:58 [ kinos ] 返信する

顔アイコン

歴史のある街は、いろいろなものが現存しているのですね。

柔らかな雪をのせた、建物がとても良い感じです。
ポチ。

2008/2/1(金) 午前 10:07 [ バタフライ ] 返信する

顔アイコン

雪国って素晴らしいですね! 綺麗で芸術的にも見えます。松陰にちなんだ習学館は公民館になっているのですね。

2008/2/1(金) 午後 7:04 ksa*isa*18*1 返信する

顔アイコン

butterflyさん、建物は黙っていても歴史を語ってくれています。確かに雪も似合っていますね。ポチありがとうございます。

2008/2/1(金) 午後 9:47 [ kinos ] 返信する

顔アイコン

kuriさん、僕は雪が降るたびに心が浮き立ちます。雪景色が千変万化で素晴らしいからです。公民館は松陰に因んで松陰習学館と命名されたようです。

2008/2/1(金) 午後 9:50 [ kinos ] 返信する

顔アイコン

松蔭の大ファンのk女史の驚きと感激、伝わってきますね。
本陣の安藤家、歴史を感じます。雪景色とてもいいですね。

以前、萩へ行ったとき、松陰神社、松下村塾 などを訪れたことがあります。 奥羽と縁があったことを知り、改めて松蔭の人となりに思いをはせています。

2008/2/2(土) 午後 0:23 kokko 返信する

顔アイコン

kokkoさん、一関から松島に入り、松陰はそこで富士山をみたと記述しています。松島からは舟で塩釜に渡り、仙台の芭蕉に辻付近に宿をとっています。4泊していますね、松陰縁の地は東北に多いですよ。萩の松陰神社、松下村塾にもいかれましたか、kokkoさんも相当な松陰通ですね。

2008/2/2(土) 午後 1:39 [ kinos ] 返信する

柴田町の船岡城址や白石城に花見行った帰り、この安藤家に立ち寄りました。ここに吉田松陰が泊まったなんて初めて知りました。ご教示いただくことばかりで恐縮しています。

2008/8/30(土) 午後 4:51 kei 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事