日月星辰・峠の記(峠窯裏日記)

四国の山里で“やきもの”を焼く“CHAWANYA・ヨッサン”のつれづれ日記

全体表示

[ リスト ]

登泉堂?

イメージ 1

工房に上ると(山の中にあるので上るといいます)、ドアノブにお菓子の入った紙袋が吊るされてありました。
昨日は父の精密検査で病院に半日がかりになり 工房には行っておりませんでしたので、昨日或いは今朝早く誰かが持ってきてくれたものでしょう。

有名な今治の菓子処・登泉堂(とうせんどう)の包みです(ゴクッ)。

“一体誰が持ってきてくれたのだろう?” − いろいろ心当たりが頭の中をめぐります。

“あの人?” 、 “あの方??”、 いやいや“あいつ???”、若しかしたら“あのお女(ひと)?”
登泉堂つながりで色々と憶測を重ねます。
結局絞りあぐねていたところ、2時頃電話が鳴りまして・・・

やっと判明致しました! 犯人(ゴメン)は大三島の心優しき友人Fでした!! 丁度昨日今治に用事があって、ブログで母の死を知っていた彼が、お供えの生菓子とケーキを持って立ち寄ってくれていたのでした。

すまんなア、はるばる遠くを来てくれたのに(暫くは事情があって工房に居れる時間が不規則になりそうです)。
生菓子は母の祭壇に供え、ケーキは母の供養を兼ねて(?)私達残った家族で戴きました。

さすが登泉堂の生クリームは濃厚さの深みが違います!
夏場は目からウロコのカキ氷であまりにも有名ですが、元々は和菓子屋さん、

和菓子屋の作ったケーキも、ごっつうイケル

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事