ここから本文です
カーク船長の釣り日記
大阪発→大阪湾・兵庫・和歌山・三重・福井等の船釣りが中心です。文章がダラダラ長いので、お暇な時にでもどうぞ。
2017年3月18日(土)昇雄丸@和歌山・串本

日出6:03 正中12:05 日没18:07
潮@串本・中潮(大→小)3日目
天候:晴  風向:特定出来ず(微風〜5m以下)  潮:下り潮  水温:18.5度  波高:凪
気温5→15℃

イメージ 1

(結果)
イメージ 2



さて、ぼちぼち抱卵グレが釣れているとのことで、土曜日に予約。またまた一匹狼さんと一緒です。前日はよく釣れていたので、釣れすぎたらどうしようとか考えて出撃(笑)。

うちを2時半に出て、一匹狼さん宅に寄り、一車線になってから遅い車にしばらくブロックされましたが、5時過ぎには到着しました。私らの他にお客さんは1名で、私がはじめてここの船に来た時に一緒になった方でご挨拶。

イメージ 3

船長の指示で私ら2人は前の左右に入るようで、船長がクーラーを運んでくれますので、私のクーラーが右舷側、一匹狼さんのが左舷側に置かれたのでその通りに入りました。

イメージ 4

6時頃に出船と聞いてましたが。準備できたので確か5時45分くらいに出船です。ポイントには6時過ぎに到着、はっきり覚えてませんが、この写真が6時11分とあるので、それくらいに釣り開始だったと思います。波はほとんどありません。風も弱いので絶好の釣り日和です。

イメージ 5

ポイントに到着して、思っていたより早く「やって下さい」の合図があり、まだ準備できていなかったので1流し目は仕掛けを入れることができませんでした(汗)。指示ダナは確か20mくらいだったと思います。

イメージ 6

あいかわらず海底の変化がはげしいところのようです。

イメージ 7

たぶん、最初の1流しめは誰も釣れなかったように思いますが、後ろは見えないのでわかりません。

二流し目、ちゃんと仕掛けを投入。仕掛けはハリス5号3本針3ヒロでやりました。ここ最近は4ヒロのほうが良いらしいです。もし食わないようなら4ヒロのに変えるつもりで、とりあえずはじめました。

すると、すぐにアタリがあり、よく引いて上がってきたのはイサギのダブルでしたが、1匹はかなり体高があり、一瞬グレかと思うくらいでした。

イメージ 8

次の流しもイサギが釣れました。イサギのポイントなのかと思いましたが、一匹狼さんはグレを釣っていたので、グレもいるようです。

しばらくイサギが釣れていましたが、船長がやってきて、昨日から水温が2℃も急上昇したようで、グレは食いが悪いとのこと。確かに、私はグレが釣れず、イサギも釣れなくなってきました。なので、ハリス4号4ヒロにチェンジ。

すると、少し深場?へ移動。今度の指示ダナは30mでした。確か、ここへ来たらグレがぼつぼつ釣れ出したように思います。ウメイロとグレのダブルも1回あり、ウメイロのダブルもありました。

イメージ 9

イメージ 10

しかし、だんだんと難しくなり、釣れない流しが多くなってきました。その後、指示ダナ20mのポイントへ行ったり30mのポイントへ行ったりでしたが、どちらもたまーに釣れるくらい。

イメージ 11

ちょうど半分の時間、9時の時点のイケスです。

イメージ 12

ウメイロは活からないのでクーラーで、エア抜き失敗したグレも2匹クーラーに入っています。エアー抜きやはり難しいですね。肛門より後ろの部分に指すのは難しいですから、結局肛門に刺してましたが・・・でも失敗したのは2匹だけでした。

たまに、良い引きの魚がヒットしますが、上がってくるのはサンノジです・・・

イメージ 13

その後、指示ダナ30mのポイントで、少し深めの35mとかでやると尾長が釣れたりウメイロが釣れたりしましたが、口太はなかなか釣れず。

イメージ 14

イケスもなかなか真っ黒にはなりません・・・

そんな感じで12時前になり、最後の2回の流しでそれぞれ口太を1匹ずつ追加して終了となりました。

(結果)グレ29〜41センチ14匹(口太10匹、尾長4匹)イサギ5匹、ウメイロ11匹、サンノジ3匹

イメージ 15

前日がよく釣れていたので期待が大きかったですが、まさか1日で水温2℃もあがって食いが極端に落ちるとは予想外でした。でもみやげは十分釣れたし、楽しめました。

ちょうど、月曜日に法事があり、その前日の晩に刺身や鍋などするための魚が必用だったので、そのぶんは十分に確保できましたから良かったです。

イメージ 16

イサギ、幅広のやつはものすごい脂コテコテで超美味かったです。太めのやつはそこそこ脂のっていました。細いのは脂なかったですが。尾長も40センチを超えるやつは脂がよくのっていて美味しいです。

口太は不思議とすべてオスばかりで、メスは一匹も釣れませんでした。まだ白子も8分目くらいのが多いので、しばらくは白子グレを満喫できるのではないかと思いますので、また行きたいと思います。

イメージ 17

女将さんに美味しいイチゴ大福のおみやげをいただきました。手作りでイチゴ大福とは、すごい!

イメージ 18

毎回ではありませんが、たまにタイミングが良いと?手作りのおみやげを頂けることがあり、いつも美味しいです。

この記事に

2017年3月4日(土)マアジ釣り@仲政丸(和歌山・美浜)

日出6:25 正中12:11 日没17:59
天候:晴れ  風向:北(3m以下)  潮:下り〜上り潮  水温:15度  波高:ベタ凪 気温4→15℃
潮:中潮(大→小)最終日@三尾

イメージ 1

(結果)
イメージ 2



さて、先週のアジがあまりに美味しかったので、またまた連続で釣行です。一匹狼さんもまたまたご一緒です。

5時過ぎに集合とのことで、5時くらいに港に到着。しばらくして船長もやってきて乗船開始です。予約最初の二人の方が両方のトモに入られましたので、予約3番目と4番目の私らはどうするか。私は左舷の後ろから2番目に入り、一匹狼さんは右舷の後ろから2番目ではなく左舷の一番前に入られて私と並びました。

イメージ 13


何時に出船したか忘れましたが、いつも通り日ノ岬のほうへ走り、6時過ぎにポイント近くに到着、6時半より少し前くらいに釣り開始です。

イメージ 3

わずかに下り潮がゆるく流れていて、しばらくしたら止まりそうな感じです。

釣り開始後の様子を忘れてしまいましたが、反応は良く出ているわりには食いがしぶく、なかなか連続しては釣れません。

イメージ 4

しばらくして、ぽつぽつ釣れるようになりましたが、活性はイマイチなようで、仕掛けをいろいろ変えてみますが、これと言うのに当たらず、たぶん活性そのものがイマイチだったのかと思います。イサギも釣れません。難しい感じです。

潮が完全に止まると、それまでのぽつぽつの食いもなくなり、まったく食わなくなりました。8時すぎだったか、今度は少し上り潮が動いてきたのか、船のポイントをやりかえ。

イメージ 5

これまでに、なんとか15匹ほど釣れました。最低限のみやげはこれで確保です。

イメージ 6

その後、何度かやりかえして、なかなかすごい反応ですが、すぐには食わず。

イメージ 7

しかし、潮が動きはじめると徐々に食いがうわむいてきました。風がほとんどなく、上り潮でも後ろにむかって潮が流れています。探見丸の反応はかなり上まで出ていますが、あまり上げても食わず、釣れたのは底から3−5mの間くらいでした。

9時過ぎから、時々良いサイズのも釣れるようになり、数が伸びます。1時間でこれくらい釣れました。

イメージ 8

潮がだんだん速くなりましたが、水深41mのところ、45mくらい糸がでる感じで、それ以上は速くならず、しかし、最初は上潮だけ速かったのですが、底潮も速くなると私は入れ食いと言うほどではなくなってきました。

今回は予約順から考えてイケスが使えないと思って、マイ・イケスを持ち込み・・・

イメージ 12


途中、一匹狼さんがほとんど釣れていませんでしたが、終盤に近くなって怒濤の追い上げで最終的には40匹以上は釣っていました。

イメージ 9

お昼くらいになり、潮が少しゆるんでくると、私もまた入れ食いになってきましたが、まわりでは青物にアジを取られて仕掛けを切られるのが続出・・・

だれか青物退治しないかと言う船長の声が耳に入ったので、アジ仕掛けをはずして、ヒラメ用に作ったノマセ仕掛けにチェンジして、一番小さい(と言っても25センチくらいある)アジを付けて底から5mで置き竿にしておきます。

その間に持ち込みマイ・イケスのアジをしめていますと、「来た来た」の声が・・・

竿を見るとグングンと刺さっています。しかし、まだ深く刺さっていないのでしばらく我慢。完全に突き刺さったのを確認してから、神経締めの途中のアジをほったらかして(笑)、竿を持って格闘開始です。

ハリス10号なのでグングン巻きます。ドラグは出ませんでしたが、まずまずの引きで上がってきたのは、ブリにはちょっと足りない75センチくらいのメジロでした。

マイ・イケスを見ると、小さめのアジがまだ1匹いたので、そいつをつけてまた投入。そしてアジを神経締めなどしていますと、またすぐに「来た、来た・・・」の声が!

またまた竿が完全に突き刺さるのを待ってからファイト開始!

これまた同じような引きで、同じようなサイズのメジロが上がってきました。

その後、青物のアタリは遠のいたので、ヒラメ狙いでタナをもう少し底にして少しやってましたが、アジの処理もおわって、ノマセのアタリも無さそうなので、時合い終了かと思ってアジ釣りに戻りました。

船長、1時までやって終わろうとのことで、残り30分ほどでしたが、不思議と私だけアジが入れ食いではなく、3匹ほどしか釣れませんでしたので、ノマセをそのままやっていても良かったかも!?

もうすぐ1時と言う頃、ふと見るとトモのSさんが大物と格闘しています。かなり大きそうで、上がってきたのは90センチ近いまるまると太ったブリでした。さすが、お見事です。

そしてちょうど1時になったので、終了。

(結果)マアジ26〜39センチを50匹(+ノマセにマアジ2匹、マルアジ1匹使用)。イサギ1匹、カワハギ1匹、メジロ75センチ2匹

イメージ 10

メジロ、80センチはないのでブリではありませんが、メジロにしてはかなり大きいサイズでした。不思議なことに、私が指したアジよりもずっと大きい30センチくらいのアジが胃袋に入ってました。

イメージ 11

30センチのアジで腹がふくれているのに、その上さらに私のアジまで食いついたと言うことなのでしょう。すごい食欲です。

木曜日はイサギがよく釣れたみたいですが、不思議とこの日はイサギがあまり釣れませんでしたが、アジもたくさん釣れて最後に良型メジロ2本も釣れたので、大満足の1日でした。

この記事に

中紀のマアジ大漁!

2017年2月25日(土)マアジ狙い@仲政丸(和歌山・美浜)

日出6:33 正中12:13 日没17:53
天候:晴れ  風向:北(5m以上)  潮:上り〜下り潮  水温:13.5度  波高:1.5→0.5m
気温:4→9℃

潮(@三尾)中潮2日目(小→大)

イメージ 2

(結果)

イメージ 1



前回にアジ釣り釣行してから、これからアジが上向くのでは?と予想して、早めに土曜日に予約。その後、前日だったかに一匹狼さんも行かれると言うことでご一緒することに。

前回はオキアミとアミエビと半々でやりましたが、今回は完全にアミエビでやるということで、鉄仮面にサビキ仕掛けを用意して行きました。

あまり明るいうちにはじめても釣れないのか、5時半集合とのことなので、3時過ぎに一匹狼さんのお宅へ寄って、湯浅のエサ屋で刺し餌を買って港に着いたのは5時20分くらいでした。

その後に船長がやってきて乗船開始。私は左舷トモに、予約2番の方が右舷トモに入り、一匹狼さんは私のとなりの左舷の胴あたりに入りました。もうお一方は右舷に。ブログ見て下さっているとのことで恐縮です。

イメージ 3

ゆっくりめに走って6時半くらいにポイントに到着、日ノ岬のわりと近くですから潮がかなり速くなるポイントで、流れも干満に従って時々刻々と変化します。

しばらくして釣り開始、上り潮がまあまあ速く流れてますし、風と潮の向きがずれていて風が正面から吹き付けて仕掛けがまいあがってやりにくいです。

イメージ 4

潮は船に対して斜め前左舷前向きに流れています。水深41m、着底するとカウンター44mでした。むちゃくちゃ速いと言うほどでもないようですが、波は1〜1.5mくらいありそうで、結構横揺れしてやりにくいです。

はっきり覚えていませんが、2、3投するとギリギリキープサイズのイサギが釣れたのだったかな?船長、アンカーひっぱりながらポイント修正も何度かしたようにも記憶していますが、しばらくすると順調に釣れだし、退屈しない程度にアタリが出て、時々かなりの良型も釣れます。

船長も釣りをはじめて、見てますと、トリプルとかで釣られてます。逆に私は徐々にアタリが遠のいて来ました。

トモ側が釣れていないと船長がポイント少し修正してくれて、たまに釣れるようになりました。その後、潮がゆるくなってくると、釣り座の差があまりなくなってきて、アタリも増えてきましたが、仕掛けを変えたのも良かったのかもしれません。

最初はハリス4号の自作サビキ4本針仕掛け(赤スキンサビキ)を使っていましたが、どうもこれがイマイチなのか?潮がかなり白く濁っているように見えたので、蛍光ビーズとかがついている仕掛けのほうが良さそうに思いました。

あと、最初はエサをドバドバ出していたのですが、あまり出し過ぎると逆に食わないように思いました。チョロチョロ出すほうが良かったです。船長がそうやって出していたので真似しましたら、そのほうが釣れました。前半はアミエビを無駄使いしていたかも(汗)。

9時過ぎくらいだったか、完全に潮が止まると少し食い止みました。

イメージ 5

10時くらいからまた潮が動き出してきて、今度は逆向きに徐々に流れはじめます。ここまでの3時間ちょいで25匹くらいでしょうか。30匹あるかないか、くらいだったと思います。

イメージ 6

もうみやげは十分釣れていて、目標達成ですが、前日は下りになってからのほうがよく食ったらしいので期待が高まります。

イメージ 7

しかし、下り潮がそこそこ流れ出して、アンカーやりかえてもなかなか食わず、何度もポイントの微調整をしてようやく食い始めました。かなりピンポイントで船をかけないとダメなようです。

イメージ 8

たしか、11時すぎくらいからだったか、安定して食うようになり、ここからは特大サイズは釣れませんでしたが、コンスタントに30センチ強のマアジが1投で1匹はかならず釣れて、アタリもすぐに出るので入れ食いと言って良いと思います。

潮下の釣り座のほうがアタリが多くて数が釣りやすいですが、ジャンボ級の大きなマアジは潮上の釣り座のほうが釣れる気がします。私の釣り座では前半のほうが大きなのが釣れたので。

ふと見ると、右舷トモの方が格闘しており、大物がヒットしたようで、てっきりヒラメかと思ったらメジロでした。

その後、右舷の後ろから2番目の方はハマチを上げてました。私にはサンバソウが遊びに来てくれました。

船長は右舷のミヨシに移動したようで見えませんでしたが、たぶんキャビンに戻ってこなかったので、ずっと釣れていたのかと思います。一匹狼さんも順調に釣ってましたので、釣り座に関係無く釣れていたように思います。

そして、だいぶん延長してもらったのか、1時までやってもらって終了となりました。

(結果)マアジ28〜40センチを55匹、小アジ25センチ以下を6匹、イサギ28センチ2匹、サンバソウ34センチを1匹

イメージ 9

行くたびに釣果が倍増しています(笑)。目標の倍ほども釣れましたので大満足です。良い日に行けました。

すべてのアジをさばきましたが、ほぼすべてのアジが抱卵していました。先週は大きなアジだけだったのですが、たった一週間ですべて抱卵するとは。
イメージ 10

もしかしたら、産卵のために集まってきているのかもしれません。さばいた感じ、脂のノリなどがバラバラでした。

イメージ 11

新聞紙の横幅が40センチ強ですので、最大のはほぼ40センチでした。上から3番目の30センチくらいのが一番多かったですが、このサイズの中に、脂ノリノリのコッテコテのやつが混じっています。

イメージ 12

↑この下のやつ、コテコテの脂で真っ白です。めくり級の脂のノリ!

大きなアジも、脂かなりのっているのとぼちぼちのとが混じってます。ぼちぼちのでもじゅうぶん美味しいですが、30センチちょいのコッテコテのやつは悶絶級のうまさでした。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事