ここから本文です
待たせたな、俺のブログだぜ!(大塚明夫風)

書庫全体表示

今週最後の事前考察は1週間前の先取りG1予想となります。今回は3歳牝馬クラシックの最終関門となる秋華賞です。今年は東の秋華賞トライアルである紫苑SがG3に格上げされた効果でトライアル全体のレベルが上がりました。当然、本番となるこのレースの予想もこれに伴って非常に難しくなってきます。そんな中で、私が選んだ四傑はこちら!

※今回は4頭に絞ることができました。

軸:シンハライト

対抗:ビッシュ

単穴:ジュエラー

保留:カイザーバル


軸はシンハライトです。今年のオークス馬で前走のローズSはヒヤヒヤしましたが、最後にクロコスミアを差し切ってみせました。本番に向けての不安はあるでしょう。しかし、この時はこれまでに経験していなかった道悪でのレースだったのでね…全体的な能力においてはこの世代の牝馬の中ではずば抜けていると確信していますから、本番が良馬場ならこのまま本命にしてもいい感じです。

対抗はビッシュです。紫苑Sは3コーナーから捲り上がっての勝利!この戦法は京都の内回りでは後方勢にとっては唯一の勝利への手段と言っても過言ではありません。直線一気に賭けたところでタッチングスピーチと同じ目に遭ってしまうことを去年の秋華賞から学びました。紫苑Sと同じような戦法がとれるかどうかが注目ですね。

単穴はジュエラーです。桜花賞では世代随一の末脚で差し切るも、骨折明けとなった前走のローズSは折り合いを欠き、持ち味の末脚は不発…ただ、一本叩いて変わり身なんてことも十分にありえるので、軽視できませんよ。

保留はカイザーバルです。前走は道悪の中でシンハライトの出し抜けを食らいながらも、上がり2番手のタイムで力強く粘ったことは評価に値します。前走は馬体重が大幅に減っていたので、ここは馬体重を少し増やせば望みがあるかもしれません。この馬に関しては馬体重が鍵となってきます。

事前予想↓

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事