全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

隠れ家的お洒落なカフェ


Q1.お店を始められた経緯をお聞かせ下さい。

 料理やスイーツを作るのが好きな妻と2人でカフェをやりたいと以前より考えていました。
 たまたまありそドームに立ち寄った時に2階の物件が空いたと聞き、そのスペースが自分達の思い描いていたお店のイメージにピッタリの空間だと感じました。
 魚津の街が元気になるように、魚津を盛り上げたいという思いもあり、地元魚津で開業することを決めました。


Q2.どんな方が来店されますか?

 ジム帰りの常連さんがコーヒーを飲みに寄られたり、イベントや子供さんの試合観戦の合間にランチやお茶を飲みに来店されます。
 最近は、FacebookやInstagramなどSNSで見たという若い方も多く、高岡や富山からも来ていただいています。
 

Q3.どのようなメニューがありますか?イメージ 2

 お店の場所柄、健康面に気をつけたヘルシーメニューやプロテインドリンク、ミネラルドリンクなどのカラダ作り用メニュー、また他のお店では食べられないオリジナルメニューをご用意しております。
 1日10食限定の季節替りおすすめランチや無添加のホットドッグ(プレーン、木炭、桑の葉タイプの3種類)が人気メニューとなっています。カフェタイムには手作りデザートも多数揃えており、特に女性のお客様には好評です。
 

Q4.お店のPRをお願いします。

 安心、安全なものを提供させていただきたいという思いから、特に食材にはこだわっています。無農薬の野菜や無添加の食材を中心に使い、カラダに優しいメニューをお出ししていますので、是非一度
ご賞味下さい!
                  
 昨年7月にオープンしたCafe Rayさん!「隠れ家的なお洒落なカフェ」そんなイメージがぴったりのお店でした。
 おすすめランチの黒胡麻ブラックカレーは本当に美味しかったです。
 ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。



 Cafe Ray (カフェ レイ)イメージ 3

 ■事業内容   カフェ
 ■住   所    魚津市北鬼江2898-3
           ありそドーム2F
 ■代 表 者     萩中一久
 ■営業時間   LUNCH 11:30〜15:00
            CAFE   16:00〜20:00
            日曜日、祝日 17:00まで
 ■定 休 日    火曜日、金曜日、不定休あり
 ■T  E  L     (0765) 32−3139

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

かまぼこの新たな魅力を発信したい!

 1952年に創業、1994年より本社工場と直売所の尾崎かまぼこ館を併設した現在の場所に移転し、いまや富山県を代表する蒲鉾メーカーとなった、(有)尾崎商会。今回は尾崎勇人さんにお話を伺いました。


−御社の特色について教えて下さい

 当社の売上げの3本柱は、結婚式などの贈答品となる細工かまぼこ、それにスーパーや小売店への卸売販売、尾崎かまぼこ館での直売です。
 当社では蒸し・揚げ・焼き・茹でというかまぼこのジャンルのすべての製品を手掛けており、県内トップクラスの小売店シェアを占めています。
 また、直売所のかまぼこ館では、定番の昆布巻きや
イメージ 2太巻きかまぼこの他にも、手でさいて食べられる「さき
かまぼこ」(水産庁長官賞受賞作)や、特許を取得した
「昆布締めかまぼこ」、それにバレンタインや雛祭りと
いった季節に応じたオリジナル商品を数多く取り揃え
います。
 細工蒲鉾の実演や工場見学も可能で、手作りの伝
を継承しながら、最新の機器を導入し、安全でおい
しいかまぼこづくりを心がけています。
 そして社員全員で新商品の開発に取り組むなど、時
代の変化に対応しながら常にお客様に新しい提案が       職人による細工蒲鉾の実演
きるよう、日々努力しています。


−今後の取組みについて教えていただけますか。

 原料供給の問題や業界全体としてかまぼこの消費が減少傾向にあるという課題がある中で、インターネットを活用した新たな販路の開拓や、ホームページでの「お絵かきかまぼこ」の注文受付など、新しい事業にチャレンジしています。
 当店には観光バス等で年間約3万人の方が来館し、直接商品をお買い求めいただいていますが、さらに今後は小売店での催事販売や店頭販売などを通じ、焼きかまぼこや揚げかまぼこなど出来立ての商品をお客様
に届けることを検討しています。 出来立てのかまぼこって、本当に美味しいんですよ。
 低脂肪低カロリーで、良質的なたんぱく質が手軽に取れるかまぼこの魅力を、もっとお伝えしていきたいと考えています。


 尾崎さんお忙しいところありがとうございました。魚津の誇る伝統食のかまぼこ。今後の取り組みに期待しています。





イメージ 4 有限会社 尾崎商会

  ■事業内容  水産練製品製造販売
  ■住   所   魚津市友道1153-1
  ■代 表 者   代表取締役社長 尾崎 誠
  ■営業時間  8:00〜17:00(10月〜4月)
           8:00〜18:00(  5月〜9月)
  ■定 休 日  無休(ただし年末年始は休館)
  ■T  E  L  (0765)- 24-6666
  ■F  A  X  (0765)- 24-4339
  ■H     P  www.kamabokokan.co.jp





イメージ 3



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

アンティーク風 手作り時計専門店OPEN!!

 魚津市東尾崎に手作り時計専門店「meu tempo(メウ・テンポ)」がOPEN。店主で時計作家の伊藤さんにお話をお伺いしました。

Q1.時計作家になったきっかけと出店の経緯を教えて下さい。

 20歳になって、手に職をつけたいと思い、なにも考えずに上京しました。最初は家具職人になりたいとの思いもあったのですが、私の師匠でもある手作り時計の第一人者・篠原康治師に出会い、師匠の作品に魅せられ、私もこんな素敵な作品を作ってみたいと思うようになり、この道に進みました。
最初は、手作り時計の販売に携わり、師匠が講師を努める手作り時計の教室に通い、技術を学び、師匠のもとでアシスタントとして沢山のことを勉強させて頂きました。自分の作品をつくるようになって10年になりますが、どの作品もいろいろな思いを込めて作っているので、完成したときの喜びは、特別なものがありますね。
 出店については、2010年に富山に戻ってきたのですが、自分の工房を持ちたいと思い友人や知人にお世話になり、お店(兼工房)を出店することができました。もともと鍼灸院として利用されていた物件を作品がマッチするようにアンティークな雰囲気をイメージして改装しました。壁や床なんかは自分で直したんですよ。お店も手作りですね。ハハハハ・・・・

イメージ 2
Q2.手作り時計とはどんなものですか。

 私が作るものはアンティーク風の時計ですが、ムーブメント以外は全て手作りです。真ちゅうの板を加工したケースに、オリジナルの文字盤をはめて組み立て、手作りのベルトやバックルを取り付けて完成します。仕上げのコーティングをしていないため、使い込むほどに自然な色の変化が楽しめるのが特長です。


Q3.meu tempoのPRをお願いします。

 手作り時計とはどんなものか興味のある方は是非一度ご来店下さい。お店では、手作り時計の他にも、アクセサリーも販売しております。すべてオンリーワンの商品なので、プレゼントなどにもいいかと思います。もちろん自分用としても特別な愛着がわくかと思います。お客様からのオーダーメードもお引き受けいたしますので、ご来店の際はお気軽にお声掛け下さい。


 伊藤さんお忙しいところありがとうございました。私も始めて手作り時計を見ましたが、どれも素敵な作品ばかりでした。

イメージ 3 meu tempo
 ■事業内容    手作り時計、アクセサリーの販売
 ■代表者      伊藤 美沙
 ■所在地      魚津市東尾崎3473−2
 ■T E L      050−5318−9173
 ■営業時間    AM11:00〜PM6:00
 ■定休日     水・木曜日 (不定休)
 ■U  R  L     http://www.meu-tempo.com





この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

富山県形のガラス皿を商品化!!

 板ガラスの加工を手がける株式会社吉森ガラスが、富山県を模ったガラス皿を商品化され販売を開始。商品化までの経緯を営業部 吉森一喜さん、製造部 吉森順一さんのお二方にお話をお伺いしました。


Q1.富山県形のガラス皿を作るに至った経緯を聞かせて下さい。

 北陸新幹線開業がひとつのきっかけですね。北陸新幹線が開業して、富山も注目され、以前に増してたくさんの観光客が県外から富山を訪れるようになりました。開業前からガラスを使って何かできないか?ガラスを使ってもっと富山県をPRできないか?大きなビジネスチャンスでもあるわけですから、色々なことを社員全員で考え現在にいたっています。


Q2.商品の紹介をお願いします。
イメージ 2
 富山県の形を模った無色透明の平らなガラス皿です。厚さ5ミリで、縦27cm、ヨコ30cmほどの商品です。板ガラスを加工したものですから普段皆様が使っている工芸品のお皿とは一味違う感覚のものですね。だだ、綺麗なお皿なので、一品料理なんかを盛り付けると料理もすごくオシャレなものになると思います。家庭でもお刺身なんかの盛付けに使って頂ければ食卓が華やかになっていいかと思います。


Q3.「富山湾鮨」用として使われていると伺いましたが。

  「富山湾鮨」は2011年より県や県鮨商生活衛生同業組合が始めたキャンペーンですが、県産米と富山湾の魚介を使ったお鮨10貫のセットですが、当社の皿が富山県の形ということで丁度マッチするということもあり、県デザインセンターや県観光課の方、県鮨商生活衛生同業組合理事長にもお世話になり、使って頂くこととなりました。富山湾鮨用の皿には、皿の左下に「富山湾鮨」のロゴが入れてあります。当社の製品が、主役のお鮨の味を引き立たせることができれば、富山のPRになってうれしいです。


Q4.吉森ガラスのPRをお願いします。

 小回りの効くガラス屋を目指して今後もがんばります。「水槽のフタ」から、「ビルの窓ガラス」まで60余年の経験と実績でこれからも地域の皆様にご提案致します。オーダーメード製品、ロット数も大小問わずお引き受けいたしますので、どしどしご要望下さい。


 吉森さんお忙しいところありがとうございました。今後も頑張って下さい。ガラス皿お買い求めをご検討の方は、富山店までご連絡下さい。


イメージ 3 株式会社 吉森ガラス

  ■事業内容   板ガラスの加工、販売
  ■代表者    代表取締役 吉森完治
  ■住   所       【富山店】 富山市上富居1-3-66
                   TEL 076-441-3010
           【魚津店】 魚津市友道1335
                           TEL  0765-22-2323
  ■U  R  L    http://www.yoshimori-glass.jp




この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

女性一人でもご来店いただけるお店をめざして

 今年5月に魚津駅前飲食店街「柿の木割り」に開店されました「居酒屋 いちりん」を尋ね、店長の横田さんにお話しを伺いました。

Q1.これまでの経緯について教えて下さい。

 開店前は近くの居酒屋さんにいたんですが、いつかは経験を活かして自分でお店をやりたいって思いがありました。1年ほど前から、打合せを重ね、メニューの内容や店舗デザインを試行錯誤しながら、計画を進め、開業に至りました。


Q2.お店の紹介を願いします。
イメージ 2
 まずメニューですが、アサヒ生ビールが¥450-、おつまみも¥300台〜と、リーズナブルな価格設定にしています。その内容も、お客さんに人気の高い、卵焼きや煮込み、串焼きや焼き魚など、定番メニューを中心に、気取り過ぎずに丁寧な内容でお客様に提供するようにしています。
 また、店内は、居心地の良さを追求し、より落ち着いた空間を演出したく、天井に魚津産の杉材を用いた格子の屋根柱を取り付けたり、入り口には市松や格子模様など和柄の間仕切り壁を設置しています。その他にも、行燈タイプの床置きスタンドを設置するなど、まさに隠れ家的な、魚津の小京都という雰囲気に仕上がっています。



Q3.今後どのようなお店にしていきたいですか?

 いちりんのスタッフは、全員女性なんですよ。定番のものを重視したメニュー作りも控えめな価格設定も、改装のコンセプトも、すべてはお客様にお気軽に利用してもらいたいからなんです。お座敷でグループでゆっくりくつろいでもらいたいですし、なによりも女性がお一人でいらしても満足できるようなお店にしていきたいと思っています。
 10月からはおでんも始めますし、温かい食べ物を用意してお待ちしておりますので、ぜひお越しください。スタッフ一同お待ちしています。


横田店長、お忙しいところにどうもありがとうございました。
お客様へのおもてなしを最も重視したお店づくりということで、とても居心地が良かったです。今度また、おでんをいただきに伺います。


イメージ 3

居酒屋 いちりん
 ■事業内容    飲食店
 ■住   所      魚津市釈迦堂1-12-22
              司ビル 2階
 ■営業時間    17時〜23時
 ■定 休 日     月曜日 
 ■T E L      (0765) 22-4858



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事